やっぱり北で食べる羊は美味いね

秋らしくなったとはいえ、まだ湿度の高い東京です。
その東京を脱出して、一瞬札幌に帰ってきました。
本当に一瞬が寂しいところ。笑
お稽古中だから仕方がないね。
メインの用事は来年の札幌での舞台「北緯43°のワーニャ」のフライヤー撮影です。
演出は斉藤歩氏。
昔から知っているけど、組んだのは初めて。
純粋に役者として参加する札幌の舞台、本当に楽しみです。
北海道演劇財団20周年記念事業

そして札幌で12月に公演するMAM「父と暮せば」札幌キャストの松橋勝巳氏にお会いして来ました。
なんと、僕の高校の2年先輩であります。笑
狸小路近くの喫茶店「ZAZI」でコーヒー片手に会談。(場所がZAZIというのが良いよね、僕ら世代には)
穏やかな雰囲気の中にも演劇に対する情熱を深く感じる、素敵な方でした。
井上作品の魅力をしばし語らいました。
「こういう芝居を札幌のお客様に観てもらいたいんです」と増澤力説。
東京キャストの剣持氏とはまた違った雰囲気のおとったん像ができそう。
がぜん秋の稽古が楽しみになって来ました。
札幌圏の皆さま、お待ち致しております!
乞うご期待、まじで。
MAM「父と暮せば」

そしてなぜか百次とジンギスカン。
なんでやねん。笑
丁度やっていた札幌座に出演していたのです。
彼は方言の魔術師。
舞台も不思議な魅力があります。
札幌でも今秋「珈琲法要」という舞台をやるので、こちらも是非。
シアターZOO「珈琲法要」

そんなこんなで、一瞬の割に濃ゆい一日でした。
さあ、東京の稽古に戻るぞ!

20160926_16_24_58

「父と暮せば」東京公演。
チケットお申し込みはこちら。オススメは土曜日の夜!
「父と暮せば」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「父と暮せば」稽古が始まりました

なんだか舞台が終わったらブログ更新みたいになってる。

いけませんね。
さて、「ルーマーズ」も終わり、その翌日から次の舞台の稽古に入っています。
「父と暮せば」
言わずと知れた、井上ひさし氏の名作です。
最近「母と暮せば」という映画がありましたので、「母じゃないの?」という人もいるかと思います。
 
乳です。
 
違った。
父です。
すませんね、おじさんで。
 
戦争や原爆、これらをテーマに扱った作品は数多くあります。
もちろん忘れてはならない大切なテーマですが、時として重く、足が遠のくテーマでもあるでしょう。
でもこれは、人間ドラマです。
純粋に「人が生きていくとは」ということを描いています。
純粋に微笑み、笑い、そして泣きます。
その裏に「忘れてはならない歴史」が隠れています。
稽古で台本を開くたびに「井上ひさし、天才だ」と感嘆します。
 
「言葉」を使う仕事をしている者として感じますが、こんなに「言葉」の力を信じて、愛している人はいません。
愛は力です。表現者としての金字塔です。
それを信じさせてくれます。
それを、本当に大好きな役者さんたちが演じてくれます。
剣持直明と松村沙瑛子。
観たら、きっと彼らのファンになります。絶対です。
僕がおそらく一生付き合いたい役者たちです。
 
実はこの舞台、昨年の初演大好評を受けての再演です。
まだちゃんとご案内もしていなかったのにもかかわらず、現在えらい売れ行きとなっております。
ご予定など、おわかりの方はなるべくお早めのご予約をお願い致します。
1ステージ50席限定です。
今回の劇場、「アトリエだるま座」は出演者剣持氏の劇団「だるま座」の劇場。
小さな、そして素敵な劇場です。「演劇が生まれるってこういうところだね」って劇場です。
ぜっぴ(絶対)愛に溢れた、すんばらしい小屋になりよってじゃ。(広島弁)
 
僕はこの芝居に向き合う時、ある言葉を思い出します。
俳優座を辞める時に大先輩、岩崎加根子さんがかけてくれた言葉。
「どんなに辛くても、苦しくても、演劇があなたを救ってくれるからね」
この芝居の稽古に向き合う時、僕はいつも癒され、救われ、そして表現者としての使命を感じるのです。
このために演劇をしているのだと気づかされます。
 
是非観て下さい。
本当に、本当にいい芝居をします。
たぶん、忘れられない芝居をします。
あ、そうそうHPのアドレスも変わりました。
今後とも、Man-Netをよろしくお願いします!
 
20160917_20_10_59

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青エク終了

舞台「青の祓魔師」も無事千穐楽を終えることができました。

猛暑の中、しかもオリンピックの中お運び頂いたお客様、本当に有難うございました!
また、誕生日が近いこともあって、たくさんの方に贈り物を頂きました。
どれもありがたく食べ、飲み、使わせて頂きました!
本当に本当に感謝です。
いわゆる「2.5次元」と言われるジャンルに出演するのは去年の「プリンスカグヤ」以来。
 
演出はかなり昔に役者として舞台で共演した西田大輔氏。
共演はこれも昔ドラマ「麗わしき鬼」で共演した唐橋充くん。
そのご縁にも感謝。
続けているってこういう喜びもあるものですね。
 
殺陣などもやったり、怒鳴ったり、がっつり身体を使ったせいでおっさんガタガタです。笑
やっぱり日頃の努力は必要ですね。
なまっていた心と身体に喝を入れた舞台でした。
 
打ち上げでは少しですが原作者の加藤先生とお話する期会にも恵まれました。
すごーーーーーい!
発見も多かったし、自分のクオリティを高めるにはどうしたら良いかというヒントも会話の中で得ることができました。
にゃるほど。
「美学」というのはどんなところにも存在し、その時々の求め方があるものですね。
勉強になります。
さて、今度はがらりと変わって、コメディの舞台です。
なんと9月にニール・サイモンの「ルーマーズ」を演出します!
おまけに出演もします!ガタガタになっている場合ではない!
詳細は一両日中にUPします。
皆様、是非そちらの方もよろしくお願いいたします。
 
まずは取り急ぎ、お礼まで。
また会おう、八百造。
 
Img_7335

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さらばフランス。次は京都で坊主。

ミュージカル「1789」無事大阪にて大千穐楽を迎えました。

ご覧頂きましたお客様、本当にありがとうございました!
また、今回もたくさんのお手紙や差し入れを頂きました。
心より御礼申し上げます。
 
今回の「1789」はフランス革命のお話。
この「フランス革命」というのは、ミュージカルはもちろんの事、様々なジャンルで様々な作品が作られています。
日本で言うところの忠臣蔵や幕末もの的な感じですかね。
アントワネットやロベスピエールなどのおなじみの歴史上の人物がどう描かれるのか、ご覧になるお客様も気になるところ。
自分のなりのルイ16世を模索する作業はとてもとても充実した時間でした。
普段はストレートプレイで出演する事が多いので、お初のお客様も多く、ちょっぴり「今回、ルイっぽくないね」みたいに言われたらどうしよ、ってドキドキしてたけど。
 
前著しましたが、今回はお二人のアントワネットさまをはじめ、本当に共演者に恵まれました。
「陛下とのシーン、好き」って言って頂いた花さん、あんなにかっちょいいのに超気さくに接して頂いたかなめさん、本当にありがとうございました。
主演の加藤くん小池くん、ヒロインの神田さん夢咲さん、若手からベテランまで本当に仲の良いカンパニー。よく話し、よく笑いました。あ、あとよく飲みました。(笑)
大阪打ち上げにて。
 
Img_6797
 
そのあと撃沈。(笑)
 
Img_6798
ぜんぜん先輩じゃねーじゃん。
若手のみんな、暖かく接してくれてありがとう!
開幕後は初めてのお客様にも暖かい言葉をかけて頂き、カンパニー内外共に本当に幸せな日々でした。
「陛下〜」と声をかけて頂いた事が何より思い出。
でもメンバーもみんな「陛下」だしお客様も「陛下」率95%だし、これ終わったら陛下じゃないし、どうしよ、いっそ「増澤ヘイカ」に改名しようかって考えました。
嘘だけど。(笑)
 
さて、「1789」はこれで幕を下ろします。
再演を望む声は多いけれど、それは神様のお仕事。(あ、東宝さんのお仕事。笑)
でも終わりがあるからこそ物語は美しく心に残るもの。
二度と現れないからこそ一時輝くもの。
僕も今年はこのあと舞台、ドラマの出演や演出作品が控えています。
新たな物語に挑みながら、いつの日か、また新たな「1789」新たな「陛下」に再会できる日を期待しつつ、精進を重ねます。
本当にありがとうございました。
ボーンニューイ!
 
Img_6776
ご観劇のご感想はコメントでも、下記メールでも。
必ず読ませて頂きます!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ルイは幸せだ

本日は花總まりさん、1789ラストディ。

いつもの様にふわあっとした花さんが「陛下、今日も宜しくお願いします」「お願いします」と楽屋廊下で開演5分前にご挨拶して開演。
 
前にも書きましたが、今回はルイをやらせて頂いて本当に幸せでした。
花さんのアントワネットはふわっと包み込む空気感がとても心地よくて、いつの間にかその世界に引き込まれてしまう、不思議な魅力がありました。
最後の共演シーンがもう、もう・・・で。
「泣いちゃいけない!」って思いながら必死で我慢して演技したのなんて、本当にないことだったと思う。
またフェルゼン見ると、目が真っ赤だし。
お前もか、フェルゼン。笑
 
そのフェルゼンの広瀬くんの「陛下、今日最後サプライズしませんか?」という発案で、トークショーの最後にダブルでエスコート。
ジャンケンで勝ったほうがエスコートっていう案もあったけど、「たぶん両方選んでくれんじゃね?」ということで、ぶっつけ。
結果「えー、どうしよう。じゃ、両方!」とエスコートさせて頂きました。さすが!
出て行くまでの間、袖で待っている時に花さんの「今日はこうやってみた、違うのかな、次の日はこうやってみた、と色々探って…」という言葉が、胸に迫りました。
 
本当に毎ステージ素敵な体験をさせて頂きました。
花さん、ありがとうございました!
 
そして明日からラストまではカナトワネット!
凛と立つ姿がまさにベルサイユをまとっているような、かなめさん。
魅力のありようが全く違うのに、こちらもまさに「アントワネット」。
お二人を見ていると「魅力」というのは一言では言い尽くせないんだなあというのがわかります。
そんなかなめ王妃と、進化、深化を求めて千穐楽までベルサイユを生き抜いて行きたいと思います。
 
ああ、明日もきっとドキドキする。
 
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

何が起こるか……心からのお詫び

本日、本番中に舞台機構が故障し、舞台が一旦止まるというトラブルがありました。
客席、舞台共に不安な空気に包まれましたが、15分ほどでなんとか再開。
一部演出を変更して上演させて頂きました。

何が起こるかわからない。
でも何が起きても最善を尽くす、それが試された一日だったように思います。
出演者一同、最後まで「1789」の世界が途切れぬよう全力で努めさせて頂きました。
袖から見守りながら「みんなすげぇな…」と思わず声を漏らしました。

素晴らしいカンパニーです。

願わくば、本日のお客様が最後まで舞台を楽しんでご覧頂けたとしたら、それ以上の幸いはありません。

本日はご迷惑とご不安をおかけいたしました事、深くお詫び致しますと共に、最後までご覧頂いたお客様に、心より感謝申し上げます。
皆様の最後の拍手に、一同心から救われた思いです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

毎日おいしく生もの頂いております

さて、休演日を挟んで、長丁場の「1789」東京公演ラストスパート!

初めての帝劇、学ぶことも多くカンパニーも仲が良いので充実した日々。
 
今回僕は「ルイ16世」という役をやらせて頂いてますが、これがナカナカなハードル。
「良い人だけど、これならマリーは浮気しちゃうよね、でも最後は戻って来る気持ちもわかる、けど鍵オタク」というキャラ、どーすりゃーいーのー!ってな感じでしたが(笑)、稽古から本番ひと月あまりを経て、何となく自分の中での「ルイ」のピースがはまってきたように思います。
とはいえ、まだ探ってるんですけどね、最後まできっと・・・・
 
そして僕が何よりシアワセなのは、タイプの違うお二人の素晴らしいマリー・アントワネットのお相手をさせて頂いていること。
可憐でふわっとした花總さん、華やかで凛とした凰稀さん。
まさに好対照のアントワネット。
そしてお二人とも、毎日違うのです。毎回「その場」で心の中に何かが生まれます。
毎回ドキドキします。本当に毎回!
もちろんライヴですから芝居は「生もの」ですが、その「生もの」の鮮度レベルがまー半端ない!
演じ手としては、これほど贅沢で楽しい時間はない。
ああ、本当にシアワセ・・・
さすがにトップを極めたお二人、感謝です。
 
千秋楽に向かって、この時間が残り少なくなっていくのが、実はたまらなく寂しい。
大切に、最後まで「生もの」を堪能して参りたいと思います。
 
よろしければご観劇になったご感想などお聞かせください。
お待ちいたしております!
 
本日も無事幕を下ろせますように。ぱんぱん! 
20160512_11_32_58

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲージツをカンショーするということ。

一昨日はダントンこと上原理生くんの母校の芸術鑑賞で貸切公演。

1000人を超える制服が客席を覆い尽くす様は壮観である。
今までとは全く違うムードの客席、勝手の違いに演じ手としては少々戸惑いながらの本番となりました。
通常の演劇興行は、お客様は基本的に観たくて来ているわけだから、批評性も含めて「しっかり観届けよう」という意思が最初から客席にあります。
当たり前だけど、僕たちはお客様に観ると同時に助けて頂いているんですね。
 
中高生の、もしかしたら初めてお芝居を観る子もいたかもしれない。
幕開きは目の前で起こっている事への戸惑いの雰囲気の方が強かったように思います。
そりゃそうだ。僕も学生時代の芸術鑑賞は、わけもわからずまるっと連れてかれて鑑賞させられたもんね。
「ぽかーん」な感じの男子学生の顔が・・・わかるぞ、うん。(笑)
 
とっさに芝居を少し変えて、ちょっと人間関係をわかりやすく、説明的なセリフは少し立て気味にシフト。(したつもり、笑)
最初は歯車の合わない感じのあった空気感が徐々に温まっていく。
もともとエンタメ性の強い内容だから、食いつき始めるとどんどん集中度が増す。
さすが学生さん、頭柔らかい。
後半は静かなシーンでもしっかり観ている雰囲気が客席から伝わってきました。
 
ゼロからお客様との関係を作っていくという、当たり前の基本に立ち返った一日。
いい体験をさせてもらいました。
 
思えば芸術鑑賞って、もっといっぱいやってもいいよね。
演劇でもオペラでも歌舞伎でも、わけわかんなくても、ばんばん観せちゃえばいい。
きっと記憶の片隅に、何かしらは残っていくのだから。
ひと月一回でもいいくらいだと思うよ。(笑)
文科省頑張ってくれないかな。
 
後輩を前に最後の挨拶のしているリオくんが、超真面目顏で印象的だった。
「いろんな方のおかげで今の自分がある、『おかげ様の精神』を忘れないで下さい」
 
学生さんたちの心に何かしらの種が撒かれて、いつの日かそれが芽吹きますように。
 
今日は夏日!
20160504_13_44_32

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さて、開幕

明日はいよいよプレビュー公演!

お客様が満員に入るけど「プレビュー」。
なんと言いますか、役者のモチベーションとしては「初日」だけど、不思議な感じだね。(笑)
ともあれ、我々がお客様の前にお披露目する「本番」でございます。
一同、一丸となって1789年の激動のフランスを生き抜きたいと思います。
 
さて、前回のルイくんに続く豆知識。
フランス革命とは切っても切れない「ギロチン」の話です。
長く処刑道具として使われた「ギロチン」ですが、発明されたのはこの時代でした。
ギヨタンという医学博士が発明した新しい処刑道具だったのですが、もともとのデザインは半月系の歯だったのを、ナナメの歯の形に改良したのは、実はルイ16世だったそうです。
「その方がより綺麗に切り落とせるから」
ゾッとする話ですが、実は人道的な理由で「痛くないから」。
この時代、首切りは名誉死刑、日本で言うところの「切腹」のイメージが近いかもしれません。
ルイは人が苦しまずに死ねる方法を考えていたというわけです。
 
そしてフランス革命後、そのルイもアントワネットも、ギロチンによって生涯を終えることになります。
自分であれこれ改良していた道具でねぇ……
歴史的には今回のストーリーの後日談ですが、革命に燃えるダントンもデムーランもロベスピエールも、その後分裂対立の果てに皆ギロチンで命を落とすことになります。
 
夢と希望と理想は、挫折と隣り合わせなんですね。
そんな未来知識も持ちつつ、今回の舞台を観て頂くと、登場人物たちの掲げる理想の熱さと、その刹那さが内容に深みを与えてくれるかと思います。
 
さて、明日よりいよいよ開幕、皆様を心よりお待ち致しております。
 
20160409_0_49_57

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルイ16世って・・・

僕の演じるルイ16世……どうやらいい人だったようです。

大雑把。(笑)
善王、悪王色々いるけど、この人はどうやら輪をかけて善人、というタイプのようです。
温厚で国民のことを思い、経済破綻しかけてるフランスの財政再建のために外国からスペシャリストを呼んだりと、色々やってます。(失敗しちゃったけどね)
歴史的にはお金の使い過ぎで堕落した貴族階級がフランス革命でやっつけられちゃったみたいな構図になっているけど、この人自身は特に贅沢するでもなく、地味〜に狩猟と錠前作りを趣味にして暮らしていたそうです。
錠前作りって・・・・オタクか?(笑)
無能な王として書かれたりもするけど、人柄は良く、実は民衆にも人気があったみたい。
ただ、王家に生まれ育ったことで、どうしても国民の目線には立てなかったということなのでしょう。結果的には革命が起き、その後に処刑されてしまいます。
 
愛する妻のマリー・アントワネットは浪費癖を指摘されてるけど、それは自由にさせていた。ベタ惚れだったのね。それに関して、ちょっと面白い話を聞きました。
今のフランスを支える大きな文化はファッションと食文化です。
どちらもルーツはこの時代の貴族階級が、お金をばんばん使って輸入したり研究したことからだそうです。この時代の民衆を苦しめた王家や貴族の無駄遣いが、実は現代のフランスを支えている。
ちょっと不思議な因果を感じる話です。
さて、稽古も大詰め。ラストスパートです。
20160326_21_01_03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«ベルサイ湯ってお風呂屋があってもいい