1,000円で舞台を観せるということ

MAMは札幌の舞台は入場料を1,000円で観て頂き、観た後にその評価額をお客様それぞれに入れて頂く、『KIDOSEN』(木戸銭)というやり方を取っています。

実は1,000円で舞台を作ることは、不可能です。
なぜそんなことを始めたのか、少し書き記しておこうと思います。
 
去年から札幌で公演活動を始めるにあたって、「何か挑戦するべきテーマがないか」と考えました。
せっかく地元に帰って舞台作りをするのだから、新しいお客様を開拓して、役者たちもモチベーションを高められる何か……
そこで考えたのが、「お客様に芝居の値段をつけて頂く」というやり方です。
「映画より安い値段」で芝居を観て頂き、我々はお客様の心動かすために最善の努力を続ける。
もし評価額が集まらなければ、次への舞台につながりません。
常にギリギリのところで本当のクオリティを求めなくては、前進はない。
そんな挑戦をしようと思ったのです。
 
今回は東京の俳優も含めての2人芝居。
知り合いも知名度も少ない中での挑戦です。
正直今までのMAMの舞台の中でも、今回の「KIDOSEN」は圧倒的不利です。
でも、だからこそ観て頂きたいのです。
東京キャストは、きっと皆様の想像をはるかに超える芝居を見せます。
「名前」に頼らない、本物の芝居に挑む役者たちです。
札幌キャストは、ベテランに新人が挑みます。
今札幌でこんな芝居ができるんだという芝居をお見せします。
「きっとこの街はこれから面白くなるに違いない」という芝居を見せる役者たちです。
約束します。
 
「KIDOSEN」は上演側にリスクも伴いますが、観客は広がります。
そしてお客様は値つけの段階で、舞台の参加者です。
MAMの舞台は、それに関わる全ての人で作る舞台です。
観てください。
まずは、1,000円で劇場に足を運んでみて下さい。
ものは試しです。
そこから先は、「あなたの舞台」を楽しんで下さい。
 
きっと、ビール2杯分で一生忘れられない体験をします。
それが、MAMなのです。
 
Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

MAM札幌ワークショップ「6回で芝居作っちゃえ!」企画!

さて11月に入り、MAM札幌公演の稽古開始が近づいてまいりました。

今回は二人芝居。
MAMはダブルキャストで公演しますので、そりゃもう朝から晩まで稽古します。
いつも「なんでこんなに稽古する羽目に!」と後悔しつつ、朝から晩まで稽古しまくりです。
おまけに前回は独り芝居もあったので、ほぼ「稽古場が家」と言っても過言ではありませんでした。
 
今回は東京キャストと札幌キャストのダブル。なので、まず札幌キャストのみの稽古を行い、途中から東京キャストが合流です。
今回は稽古時間にもちょっと余裕が・・・
と、いうわけでワークショップ、開催します!!
shineMAMワークショップshine
「6回で芝居作っちゃえ!!」
 
◎日程
11月19日(土)  17時〜21時
11月20日(日)  17時〜21時
11月23日(水・祝)  15時〜19時
11月26日(土)  17時〜21時
11月27日(日)  17時〜21時
12月3日(土)  17時〜21時
 
◎内容
前回までに引き続き、
心と身体の回路をつなげるレッスン。
表現の幅(バリエーション)を広げるレッスン。
さらに・・・この6回で参加者で芝居を1本作ってしまいます!
最終日には発表!
※上記スケジュール以外の時間でも時間によっては増澤を交えて自主稽古なども可能!
(って、それ自主稽古じゃないじゃん!普通に稽古じゃん!)
◎参加人数/参加資格
今回は芝居も作るので人数に制限が出ます。
男女合わせて、16名上限とさせて頂きます!
年齢、経験は問いません。
全ての日程に参加できない場合はご相談下さい。
 
◎参加費用
上記スケジュールで参加費用、お一人10,000円とさせて頂きます。
もしお休みになる回があっても同様です。
ただし、自主稽古などで追加費用を頂くことはありません。
お休みぶんは自主稽古で挽回!
 
◎場所:あけぼのアート&コミュニティセンター(中央区南11条西9丁目4−1)
 
◎参加方法
下記メールアドレスにメール頂き、
タイトル「WS参加希望」
お名前
性別
年齢
ご住所
メールアドレス(PCメールをブロックしないもの)
経験
お申し込み理由
をお書き込みの上、お送りください。
後ほど、詳細を送らせて頂きます。
※人数が16人を超えてしまった場合、申込者のバランスを見た上で参加者を決めさせて頂きます。ご了承ください。
今後のMAMへの人材発掘もかねたこの企画!!
ご参加、お待ちしております! 
 
 
・・・・あれ、そしたらまさか、また稽古場に朝から晩まで・・・?
20150505_9_05_52

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平幹二朗という背中

平幹二朗さんが亡くなった。

昨日の夜、本当に衝撃で一瞬フリーズした。
 
一度だけご一緒させて頂いた舞台。
その演技の全てが僕の想像の想定外でした。
竜巻のようなエネルギーが1000人の観客を一瞬にして巻き込んで虜にしてしまう。
それを目の当たりにして、身体が震えた。
演技の奇跡というものがあるなら、まさにそれを体験した瞬間でした。
 
この不勉強な僕が、毎回自分の出番が終わった後、袖から平さんの演技を見ていました。
そんなことをしたのは、その時だけである。
「どうやったらあんなことができるんだろう・・・」
舞台の中で、同じようなことをやってみる、自分の芝居に置き換えてみる・・・
そして演出家に「増澤くん、気持ちはわかるけどダンプカーとカブくらい違う」とありがたいお言葉を頂きました。笑
あまりにわかりやすいぞ、俺。
 
身の程をわきまえず、平さんに聞いてみる。
「何であんなことができるんですか? 」
微笑みながら「特別なことはしてないけどね。時代劇だから多少大芝居ではあるけど・・・結局はハートだね」
「ハート」という言葉があんなにカッコよく聞こえたことはない。
それ以来、若い役者さんに「芝居に大切なことってなんでしょうね?」と聞かれると「まあ、結局はハートだね」と答えている。
ちっともカッコよく聞こえないけど。
あまりに簡単だぞ、俺。
 
きっといつまでも足元にも及ばないけど、多分一生背中を追い続けるんだろうな・・・
 
ご一緒させて頂いた時間は、僕の宝物です。
本当にありがとうございました。
どうか安らかに、平さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「父と暮せば」東京公演、終幕

「父と暮せば」の東京公演が無事終了いたしました。

結果全ステージ売り切れ、大入り満員!

本当にありがたいことです。

千秋楽のラストステージ、客席の奥で舞台を見ながら、「やってよかった!」と心から思いました。
もちろん課題は札幌に向けていくつもあります。
松村の次へのステップに向けて(これは演出として勝手にテーマ付け)
剣持の飲んだら寝るな問題(これはしょうがないね、人のことは言えないし)
増澤のお前の前説何とかならんのか問題(これMAM札幌から未だに初日出てません。一番大問題)
そんなこんなを抱えながら、いよいよ札幌公演の準備に入ります。
そして今回の舞台、我々だけの力でできたわけではありません。

力を貸してくれた、本当に素晴らしいスタッフがいます。
照明の大場さん。
彼の発想力がなかったら、今回あの空間でこれだけのスケール感を出せなかったでしょう。本来あの劇場に持ち込む量をはるかに超えた機材を持ち込み、あの世界を作って頂きました。

Img_7934
制作の間杉さん。
細やかなところまでお気遣い頂きました。
ふわっと稽古場にやってきて、ふわっと場に馴染んで仕事をなさる、そして時々男より男前な一面を見せる素敵な方です。
いつもペアを組んでいる廣田さんもお忙しい中、劇場に駆けつけてくれました。
 
Img_7933
そして札幌公演の舞台監督、下澤さん。
「遊びに来ました〜」と言いながら仕込みからバラシまで全てお世話になりました。
自分の仕事道具を宅配便で全て劇場に送ってやってきたのです。
なんてことでしょう。
感謝してもし足りません。
 
20161020_10_07_15
この有能な方々がふわっと現場にやってきて、ふわっと何でもないことのように素晴らしい仕事して下さいました。全然何でもなくないのに。
おかげさまで今回の公演をなんとか回すことができました。
 
心から感謝です。
 
そして音響オペをやってくれた實裕あかねちゃん、照明オペをやってくれた島村ひろみちゃん。そして舞台セットの小島とらさん。
お三方は剣持さんの劇団「だるま座」の方です。
だるま座の劇団員の方々はバラシにも片付けにきて下さいました。
劇場内も実にきちんと整理整頓されています。
劇団員の方がきちんとしている、本当に素晴らしい劇団です。
 
他にも前回に引き続き、衣装提供の有島さん。
題字を書いてくれた真理ちゃん。
素晴らしい曲を書き下ろしてくれた奥田女史。
 
本当に有難うございました。
 
そして、観に来て下さいましたお客様、本当に本当に、有難うございました!

20161020_10_43_46_3
さあ、この勢いで札幌いくぜい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稽古後に飲むのが本当に好きなカンパニーだよ

東京は突然秋になったり夏に戻ったりと狂った10月になっています。(笑)

それでも夜のひんやりした感じは本格的な秋の到来が近いのでしょう。
そして、来週にはいよいよ「父と暮せば」の東京公演が迫ってまいりました。
大好きなメンバーと大好きな作品。
本当に幸せな日々を送っています。
 
今回、キャストはもとよりスタッフもこの作品のために自ら集結してくれた方々です。
照明の大場さんも制作の間杉さんも、前回の「父と暮せば」を観て、今回「是非やらせて欲しい」と手を上げて頂きました。音楽の奥田は「新しい曲を書き下ろす」と言ってくれて、素敵な曲が出来上がって来ました。
音響スタッフのあかねちゃんも「この芝居に参加できることが光栄です」と言ってくれました。
なんと札幌公演の舞台監督、下澤さんまでが「もちろん行きます!」東京に駆けつけてくれます。
作品が人を集めて、人を繋いでいます。
 
これは演劇の奇跡を感じる体験です。
 
この作品のために集まってくれた人々が作ってくれた作品が、つまらないはずはありません。
昨日おとったん剣持氏が言っていた言葉「全員天才」
一人の突出した力ではなく、全員の力が集まった時に天才的な何かが発揮される。
今回の才能の集結はまさにそれを感じさせます。
そんな本番まで、あと少し。
もう一歩、もう一段、奇跡の瞬間を目指して挑戦は続きます。
おかげさまで、追加公演も含めてほぼ完売になりました。
日曜昼12時と追加公演16時がまだ少しだけ残っているようです。
 
Img_7883

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっぱり北で食べる羊は美味いね

秋らしくなったとはいえ、まだ湿度の高い東京です。
その東京を脱出して、一瞬札幌に帰ってきました。
本当に一瞬が寂しいところ。笑
お稽古中だから仕方がないね。
メインの用事は来年の札幌での舞台「北緯43°のワーニャ」のフライヤー撮影です。
演出は斉藤歩氏。
昔から知っているけど、組んだのは初めて。
純粋に役者として参加する札幌の舞台、本当に楽しみです。
北海道演劇財団20周年記念事業

そして札幌で12月に公演するMAM「父と暮せば」札幌キャストの松橋勝巳氏にお会いして来ました。
なんと、僕の高校の2年先輩であります。笑
狸小路近くの喫茶店「ZAZI」でコーヒー片手に会談。(場所がZAZIというのが良いよね、僕ら世代には)
穏やかな雰囲気の中にも演劇に対する情熱を深く感じる、素敵な方でした。
井上作品の魅力をしばし語らいました。
「こういう芝居を札幌のお客様に観てもらいたいんです」と増澤力説。
東京キャストの剣持氏とはまた違った雰囲気のおとったん像ができそう。
がぜん秋の稽古が楽しみになって来ました。
札幌圏の皆さま、お待ち致しております!
乞うご期待、まじで。
MAM「父と暮せば」

そしてなぜか百次とジンギスカン。
なんでやねん。笑
丁度やっていた札幌座に出演していたのです。
彼は方言の魔術師。
舞台も不思議な魅力があります。
札幌でも今秋「珈琲法要」という舞台をやるので、こちらも是非。
シアターZOO「珈琲法要」

そんなこんなで、一瞬の割に濃ゆい一日でした。
さあ、東京の稽古に戻るぞ!

20160926_16_24_58

「父と暮せば」東京公演。
チケットお申し込みはこちら。オススメは土曜日の夜!
「父と暮せば」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「父と暮せば」稽古が始まりました

なんだか舞台が終わったらブログ更新みたいになってる。

いけませんね。
さて、「ルーマーズ」も終わり、その翌日から次の舞台の稽古に入っています。
「父と暮せば」
言わずと知れた、井上ひさし氏の名作です。
最近「母と暮せば」という映画がありましたので、「母じゃないの?」という人もいるかと思います。
 
乳です。
 
違った。
父です。
すませんね、おじさんで。
 
戦争や原爆、これらをテーマに扱った作品は数多くあります。
もちろん忘れてはならない大切なテーマですが、時として重く、足が遠のくテーマでもあるでしょう。
でもこれは、人間ドラマです。
純粋に「人が生きていくとは」ということを描いています。
純粋に微笑み、笑い、そして泣きます。
その裏に「忘れてはならない歴史」が隠れています。
稽古で台本を開くたびに「井上ひさし、天才だ」と感嘆します。
 
「言葉」を使う仕事をしている者として感じますが、こんなに「言葉」の力を信じて、愛している人はいません。
愛は力です。表現者としての金字塔です。
それを信じさせてくれます。
それを、本当に大好きな役者さんたちが演じてくれます。
剣持直明と松村沙瑛子。
観たら、きっと彼らのファンになります。絶対です。
僕がおそらく一生付き合いたい役者たちです。
 
実はこの舞台、昨年の初演大好評を受けての再演です。
まだちゃんとご案内もしていなかったのにもかかわらず、現在えらい売れ行きとなっております。
ご予定など、おわかりの方はなるべくお早めのご予約をお願い致します。
1ステージ50席限定です。
今回の劇場、「アトリエだるま座」は出演者剣持氏の劇団「だるま座」の劇場。
小さな、そして素敵な劇場です。「演劇が生まれるってこういうところだね」って劇場です。
ぜっぴ(絶対)愛に溢れた、すんばらしい小屋になりよってじゃ。(広島弁)
 
僕はこの芝居に向き合う時、ある言葉を思い出します。
俳優座を辞める時に大先輩、岩崎加根子さんがかけてくれた言葉。
「どんなに辛くても、苦しくても、演劇があなたを救ってくれるからね」
この芝居の稽古に向き合う時、僕はいつも癒され、救われ、そして表現者としての使命を感じるのです。
このために演劇をしているのだと気づかされます。
 
是非観て下さい。
本当に、本当にいい芝居をします。
たぶん、忘れられない芝居をします。
あ、そうそうHPのアドレスも変わりました。
今後とも、Man-Netをよろしくお願いします!
 
20160917_20_10_59

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青エク終了

舞台「青の祓魔師」も無事千穐楽を終えることができました。

猛暑の中、しかもオリンピックの中お運び頂いたお客様、本当に有難うございました!
また、誕生日が近いこともあって、たくさんの方に贈り物を頂きました。
どれもありがたく食べ、飲み、使わせて頂きました!
本当に本当に感謝です。
いわゆる「2.5次元」と言われるジャンルに出演するのは去年の「プリンスカグヤ」以来。
 
演出はかなり昔に役者として舞台で共演した西田大輔氏。
共演はこれも昔ドラマ「麗わしき鬼」で共演した唐橋充くん。
そのご縁にも感謝。
続けているってこういう喜びもあるものですね。
 
殺陣などもやったり、怒鳴ったり、がっつり身体を使ったせいでおっさんガタガタです。笑
やっぱり日頃の努力は必要ですね。
なまっていた心と身体に喝を入れた舞台でした。
 
打ち上げでは少しですが原作者の加藤先生とお話する期会にも恵まれました。
すごーーーーーい!
発見も多かったし、自分のクオリティを高めるにはどうしたら良いかというヒントも会話の中で得ることができました。
にゃるほど。
「美学」というのはどんなところにも存在し、その時々の求め方があるものですね。
勉強になります。
さて、今度はがらりと変わって、コメディの舞台です。
なんと9月にニール・サイモンの「ルーマーズ」を演出します!
おまけに出演もします!ガタガタになっている場合ではない!
詳細は一両日中にUPします。
皆様、是非そちらの方もよろしくお願いいたします。
 
まずは取り急ぎ、お礼まで。
また会おう、八百造。
 
Img_7335

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さらばフランス。次は京都で坊主。

ミュージカル「1789」無事大阪にて大千穐楽を迎えました。

ご覧頂きましたお客様、本当にありがとうございました!
また、今回もたくさんのお手紙や差し入れを頂きました。
心より御礼申し上げます。
 
今回の「1789」はフランス革命のお話。
この「フランス革命」というのは、ミュージカルはもちろんの事、様々なジャンルで様々な作品が作られています。
日本で言うところの忠臣蔵や幕末もの的な感じですかね。
アントワネットやロベスピエールなどのおなじみの歴史上の人物がどう描かれるのか、ご覧になるお客様も気になるところ。
自分のなりのルイ16世を模索する作業はとてもとても充実した時間でした。
普段はストレートプレイで出演する事が多いので、お初のお客様も多く、ちょっぴり「今回、ルイっぽくないね」みたいに言われたらどうしよ、ってドキドキしてたけど。
 
前著しましたが、今回はお二人のアントワネットさまをはじめ、本当に共演者に恵まれました。
「陛下とのシーン、好き」って言って頂いた花さん、あんなにかっちょいいのに超気さくに接して頂いたかなめさん、本当にありがとうございました。
主演の加藤くん小池くん、ヒロインの神田さん夢咲さん、若手からベテランまで本当に仲の良いカンパニー。よく話し、よく笑いました。あ、あとよく飲みました。(笑)
大阪打ち上げにて。
 
Img_6797
 
そのあと撃沈。(笑)
 
Img_6798
ぜんぜん先輩じゃねーじゃん。
若手のみんな、暖かく接してくれてありがとう!
開幕後は初めてのお客様にも暖かい言葉をかけて頂き、カンパニー内外共に本当に幸せな日々でした。
「陛下〜」と声をかけて頂いた事が何より思い出。
でもメンバーもみんな「陛下」だしお客様も「陛下」率95%だし、これ終わったら陛下じゃないし、どうしよ、いっそ「増澤ヘイカ」に改名しようかって考えました。
嘘だけど。(笑)
 
さて、「1789」はこれで幕を下ろします。
再演を望む声は多いけれど、それは神様のお仕事。(あ、東宝さんのお仕事。笑)
でも終わりがあるからこそ物語は美しく心に残るもの。
二度と現れないからこそ一時輝くもの。
僕も今年はこのあと舞台、ドラマの出演や演出作品が控えています。
新たな物語に挑みながら、いつの日か、また新たな「1789」新たな「陛下」に再会できる日を期待しつつ、精進を重ねます。
本当にありがとうございました。
ボーンニューイ!
 
Img_6776
ご観劇のご感想はコメントでも、下記メールでも。
必ず読ませて頂きます!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ルイは幸せだ

本日は花總まりさん、1789ラストディ。

いつもの様にふわあっとした花さんが「陛下、今日も宜しくお願いします」「お願いします」と楽屋廊下で開演5分前にご挨拶して開演。
 
前にも書きましたが、今回はルイをやらせて頂いて本当に幸せでした。
花さんのアントワネットはふわっと包み込む空気感がとても心地よくて、いつの間にかその世界に引き込まれてしまう、不思議な魅力がありました。
最後の共演シーンがもう、もう・・・で。
「泣いちゃいけない!」って思いながら必死で我慢して演技したのなんて、本当にないことだったと思う。
またフェルゼン見ると、目が真っ赤だし。
お前もか、フェルゼン。笑
 
そのフェルゼンの広瀬くんの「陛下、今日最後サプライズしませんか?」という発案で、トークショーの最後にダブルでエスコート。
ジャンケンで勝ったほうがエスコートっていう案もあったけど、「たぶん両方選んでくれんじゃね?」ということで、ぶっつけ。
結果「えー、どうしよう。じゃ、両方!」とエスコートさせて頂きました。さすが!
出て行くまでの間、袖で待っている時に花さんの「今日はこうやってみた、違うのかな、次の日はこうやってみた、と色々探って…」という言葉が、胸に迫りました。
 
本当に毎ステージ素敵な体験をさせて頂きました。
花さん、ありがとうございました!
 
そして明日からラストまではカナトワネット!
凛と立つ姿がまさにベルサイユをまとっているような、かなめさん。
魅力のありようが全く違うのに、こちらもまさに「アントワネット」。
お二人を見ていると「魅力」というのは一言では言い尽くせないんだなあというのがわかります。
そんなかなめ王妃と、進化、深化を求めて千穐楽までベルサイユを生き抜いて行きたいと思います。
 
ああ、明日もきっとドキドキする。
 
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

«何が起こるか……心からのお詫び