« 舞台は続く | トップページ | 休みなし、セリフあり。 »

千秋楽通信

昨日、無事「かげぜん」が千秋楽を迎えました。
たくさんの激励のお言葉、差し入れのお品、そしてご観劇、誠にありがとうございました!
この舞台をできた事は、僕にとってものすごく意義のあるものになりました。
役者として学ぶ事はもちろん、作家・演出として学ぶ事が本当に多かった。
自分ができた事・できなかった事・この先、挑戦しなくてはならない事・・・・
若手から先輩まで、この舞台に参加して下さった役者・スタッフに心から感謝。
全員が一つの方向に向いて進む事の素晴らしさを痛感しました。

そうそう「かげぜん」が何故ひらがななのか。
漢字で書くと「陰膳」。
劇中でも台詞にありますが、戦地に行っている人の無事を祈って、残された家族が出征した人の分までお膳を用意する事を言います。
でも、この舞台にはもう一つの意味があります。
それは「陰善」。
悪人を気取っている大吾が、みつやたえとの出会いの中で自分の中の「善」を見つけて行く。
宮下にしても同様です。
人が自分の善意に出会う話を書きたかったのです。

このdashプロジェクトは、今後も続けて行きたいと思ってます。
どうか、これからも暖かく見守って下さい。
そしてMAMの方も何か企画したいんだけどね。
そのうち発表したいと思います。
とりあえず、来月の「F&F」だ!
役者マスザワ、ナレーターとして頑張ります!

|

« 舞台は続く | トップページ | 休みなし、セリフあり。 »

コメント

舞台、無事に千秋楽を迎えられたようで。。。お疲れさまでした。

投稿: 香緒里 | 2010年2月26日 (金) 15時26分

お疲れ様でした。

本当に素晴らしいお芝居でした!
次回作を楽しみにしております!!

投稿: 白梅町の与太郎 | 2010年2月26日 (金) 18時34分

無事に千秋楽を終えられて、本当に良かったですね。
そして、お忙しい中 ケログを更新して下さって
ありがとうございました

お恥ずかしい話ですが、「かげぜん」を何故ひらがなにされたのか
私は全然疑問に思わなかったのですが
理由を知って、ますます感慨深い気持ちになりました。
作家。演出家・・・そして役者の三役をされた今回の舞台は
とても想像が出来ない御苦労があったと思いますが、
その分 充実感でいっぱいなんでしょうね。
来月も舞台があって大変だと思いますが、どうかお身体をご自愛
下さいね

投稿: ぺんぎん | 2010年2月26日 (金) 18時52分

「かげぜん」お疲れ様でした

こんな心温まる素敵な舞台を作ってくださった増沢望さん、改めて凄い方だなぁ、って尊敬してしまいました

「かげぜん」というタイトルも、思っていた以上に深かったんですね
人間の善いところ、いっぱい見せていただきました

ありがとうございました

私はこんな素晴らしい舞台が観られて幸せだなぁと思う分、いろいろな事情で観に行けなくて残念な思いをされたファンの方にも、観せてあげたかったなぁと思います。

増沢さんのファンで本当に幸せです。

ず〜っと付いて行きたいです

投稿: みどり | 2010年2月26日 (金) 21時22分

こんばんは!

本当にお疲れ様でした☆

とりあえずはゆっくり休んでください(~_~)

投稿: yoo1 | 2010年2月26日 (金) 23時05分

こんばんは。

「かげぜん」お疲れ様でした。

今回の経験が、きっとまた、次回へ活かされることと思います。

表現することの素晴らしさ、大切さ、そして難しさ…
いろいろ感じて、想って、悩んで…
それらを、増沢さん自身の言葉で伝えてください、私達へ。

これからもよろしくお願いします。

投稿: momo-chan~♪ | 2010年2月27日 (土) 02時01分

おはようございます。

増沢さん、とても充実感のある舞台の千秋楽、お疲れ様でした。

今回は都合がつかず見に行けなかったので、なかなかコメント入れるタイミングを逃していました。

また近いうちに増沢さんの舞台拝見できる事を楽しみにしています。

そして、次の舞台、頑張って下さいね♪

投稿: 名古屋の助産師さん | 2010年2月27日 (土) 08時00分

舞台お疲れ様でした無事に終えられて良かったですねそして本当に素敵な舞台だったのだということがわかります
‘かげぜん’はそういう意味があったのですね増沢さんのブログを読んでいるだけで心に響いてきます私も見たかったなぁ


来月はナレーターですね舞台に出られないのは残念だけどナレーターの増沢さんもとっても楽しみです

投稿: ショコラ | 2010年2月27日 (土) 19時12分

お芝居 お疲れ様でした!

望さんの想いが形になって 舞台を見に行かれた方々の心に それぞれの「何か」となって 届いたのでしょうね。

行けなかった私にも このケログで ちょびっとだけ 心に届いた気がします。

これからも 作り手として、表現者として、前へ、前へ、発信していってください!

投稿: あゆみ | 2010年2月27日 (土) 20時49分

「かげぜん」千秋楽おめでとうございます
お疲れ様でした

「かげぜん」の意味、深〜いですね
善の部分にたくさん心を打たれました
今後のdashプロジェクトも楽しみです

ナレーターも楽しみにしていますね〜

投稿: あいり | 2010年2月27日 (土) 23時05分

お疲れ様でした。
皆さん充実した感満載な感じで、何だかとってもうらやましいです
増沢さん!!尊敬しています!!
私も、常にモチベーションを高く保てるように
したい!!
これからも増す増す望ですね

投稿: ばなな | 2010年2月28日 (日) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千秋楽通信:

« 舞台は続く | トップページ | 休みなし、セリフあり。 »