« 零号試写 | トップページ | 時間の速度 »

心の源泉

ブログの開設にたくさんの方から応援のメール・書き込みを頂きました。
本当にありがとうございます。
そして、懐かしい高校時代の先輩後輩(久美子先輩、すみちゃん、まいちゃん、ありがとう)や、札幌での劇団時代の劇団員たちからの書き込みもありました。
何だかそんな書き込みを見ると、札幌時代を思い出します。
原風景という表現が正しいかどうかわかりませんが、僕の心の中にはいつもある場所があります。
それは札幌で劇団をやっていた頃の稽古場です。(これ、むかしMas-Nikkiで書いたかな?)
もともとバレエの先生が自宅&スタジオとして使っていた建物で、一階がスタジオ、二階の住居スペースを倉庫や会議、読み合わせなどに使っていました。
僕は劇団員たちが集まる少し前に来て、稽古場で一人でストレッチをしたり、お茶を飲んだりするのが好きでした。
やがて、授業の終わった学生や、仕事を早く切り上げた会社員たちが集まってきます。
一人だけの静かな空間が、密度を増して熱を帯びて、歯車が回り出します。
1年365日、夢中で稽古をしていました。
本当に、毎日。
その稽古場も、もう取り壊されてなくなっています。
でも東京に来て、俳優座→独立と「演じる仕事」へのスタンスは歳と共に変わっていますが、僕の心の中心には相変わらずあの稽古場があります。
あの風景があるから、どんな 所にいても自分でいられます。
たぶんそれが僕のモチベーションの源泉なのです。
今日も僕は、一人でインスタントコーヒーを入れて、ストレッチをしながら皆を待ちます。
もうすぐそれぞれの事情に折り合いをつけた劇団員たちがやって来ます。
そして、また歯車が回り出すのです。
もうすぐ、もうすぐ。
そして今日も僕はストレッチをするのです・・・・


Ppro01

当時の写真。
何だか、今見ると・・・あーあ・・・・・


Ppro05

|

« 零号試写 | トップページ | 時間の速度 »

コメント

初めまして。
いつも舞台を楽しみにさせて頂いている者です。
この「心の源泉」を読んで感動してます。
すごく表現が豊かで心の奥がじんわりと温かく
なりました。
それは、文字を追うだけでその姿が場面として
目の中に広がる感じだからです。
増沢さんの中にその風景が有る限り大丈夫・・
と確信しました。
これからもブログを書いて下さい。
益々のご活躍楽しみにしています。
最後まで読んでくれて有難う(^^)

投稿: もえぎ | 2006年5月18日 (木) 08時52分

はじめまして。
昔の観劇仲間と会うとき
「増沢さん、また出てたねぇ」というのが
あいさつのようになっていたりして。
遠くてもみんな見守っています。

投稿: はち | 2006年5月18日 (木) 14時07分

写真 すっごく懐かしいです~
夢中で札幌に通って お芝居見てた頃を
思い出しますわ

投稿: べす | 2006年5月18日 (木) 22時24分

こんにちは。頑張ってますね。
懐かしい名前がチラホラ見えて、嬉しいナッ★
この派手なドレスは私が縫ったような・・・
昔の仲間も芝居やってるのかな?
いつかは増沢さんの舞台観るからね!!
地方にもきてくださいよ~
ゆみこは次7月に公演あるよ。
お互いがんばろうね~

投稿: ゆみこ | 2006年5月19日 (金) 09時37分

画像、懐かしい~!!
増沢さん、ほとんど顔変わってないですね・・

投稿: ピンポン | 2006年5月19日 (金) 21時53分

芝居から離れてしまって随分たちますが
今の自分があるのはあの時期の
あの仲間がいてこそだと本当に感じています。
単なる感傷と笑われるかもしれませんが
現実の時間に色々な思いで暮らしながら
ふとあの瞬間に身をおいている自分がいたりします。
今でもあのころの時間を大切にしている
増沢さんがいることがわかり
なんだかうれしいです。

投稿: ちゃこ | 2006年5月19日 (金) 23時44分

まっすー同期だったちびっ子だ。
すごいじゃん。今はオランダにいるけど来年はイギリスで漁業にでるかも。ところでげんちゃんはどうしたの?コックの伸ちゃんにもよろしくね。
日本に帰ることがあったら(それかヨーロッパ公演)観にいくね。がんばれー。携帯でとると(写真)ますます目が離れてるからやめとけば?

投稿: ちびっ子 | 2006年5月20日 (土) 04時39分

リハーサル等であの稽古場を持っていた先生のスタジオ(お寺の近くの方)へ行く事があるのですが、どことなく造りが似ていて、昔の稽古場の雰囲気がある場所で…
伺うたびP-PRO時代を思い出します。
狭いスタジオでのリハに出会う度、あの稽古場を使えた自分達は、
恵まれていたなぁ…とも。
芝居からは随分離れてしまいましたが、
今でもこうして舞台に係わっていられるのは
あの時代があるからに他ならないでしょう。
今年は9月に函館で少々大きな仕事があります。

>ゆみこ
元気に活躍しているようで、嬉しいです。
よかったら連絡ちょーだい!

投稿: たなべ | 2006年5月20日 (土) 05時11分

あ~ほんと懐かしい・・・・・
このころはよく 芝居を観に滝川⇒札幌通いをしてました
よく通ったよな~と自分でも感心してます
わかかったしなぁ~ (´д`)
写真を見ると その頃の芝居だけじゃなくて
いろんなことが思い出されました

投稿: ちびかえ。 | 2006年5月20日 (土) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の源泉:

« 零号試写 | トップページ | 時間の速度 »