« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

美味しい映画

美味しい映画
秋の夜長、久しぶりにお気に入りのピザ屋でごはん。
うま〜っ!
なんか、食べ物の映画が観たくなって「かもめ食堂」を見ました。
映画館で見れなかったんだよね。

フィンランド、行ってみたいな〜・・・
白夜を体験してみたい。
オーロラとかね。
オーロラは出てこないけど、非常に味わい深い映画でした。
それしても食べ物が美味しそうな映画だった。

美味しいおにぎり食べたいなあ。
しっかりダシだ取ったみそ汁と一緒にね。

あれ、お腹いっぱいなはずなのになあ・・・
おそろしや、食欲の秋。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

秋走り

秋走り

天高く ハラ肥ゆる秋
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
たったったった・・・・・
僕は走っております。
ひたすら走っております。
村上春樹氏の「走ることについて語るときに僕が語る事」という本を読んで、ヨシ走るか!と思い立ったからです。
単純だぞ、踊らされやすい性格だぞ、オレ!
いいんだもん。
おりしも秋、運動不足に食欲増進、ここで気合いを入れないと、巻くぜ腹ベルト!変身!!ごっつあんです!ってな具合になりかねません。
というわけで一発奮起。
そんなわけで村上氏に習って、1時間ランに挑戦しているのですが、これが結構きついっスなあ・・・・
僕は普段30分から40分は走るのですが、1時間はさすがに慣れてないので体のあちこちが悲鳴を上げます。
足の指、ひざ、股関節、もも・・・そして腕の振りに余計な力が入るので、肩が異常にこるということもびっくり。
考えてみれば1時間力入れて腕振れば、そりゃこるよね。

でも青空の下、ひたすら走るのは気持ちいいものです。
陸上部だったしね、中学時だけど。
最初の20分は色々考えます。
次の20分は思考が断片的に。
最後の20分は何も考えず、音楽をたよりに、足を前に出す事にのみ集中します。
今は体のあちこちがばらばらに動いてる感があるけど、そのうち歯車が合うようになるかなあ。
そしたら、もうちょっと気持ち良く走れるようになるでしょう。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

ブラザー

兄からメールがきました。
「最近はどうよ?」
どうよって・・・
「ついでにカエルの写真送っとくわ」
なんで?ほわい?
以前兄から送られたサボテンの写真をケログに載せたところ、それに皆さんからいただいたコメントに、「書き込みあったな」と、かーなり嬉しそうでした。

この「ついでにカエルの写真送っとくわ」から、二匹目のドジョウムードがむんむんと感じられます。
ってか、3枚も送ってきたし、兄貴・・・・

僕の兄は、変な人です(僕から見るとだけど)
僕も確かにそうですが、思い立ったが吉日男で、昔から突然「プロゴルファーになる」とか「喫茶店を経営する」とか「ルンペン(ホームレス)最高」とか、何かに影響を受けるとすぐ「よっしゃ」と、その気になる男です。
でも僕が「プロの俳優になる」というと、すごく反対したのが兄。
「絶対やめろ」「ギャンブル人生」と大反対。
そのくせ自分は突然会社を辞め、「起業家になる」
はー?
僕よりよっぽどギャンブラーです。
そして今は起業コンサルタントっていうんですか、起業家セミナーなるものをよく開いております。
「お前も来い」と言うので見に行ったところ・・・・
某成功者の方が、いろんなエピソードを語ります。
みんな夢中で聞いています。
その語り口や、掌握術にナルホド、勉強、と感心しながら、ふと隣の兄を見ると・・・・
ほんのり泣いてます。
はーー?
「何度聞いても、この話は感動するなあ・・・・」
君は仕掛け人だよね?
感動しちゃダメだよね・・・・
何と言うか、僕が言うのもなんだけど、根が善人なんだね。
向いてんだか向いてないんだか・・・・・

ま、そういうとこがいいんだけどね。
僕が粗っぽくってちゃきちゃきなのに対して、どこかのんびりとした兄です。
Nec_0454

| | コメント (24) | トラックバック (0)

雪虫

雪虫
雪虫
キンモクセイの香りがいいですねえ。
以前空気の香りの話題を書きましたが、東京に暮らしてて思うのは、季節ごとの木々の香り(花の香り)が、北海道より強く・豊富だなあ、ということ。
たぶん、南に行けば行くほどその香りは豊潤さを増して行くんだろうなあ。
でも北は北で、ならではの香りや良さがあるんですけどね。

そういえば、ぼちぼち札幌も初雪の頃。
この時期になると、雪虫が飛びます。
あれ、雪かな・・・と思ってよく見ると、小さな綿毛のついた虫。
その雪虫が飛ぶと、雪が近いと言われてます。
もう何年も見てないなあ・・・・
札幌では今も飛ぶのかな。

| | コメント (27) | トラックバック (0)

ノリックが・・・

阿部典史という人がいます。
バイクレーサーです。
7日、交通事故で亡くなりました。
別に知り合いというわけではありません。
でもバイク好きの僕の中では、彼はヒーローでした。
今はありませんが、GP500という当時のバイク界ではF1のような最高峰レースで、日本人として優勝。
僕が高校〜大学当時、日本人が500で世界を征する「バリバリ伝説」というバイク漫画が流行り、日本人のそれは、まさに夢の話でした。
(実は今でも全巻持ってます)
それを実現したノリック。
「できんじゃん!日本人!」と思わせてくれたノリック。

その彼が、サーキットではなく、一般道での事故で命を落としてしまいました。
なんて残酷に、なんてあっさりと・・・・

実は僕も、事故被害の体験者だから言えます。
それは、突然やってきます。
不意に、ちょっとした意識の隙間をついてふりかかってきます。
こんなことしか言えないけど、みんな、安全運転しようね。
何でもないことを大事にしようね。

ありがとう、ノリック。
君を忘れない人が、きっといっぱいいるよ。
Pn2007100701000470_2

| | コメント (18) | トラックバック (0)

幸運の・・・

幸運の・・・
幸運の・・・

ニカラグアの願いを叶えてくれるという「青い鳥」
オマエほんとに叶えてくれるのか?という脱力キャラがいいですね。
何も考えてなささそう。

くえっくえっ、はいはい、願い事ね。
えーとね、
えーと・・・・
あれ?
忘れちゃったよ。
くえっくえー・・・・

| | コメント (19) | トラックバック (0)

かまぼこ

かまぼこ
小田原に行きました。
小田原と言えば蒲鉾。
という訳で蒲鉾屋さんにGO!
「ご試食セット」というのがあったので食べてみました。
左から標準/特選/極上となるそうです。
ビールか日本酒がつくというので、早速地酒の日本酒でいただきま〜す。
これで500円、おやつっぽくっていいね。
もぐもぐ、小田原の蒲鉾は歯ごたえがしっかりしてますね。
特上は一番身がしっかりしていて、なーるほど。
機械を使わない職人さんの手によるものだそうです。
しかし食べてる間中、うんちく説明攻め・・・・
確かに「試食」だからしょうがないけど。
折角、美味い日本酒と美味い蒲鉾。
これはそば屋あたりでゆっくりと楽しみたいなあ、と思ったかえる君でした。
自分で蒲鉾を作れる体験教室なんかもあって、なかなか楽しいところでした。
ちなみに僕は「蒲鉾」よりも「かまぼこ」って書く方が好きです。
なんか、こっちの方がかわいらしくって美味しそうだよね。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »