N43V その4

さて、増澤的に実り多かった(笑)今回のワーニャですが・・・

最後に演出&主演のことに触れておこうと思います。
 
斎藤歩氏。
北海道の演劇界を牽引する存在です。
ていうと嫌がるだろうけど。笑
この人はもともと、僕が20代に札幌で芝居をしていた時に活躍していた劇団の座長さんでした。
その頃は全く接点はなかったけど、一昨年「PROOF」で札幌に帰った時に立ち話したところから今回の話に発展しました。
そういうのって、ちょっと面白いです。
話したことは「職業俳優について」
 
お仕事で俳優業をすること。
当然「やりたい仕事」と「やらなくてはいけない仕事」には乖離が生じます。
もちろん、「やらなくてはならない仕事」の中に「やりたい仕事」を盛り込むモチベーションを保つ方法は心得ています。
でもやっぱり、「やらなくてはいけない仕事」を繰り返すというのは心が痩せるのです。
(これは僕がモノ造り的な作業を好むからだと思うけど)
 
「やりたい舞台をやりましょう」
「俺、ワーニャやりたかったんだよね」
 
そんな言葉で始まったように思います。
そしてそんな思いが溢れるワーニャだった。
この人は脚本から演出から主演から、音楽までこなす多才人。
僕がMAMやる時もかなり何でも屋だけど、ずっと上を行っていると思います。
でも何より舞台の上で役者として彼と交流しているのが僕は楽しくて幸せでした。
エネルギーがほとばしるような人です。
板の上で、交わしたり探ったり壊したりって、すごく楽しい作業でした。
 
でも、かなりの自由人です。
本番中平気で素ネタをぶっこみます。
「千秋楽なんだからさ、もっとちゃんと登場しろよ」とか平気で言います。
迷惑です。
あ、それから稽古中にラブシーンの女役を情感たっぷりに実演するのも迷惑です。
上手いから。目が潤んでいるから。それで迫ってくるから結構怖いから。
 
そんな子供のようなおっさんの斎藤氏はこれからも札幌の第一人者として活躍するでしょう。
それを祈りつつ、彼を脅かす地元の逸材の登場も期待しつつ、再度の共演も何より期待します。
 
一番の感謝は、僕が足を折っても降板させるという選択肢が彼になかったこと。
「アーストロフが松葉杖でも面白いよなあ」
っていう言葉が、実はどんなに救いになっていたか。
 
あ、でもね。
観に来てくれた看護師さんに「アナタが増澤くんに座薬さした人?」って大声で聞くの、やめてもらっていい?
 
Img_8877

| | コメント (1) | トラックバック (0)

N43V その3

さて、そしていよいよ「ワーニャ」です。

これがねえ・・・楽しかった!
僕はもともとチェーホフ好きだけど、今回やってみて自分でも演出したり、もっと他も演じたりしてみたくなった。
この「もっとやりたいセンサー」は面白い作品に関わると発動する。
「桜の園」とかやりたいなあ・・・
思えば俳優座に入って、研究生で初めて演じたのが「かもめ」のトリゴーリンだった。
岸田國士とチェーホフは僕にかなり大きな影響が与えたと思う。
今回の上演は約1時間半、言わば「ちょっと駆け足版ワーニャ」と言ってもいいかもしれない。
でもチェーホフのエッセンスはちゃんと香っているし、「ワーニャ」のストーリーは削られることなくきちんと込められている。
初めてチェーホフを観る人にはとても観やすかったと思う。
演じる方もかなりシンプルに入って行けた。
程よく現代的な表現に潤色しているところも大きいと思う。これはやっぱり斎藤歩氏のセンスだなあと思う。
 
人間て、バカだなあ。
でも一生懸命だもんなあ。
愚かなくらい必死で、笑えるくらい切ない。
そんな「ワーニャおじさん的」世界を僕自身も堪能した公演でした。
あの100席に満たない空間には、そんないくつかの人生が詰まっていたと思います。
僕の最後の「帰りたくないなあ」という言葉はそんな時間と場所に対する愛おしさでもありました。
 
やっぱり、演劇っておもしろいね。(笑)
 
Img_8878
ご感想など、お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N43V その2

さて、医者役でありながら骨折するという大金星を挙げたマスザワでありますが(苦笑)、この骨折という出来事がなかなか勉強になりました。

まず人間の身体の不思議。
たとえ数日でも、全く動かない状況に固めていると筋肉というのは間違いなく萎えるんですね。
びっくりした。
僕は割と早い時期から無理やり動いたけれど、それでも爪先立ちとかできなくなっていた時には驚いた。
あ、それからものすごい勢いで右足(折れた方)の皮がむけました。
新陳代謝を上げているんですかね・・・毎日傷の周りの皮がベロベロとむけました。
「再生しよう」という意志が宿っているみたいに感じて。(あくまで個人的な感想ね)
身体って面白い。
リハビリの先生と話す、身体のメカニックの話がとても興味深かった。
足の裏が実はものすごく情報収集の器官になっているとかね。
そして世の中は松葉杖に結構厳しいということ。
 
駅のエレベーターひとつでも、ものっすごく迂回路になるということも知りました。
あの距離を松葉杖で移動するのってめちゃくちゃ大変ですねえ。
ちょっとした段差がとっても大変だし、段差を避けるとものすごく長い移動になるし・・・
車椅子の方やハンディを持った方々が普段どれだけ面倒を強いられているか痛感しました。バリアフリーは増えているけど、距離とかはあまり考えられていないんだね。
あ、それからね・・・これもびっくりでしたが、電車で一度も席を譲ってもらえませんでした。
 
一度もです。
 
頑張れば優先席まで移動できます。
多少離れても空いている席があれば「大丈夫かな」と思うでしょ?
僕は正直思っていました。
でもね、揺れてそこそこ混んでる車内で移動するのって、
 
ものっすごく大変。
 
もちろん「まけるもんか」という意志があれば何とかなるんですが。
「甘えるもんか」という気持ちがなければ怪我なんか乗り越えられないんですが。
それにしてもこの不寛容さにはちょっと驚いた。
一人一人がどうということではないんです、きっと。
でも、大きく社会という括りでは世の中ってすごく不寛容なんだなと、松葉杖ニストになって改めて感じました。
だからこそ、一人一人が寛容さを意識して生きて行かなくてはならないということも。
ちょっとした時にドアを開けてくれたりとか、スーバーで店員さんがカゴを持ってくれたりとかした時に、涙が出るほど嬉しかったもんね。
大げさだけど。(苦笑)
 
16299052_1144699715676509_514297816
写真は退院後すぐにやったトークショー。(とても楽しかった)
骨折を隠して歩いて登壇したのに、鈴井貴之氏が開口一番「この男、骨折してましてねえ〜!」
・・・水の泡である。
「だってこんなネタ、黙っているわけないだろー!」
これが鈴井さんの鈴井さん的なところなんだけどさ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N43V その1

今回出演した「北緯43°のワーニャ」

略して「N43V」!
かっけー、なんか新型っぽーい。
っていうバカはさておき。
とっても刺激的で得るものの多い舞台でした。
何回かに分けて、今回の札幌の舞台を振り返りたいと思います。
 
その1。
「油断してはいけない、稽古以外の時間でも」
 
私、やってしまいました。
稽古帰りに凍結路面ですっ転んで、お尻の下で足首が「ぽきっ」って言いました。
はい。ポッキー食べた時に鳴る音です。
僕の足首でポッキーが鳴りました。
速攻病院行きました。→レントゲン撮りました。→折れてました。
おーまいがーっ!・・・その時点で本番までちょうど3週間です。
選択肢は二つ。
1・このまま固める。→この案は6週間はかかるので却下。
2・手術をしてプレートで固定する。2週間で歩けるようになる、と思う。→ということでこれに決定!
絶対出演するのだ!
そして手術した日が骨折より5日後・・・あと2週間ちょっと!
 
Img_8750
そして何週間か入院するところを5日で退院。
杖つきながらの稽古。
なんて言うんでしょう。
こういう時ってアドレナリンが出るものです。
稽古の時は痛くないです。
ガキかっ!
 
ちなみにこの頃取材を受けています。
隠しているつもりが杖もろバレ。笑
Fullsizerender7
そんなわけで、突貫工事のように治療して本番を迎えました。
いやはや、貴重な体験だった。
皆様にはご迷惑をかけてしまったけど。
本当に受け入れて頂いてありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あけましておめでたい!…って、おそい!

あけましておめでとうございます。

遅いね。

うん、遅い。

いろいろバタバタしていたもので…

何をバタバタしていたのか。

実はまたまた札幌に来ています!

 

昨年の「父と暮せば」公演に続き、今度は役者として札幌に帰って来ました!

札幌座の「北緯43°のワーニャ」という作品に出演します。

そうです。N43は札幌の緯度。「ワーニャ」は俳優座時代から慣れ親しんんだチェーホフ作品。

そして演出が札幌演劇の第一人者、斎藤歩氏。

斎藤さんは僕が札幌で劇団をしていた時代から知っていましたが、組むのは初めて。もーのすごく楽しみにしていました!

今稽古中ですが、非常に面白いです。

「ああやってみて」「こう動いてみて」というのがめちゃくちゃ新鮮です。

そして彼は主演のワーニャも演じていますが、ものすごいざっくりかつ強烈なインパクトのある演技!(昔からですけどね)

そこに円熟味が増して、いきなりふわっと芝居したります。

稽古場でいつもわくわくしています。

 

斎藤さんとも話すのですが、昔の札幌時代には、たぶん絶対一緒にやる発想はなかった。

20代ではそれくらい世界観が違っていて、そしてそれを許容できなかった。

年月って素敵ですね。

稽古場で空気を共有しながらしみじみ思います。

シアワセ…

そして、MAMではなく一役者としてどこまでできるか、試されている舞台。

 

MAMをご覧頂いているお客様にも、ぜひ一味違った「増澤ノゾム」を観に来て頂けたら幸いです!

なんと既に初日が売り切れだそうです!スゲー!

 

HPに申し込みフォームを作ろうと思っているのですが、なかなか時間がかかって、間に合っておりません。

取り急ぎ、チケットご希望の方は…

下記のメールアドレスに「お名前・ご住所・電話番号・日時・枚数」をお書き込み頂き、送って下さい。

後ほど確認のメールをお出しいたします!

(メールはPCメール拒否設定していないものからお願いしますね)

皆様のお申込み、お待ちしています!

 

nozomu@mbi.nifty.com

20170116_20_32_19

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どか雪の原因はオレが雪男だったらしいよ ーその4ー

毎回MAMは「チーム」に支えられています。

その中でも特に今回はとても強く「チーム」を感じた公演でした。
舞台監督の下澤さんは「楽しいなあ」と言いながら色んなことに心を砕いてくれます。
この人は今やMAMの大黒柱です。
今回、照明の鈴木さんは僕が札幌の劇団P-PROJECT時代からお世話になっている人。
音響は札幌で長く活動されていた西野さん。
二人合わせて「仙人ズ」と呼ばれています。
二人合わせて・・・!!!
 
Img_8479
 
大先輩が若輩者の舞台のために力を貸してくれるというのは、とてもとてもありがたいことです。
そしてその仙人ズのお目付役であり、鈴木さんの下で照明を担当してくれた干場は、彼女が10代の頃から知っている旧知の中であり、今回の舞台に色々意見を出してくれました。
誰よりも感動屋で号泣しながら鼻にティッシュを突っ込んで照明オペーレーションをしていたそうです。
 
「増澤さん、わかった、私もうやりたくないわ」
 
「観たいんだわ」
 
本当にありがたい。
衣装の青は急なオーダーにもかかわらずスカートを仕上げてくれました。
美術の高村さんは本当に素敵な六畳間を作り上げてくれました。
下さんと二人でセットを見上げながら「いいねえ・・・」
 
Img_8363
 
今回の奥田の楽曲は、物語のイメージが伴っていて、「音楽が素敵」という声があちこちから聞かれました。
本人は「もう一曲作ればよかった」って言っていたけど。笑。
剣持氏の大学の先輩、小杉さんは伊達の商工会に声をかけて、広告スポンサーを募ってくれました。
(パンフレットの裏面は伊達一色だったはずです!)
他にもこの舞台を支えてくれたスタッフや協力してくれた人。
色んな人々の力があって、この舞台が出来上がりました。
 
素晴らしいチームです。
改めて感謝します。
 
東京から来てくれた大好きな俳優、剣持・松村両氏。
後輩の僕の言葉に真摯に耳を傾けてくれた勝巳さん。
きっと、色々とっても不安で怖かったろうに、果敢に初ヒロインに挑んでくれた海妃。
色んな歯車が、奇跡のように噛み合った舞台でした。
 
そして、大雪の中劇場にお運び頂いたお客様。
本当に、本当にありがとうございます!
Img_8521
 
「父と暮せば」の旅は、まだ続きます。
きっと。
稽古場から見える景色も。
ご覧になったお客様、宜しければごご感想などお聞かせ頂けたら幸いです。
コメント欄でも、mamstage@gmail.comでも。
Img_8481

| | コメント (3) | トラックバック (0)

どか雪の原因はオレが雪男だったらしいよ ーその3ー

いよいよ札幌での稽古開始。

札幌キャスト、松橋氏は渋い声でどっしりとした芝居。
高橋は繊細な芝居で僕のオーダーを一つとしてもらすまいという姿勢。
東京キャストとはまた違う緊張感。
雪の降りしきる中三人で作り上げる稽古場は、濃密で幸せな空間でした。
僕にとってももう一度最初から作品と向き合ういい機会になったと思います。
Img_8004
そして東京組が本番1週間前に到着、合流稽古が始まりました。
四者四様、井上ひさしの言葉に近づく作業です。
いい意味で「大人」の稽古場だったと思います。
常に子供みたいに笑いが溢れていたけど。
夢のような時間でした。
そしてよく飲みました。(笑)
プリン隊(プリン体制限を忘れ隊)隊長、剣持直明はこの仕事の直後に来るドラマの衣装の事を、敢えて無視して飲食快楽に走りました。
 
シャッフルの稽古は実は一回しかしませんでした。
僕は作り込みすぎる所があるので、あえて初めてに近い組み合わせで起こる化学反応に期待しました。(実はとても怖かったけどね)
 
15327252_1155131121272053_206509131
 
いよいよ本番、まずは東京組。そして札幌組…
大雪に見舞われました……まさかの!
まだ根雪なる時期には早いのに、泣きたくなるほどの大雪です。
大丈夫かいな。お客さん来るんかいな。
にもかかわらず、お客様は足を運んでくださいました。
本当に、本当にありがたかった。
そして僕は予定になかった一言を前説に加えました。
「幕が開けば、そこは真夏の広島です」
その時間だけ大雪から解放された夢の瞬間であれと願いました。
そして最後のシャッフル二公演は、奇跡と言っていい舞台になったと思います。
僕の手からは完全に離れて、なんだかわからない力が作用して、必死に生きている四人がいて、食い入る様に見つめるお客様がいて・・・そして終演後、僕は呆然と、なかなか客席から出てこないお客様たちをロビーで待っていました。
カーテンコールで拍手が鳴りやまないって・・・
そんなことを体現してくれた四人に本当に感謝です。
 
Img_8490

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どか雪の原因はオレが雪男だったらしいよ ーその2ー

そんなわけで2016年に入り、札幌公演に向けての準備に入るわけですが、ここでまた三人で飲んでた勢いで「どうせやるんなら東京でも再演じゃね?」という話に。

お前たちは全部飲んだ勢いで決めてるんかい!というご意見ごもっとも。
その通りです!
 
そこで剣持氏の劇団だるま座のアトリエを10月に押さえて、東京再演決定。
札幌ではもう一組キャストを作って札幌で稽古をしながら、12月に東京キャストと合流という流れを計画しました。
札幌キャスト候補はMAMのワークショップからの新人、高橋海妃とベテラン松橋勝巳氏。
どちらも芝居で組むのは初めてです。
札幌はどんな舞台になるか・・・期待と不安を残しつつも、まずは東京公演再演。
 
今回は苦労しました。
二回目はどうやっても深読みします。
この物語の裏にある深い「沼」のようなものに囚われて僕らは迷走しました。
「単に『お前は生きろ』っていうのも地獄だよねえ・・・」
剣持さんの言葉に息が詰まりました。
改めて、史実に触れることの重さを感じた稽古。
 
新たに課題をたくさん自分たちの中に発見した東京再演。
おかげさまで追加公演まで満員御礼で千秋楽を迎えました!
この舞台はスタッフさんに本当に救って頂いた舞台でした。
制作の間杉さん、照明の大場さんをはじめ、なんと札幌のMAM舞台監督の下澤さんが「遊びに行きます」と称して自分の道具を持って乗り込んできてくれました!
今年は僕が制作と照明も兼任しようとしていたので、非常に助かりました。
そしていよいよ、まず僕が単身札幌に乗り込みます。
Img_8477 Img_8475 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どか雪の原因はオレが雪男だったらしいよ ーその1ー

「父と暮せば」の札幌公演が無事終わりました。

ご観劇頂きました皆様、心より感謝申し上げます。

ずっとFacebookやTwitterで情報を更新して来ましたので、ここで少しまとまった文章で今回の舞台を振り返ってみようと思います。

 

そもそもこの「父と暮せば」は昨年、松村の「ねえノゾムさん、誰かいいおとったんいない?」から始まりました。「私、どうしてもこの台本朗読劇でいいからやりたいんだけど」そう言って彼女が出してきたのがこの台本でした。

剣持さんを紹介して、最初に飲んだ席で酒の勢いで「朗読→芝居にしようぜ」に急遽変更。制作を頼んだ島君が「ろ、朗読じゃなかったんですか?」と泣きそうな声で言っていました。

勢い僕が演出することになり、劇中に出てくる「小いわしのぬた」というとっても美味しそうな食べ物から「nu-ta」とチーム命名。突貫工事の稽古は大変でしたが、結果公演は大好評に終わりました。

井上作品の「言葉」と戦う日々…その言葉の中に篭っているもの。

それは想像以上の体験でした。

千秋楽「これは絶対札幌でやらなくては!」と何故か誓ったのでした。

そして打ち上げの酒の勢いで「札幌行くぜ」と宣言。

そこから札幌シアターZOOとの交渉がスタートするのでした。

Img_8474 Img_8473

Img_4803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1,000円で舞台を観せるということ

MAMは札幌の舞台は入場料を1,000円で観て頂き、観た後にその評価額をお客様それぞれに入れて頂く、『KIDOSEN』(木戸銭)というやり方を取っています。

実は1,000円で舞台を作ることは、不可能です。
なぜそんなことを始めたのか、少し書き記しておこうと思います。
 
去年から札幌で公演活動を始めるにあたって、「何か挑戦するべきテーマがないか」と考えました。
せっかく地元に帰って舞台作りをするのだから、新しいお客様を開拓して、役者たちもモチベーションを高められる何か……
そこで考えたのが、「お客様に芝居の値段をつけて頂く」というやり方です。
「映画より安い値段」で芝居を観て頂き、我々はお客様の心動かすために最善の努力を続ける。
もし評価額が集まらなければ、次への舞台につながりません。
常にギリギリのところで本当のクオリティを求めなくては、前進はない。
そんな挑戦をしようと思ったのです。
 
今回は東京の俳優も含めての2人芝居。
知り合いも知名度も少ない中での挑戦です。
正直今までのMAMの舞台の中でも、今回の「KIDOSEN」は圧倒的不利です。
でも、だからこそ観て頂きたいのです。
東京キャストは、きっと皆様の想像をはるかに超える芝居を見せます。
「名前」に頼らない、本物の芝居に挑む役者たちです。
札幌キャストは、ベテランに新人が挑みます。
今札幌でこんな芝居ができるんだという芝居をお見せします。
「きっとこの街はこれから面白くなるに違いない」という芝居を見せる役者たちです。
約束します。
 
「KIDOSEN」は上演側にリスクも伴いますが、観客は広がります。
そしてお客様は値つけの段階で、舞台の参加者です。
MAMの舞台は、それに関わる全ての人で作る舞台です。
観てください。
まずは、1,000円で劇場に足を運んでみて下さい。
ものは試しです。
そこから先は、「あなたの舞台」を楽しんで下さい。
 
きっと、ビール2杯分で一生忘れられない体験をします。
それが、MAMなのです。
 
Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«MAM札幌ワークショップ「6回で芝居作っちゃえ!」企画!