« いとしのエミー | トップページ | 海だ! »

表現者の心得

詳しいことは話せませんが、現在公判中です。
もちろん、ドラマの話です。
さてさて、そんなドラマでご一緒した大先輩、平泉 成さんの言葉。
「モノを作っているとさあ、ついつい100%求めちゃうんだけど、完ぺきな物ってのは結構つまんなかったりするんだよね。
70%目標で作り込んで、あとは人にゆだねちゃうってのも大事でさ、何から何まで自分できちきちとやる必要なんてないんだよね」
・・・・名言だなあ。
100%を目指すって、ある意味人を信じていないってことでもあるんだな。
破綻したり、矛盾があったり・・・・でもそのまま人にゆだねるってのは、勇気と信頼がなくちゃできないしね。
だいたいこの歳で完ぺきな仕事なんてあり得ないもんね。
僕に非常に大事なアドバイスをしてくれたスタッフの方も言っていました。
「でもね、上手くなって欲しくて言ってるわけじゃないんだよね、どちらかというとずっと下手でいて欲しいのよ」

小さな完成品より、大いなる未完成品の方がずっと魅力的。

初心回帰だね。
こんな現場にいれることに、感謝。
Nozomu

|

« いとしのエミー | トップページ | 海だ! »

コメント

>小さな完成品より、大いなる未完成品の方がずっと魅力的

けだし名言ですね。
うまくならなくていい、魅力的なほうがいい。

投稿: ゆきえ | 2006年5月28日 (日) 09時23分

実生活のうえでも、モノを表現するって大変むずかしい事ですよね。自分なりに、いっぱいいっぱい表現してもうまく伝わらない事あります。表現力のない私にとって、俳優さんたちて凄いなあ、と思います。

投稿: kitazee | 2006年5月30日 (火) 12時45分

ケログ、いつも楽しく拝見しています。
私もなかなか舞台を見に行かれない状況なので、TVでの
ご活躍を楽しみにしているファンの一人です。
今回も素敵な現場のようですので、出来上がった作品も
逃さず見なくては!と思っています。
放送日が決定したらまたケログでお知らせくださいね♪

投稿: nao | 2006年6月 3日 (土) 01時05分

はじめまして。
私の増沢さんのイメージはダンディーでかっこいい感じだったのですが、ブログ読んで面白い方でまたギャップがよかったです☆


ある舞台を観に行きました。素人の意見で申し訳ないのですが・・・
まぁまぁベテランで、テレビや映画に出演が多く、演技も上手と評判で人気のある方を目当てでいきました。
しかし、確かに上手だと思うのですが、舞台中心でやってられるあまり一般的には有名でない若い役者さんの方が、生き生きして本当に演技に引き込まれ楽しかったです。
舞台の面白さを新たに発見した感じでした。

増沢さんの舞台もぜひ観に行きたいです(*^_^*) お忙しいでしょうが、お身体に気をつけて下さいね☆

投稿: なな | 2007年6月 9日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表現者の心得:

« いとしのエミー | トップページ | 海だ! »