« こんな時だから | トップページ | 春雨 »

メッセージに・・・・

僕は基本的にHPにメッセージをお書き込みをして頂いた時にレスはしません。
以前お客様の間で不公平感を感じたとご指摘頂いた事から、毎回メッセージはきちんと読ませて頂いていますが、レスを書く事はあえてしないというルールでこのブログをやって来ました。
しかしながら、今回はレスをさせて頂きたいと思います。
前回の僕のブログはご批判を覚悟で書いたものでしたが、被災地以外の方はもとより、被災された方からもあたたかいメッセージを頂きました。
心より感謝申し上げます。
長くなってしまいますが、申し訳ありません。
また、内容が重複してしまうこともあるかもしれません。ご了承願います。

ぎりぎりさん
僕の友人でも役者やミュージシャンが無力感を感じたり、「自分はこんなことやっていいの?」って思ったり(僕も例外ではありません)、お店をしている知人が罪悪感を感じつつ仕事をしていたりとか、さまざまあります。
でも、僕やぎりぎりさんの仕事のような「余暇」に属する仕事が、きっと必要なのです。
それがないと心が痩せます。
だから、人々の気分転換や元気のために頑張りましょう!

みどりさん
計画停電、本当にお疲れ様です。
僕も準備して、いつでも来い!だったのですが、現在23区は大部分が対象から外れているらしく、申し訳なく思っています。(そのぶん、頑張って節電します!毛布にくるまってPC叩いてます)
おっしゃる通り、厳しい現実に直面している中、前に進める人が牽引者になって、復興へ向けて行けば、より早い復興もあるでしょう。
ポジティブにポジティブに・・・・そんな方々の心の体力になれるよう、僕らも頑張ります。

hanaさん
衣・食・住、そして医・職・習・・・・
まったくおっしゃる通りです。
それはきっと、長い戦いになります。でもその戦いに参戦する人は少なくありません。
僕もその一人でありたいと思っています。
そして笑顔で楽しめる日々が、きっと戻って来ます。
その日まで、どんなに些細でも、できる事をやって行こうと思っています。

yooさん
大切な事だと思います。
被害地域外の僕たちは、被災を共有したいというムードにかられます。
もちろんそれは間違った考えではないと思いますけど、僕はまず感情的になりそうな所を冷静になって、自分の立ち位置をしっかり考える事が大事だと思います。
(そうしたら、買いだめなんかももっと減りますよね)
病は気から、ではないけれど、気持ちが沈むと、身体も病みます。
そして、自分が元気でないと人を元気にできないと思うのです。
おっしゃる通り、それぞれの立ち位置でそれぞれにできることがあります。
それを考えて行きましょう。

北のチビタレさん
子供の笑顔や一生懸命な姿は本当に元気になります。
子供たちはきっと色々考えて、色々思いを抱えて大きくなって行くと思います。
そうした思いが、きっとこれから芽を吹くと思います。
職業を選ぶ時や、大きな困難に遭遇した時や・・・・被災した人と知り合った時に。
「その時、恥ずかしくない生き方を今しとこうと思う。」
僕の方が教わります。ハイ、そうしたいです。

あいりさん
楽しむ事も大切だと思います。
少々不謹慎かもしれませんが、「笑う門には福来たる」。
喜怒哀楽がちゃんと動かないと、心が不健康になると思うのです。
まずちゃんと自分たちを上げて、まわりを上げて行く方法を一緒に考えましょう。

ゆみこさん
お子さんは卒業なのでしょうか?おめでとうございます。
僕の子供も間もなく小学校の卒業式です。
行事やイベントは変更になり、給食はあるものの、牛乳などはなく毎日水筒を持って行ってます。
この「いつもと違う」日常から彼らが何を学ぶのか・・・・
被災地での卒業式の映像は心を打たれます。
願わくば、我が子もそれを心にちゃんと留めて大きくなって欲しいと思います。
もちろん僕自身も。

るか@宮城さん
被災された方の言葉は心に響きます。
その辛さ、恐ろしさは想像しても想像しきれないもの。
「楽しもう」なんて僕の文章が被災された方々を傷つける事がないか、それが心配です。
るかさんの今の現状には、僕のどんな言葉もきっと空虚なものでしかないと思います。
しかしながら、少しでも活力の源になれればと、一生懸命仕事をして、言葉を発信したいと思います。
娯楽の少ない、また楽しめない環境だとは思いますが、少しでもポジティブに日々を過ごして行かれますよう、お祈り申し上げます。
「相棒」をご覧になったというお話が、何より僕自身も活力になりました。
逆に元気を頂きました。
本当にありがとうございます。
頑張って下さい!
東北を舞台公演で回るという大きな目標を自分にたてました。
あ、確定申告という小さな目標も完了しました!(笑)

momo-chan~♪さん
本当に同じ気持ちです。
以前、「あなたまでの6人」という舞台をやりました。
人間、6人の知り合いを介せば世界中の人とつながることができるという意味です。
合衆国大統領、エスキモー、戦争で闘っている軍人から、ベトナムでお米を作っている農民まで・・・・
今回の被災された方も、確実につながっています。
(しかも6人も介する必要なく、おそらく1人か2人でつながるでしょう)
その意識を忘れずにいれば、どこかで非力な自分にも役に立つ時が来ると僕は信じています。
そのためには今をしっかり過ごさなくてはと思います。
五感を思い切り使って、子供たちとレッスンのお時間をお過ごし下さい。

れいさん
ごもっともだと思います。誤解を与える内容で反省しております。
本当にそうですね。
僕自身も電車が動くかどうか、心配しながら出かける一人です。
もちろん、どんなことでも電力や安全を確保した上で、ということになります。
物理的に許される範囲内で、精神的な豊かさを回復できれば、と思います。
それは必ずしも舞台公演やコンサートを行うべきということではなく、日々の楽しみを大切にしたいという事でした。
今、舞台公演を抱えている、もしくは目前に控える知り合いたちは、それを話し合い、悩みながら皆で答えを模索しています。
ご指摘をありがとうございます。

|

« こんな時だから | トップページ | 春雨 »

コメント

こんにちはm(__)m久しぶりに書き込みします。増沢さんのブログを読んで涙ぐんでしまいました。増沢さん、皆さんの暖かい言葉や気持ちはこうして繋がり気付く事がたくさんあるんですね、
私は北陸に住んでいて震災の被害は無かったのですが、毎日ニュースを見て多くのショックを受けました。ここで何ができるのか、冷静に考えて周りの友達と話しをしたりして、毎日の生活の大切さに気付く事が沢山あります。
今、大変苦労をされている方々が沢山いらっしゃる中、私事で恐縮なのですが体を壊し手術をする事になり、急な事で、20代で病気になると思っていなくて日々あまり健康管理もせず過ごしていました。そして毎日の震災の情報を見て、命の大切さや1人1人の気持ちの大切さ、周りのみんなの大切さがここ数日で身に染みて感じて、こんなちっぽけな私ですが、大きな事を語れるようなものではないですが、毎日を大切にしたい、笑いたいしみんなも笑顔でいてほしい、そう思うようになりました。 
元気になるよう頑張ってきますので、どうか皆さんも元気で笑顔になりますように…

投稿: ゆきこ | 2011年3月19日 (土) 13時43分

レスありがとうございます。
私は横須賀市在住ですが計画停電で一時、市内にまったく電車が通らなくなりまいた。横須賀・三浦地区から都内まで通勤している人も多いのでみんな疲弊していました。
そして、私の所は一度も実施されないで昨日対象外になりました。米軍基地と同じ送電網だからじゃないかと言われていますが・・・
自主節電に努めたいと思います。
娯楽や楽しみは大事ですが、選手会の意向を無視してのセリーグの通常通りの開幕決定にはがっかりしました。せめてナイトゲームは自粛してもらいたいと思います。
NHKは深夜の教育テレビとBSの放送を自粛しましたが、民放も考えてほしいですね。


投稿: れい | 2011年3月19日 (土) 15時29分

レスありがとうございます。

北の大地では、選挙カーや演説など控えてくれています。
そういった関連の催しも自粛してくれています。

舞台など、物理的に無理だったものは中止になりました。
しかし、変更なく上演されるものもたくさんあります。
北海道は電力が今のところ足りているそうです。(送電しても)
ですから、公演し、人々が集まり、募金活動を。という形で
力を合わせる。という事を視野に入れ始めました。
この地に足をつけてできる事を。

報道は、人々が「報われる道」を伝えてほしい。
願って、祈って、伝えました。

師匠から教わりました。言葉です。
「顔晴って(がんばって)こーーーーー!」

ありがとうございました。
そして、増沢さんのブログにコメントを寄せている
皆さんからも、たくさん教わりました。
勝手ながら、感謝致します。ありがとうございました!

投稿: 北のチビタレ | 2011年3月19日 (土) 18時41分

前回のブログのコメントへ、ルールを曲げてまで今回あえてお返事されたのを拝見して、コメントに対しての増沢さんのお気持ちがあふれていて、ジーンと気持ちが暖かくなりました。
震災からテレビはずっと地震関連の報道で、被災した方々のことを思うと、本当に辛い気持ちになっていました。チャンネルを変えたらバラエティ番組になっていたのを見て、正直、「えっ、もう?」と思ってしまいました。
でも、地震報道ばかり見ていたら、気持ちが重く、切なくなってしまいました。そんな時、私もBSで増沢さんが出演されていた「相棒」を見て、ホッとしました。これが、増沢さんが17日付でおっしゃっていたことかな…と思ったのでした。
私の家は、計画停電の範囲に入っていなくて、なんだか申し訳ないような、後ろめたい気持ちになっています。
そこで、エアコンも控えて、私も増沢さんのように毛布にくるまって、買い置きしてあった使い捨てカイロを貼って、厚着して、ショールをかけて編み物をしています。今、私にできることは不要不急の外出を控えて、節電に努めることぐらいです。
復興に向けては、まだまだ長い時間が掛かると思いますが、少しでも早くと、祈るばかりです。

投稿: リラ | 2011年3月19日 (土) 20時52分

こんばんは。o(_ _)oペコッ

いつも誠実で感性溢れる増沢さんのブログに感動してます。本当に真摯な対応されていて頭が下がります。

何も被害のない地域に住まう者としては、平穏に過ごせる日常に感謝すると共に、何か後ろめたさを感じてしまいます。

月並みの言葉ですが、被災された方々が一秒でも一分でも早く復興される事を祈る事しかできませんが、小さくても自分に出来る事をやって行こうと思います。

「止まぬ雨」はない、明けぬ夜もない、そう信じて前を向いて生きていきたいと思います。

最後に増沢さんのファンになって良かったとつくづく思って居ります(*゚ー゚*)

投稿: あぐり | 2011年3月19日 (土) 21時23分

このような状況がいつまで続くかわからない中で、誰かが一歩踏み出さなければ明るい世の中には戻りませんよね。とても勇気がいる事だと思います。そして、このような形で一人一人にコメントを残して頂けるとは思ってもいませんでした。ありがとうございます。増沢さんからのメッセージをしっかり胸に刻んでおきます。(大袈裟ですか?)最後に、増沢さんのお芝居をなかなか見に行けない分、これからもブログで楽しませて下さい

投稿: ぎりぎり | 2011年3月19日 (土) 23時11分

レスありがとうございます。
お言葉しっかり受け取りました。

いつも望さんや皆さんの思いや考えで人生勉強させて頂いています。
ありがとうございます。

うちの長男は、先週計画停電の為、給食がなく、お弁当と水筒を持って小学校に行っていました。
やはり行事やイベントは、延期や中止になっています。
次男は、幼稚園の卒園式の途中で計画停電で電気が消えたり、お別れパーティーが中止になってしまいましたが、この現実をしっかりと心に刻んで、学んで、大きく成長していって欲しいと思います。
私自身もしっかりと考えていこうと思います。
頑張ります!

投稿: あいり | 2011年3月20日 (日) 00時00分

レスありがとうございます。
他もみなさんのコメントを読んでもいろいろと教わることが多かったです。
この間の新聞に2面にわたって、北洋と道銀へ振り込みをしてくれた人たちの名前がズラッと載っていました。お金のことだけじゃありませんが、みんな出来ることを自分なりに行動に移しています。
なんだか日本人でいることを誇りに思えました。

投稿: yoo | 2011年3月20日 (日) 00時03分

まさかここでレスがあるとは!
空虚なんかじゃないですよ!すごい励みになりました!もっと自信持って下さいよ(笑)

私はかなり幸運な方だったと思います。人によって捉え方も違います。でも、避難所にいても、同じ事を言える自分でいたいと思っているので言います。
優しい人程、変な罪悪感とか感じてしまうみたいですが、そんなの感じなくていいんですよ。
寄付や節約も無理しても続きません。それより、今だけでなく継続できる方向でお願いします。
これから長くかかる復興のどこかで皆さんの力を借りられるように。
もっともそうに書きましたが…ほとんど北の某番組のディレクターの受け売りでした。
でも、実際この地元の支援物すら捌き切れない状態では、行政やそれなりに組織化している所を通さないと余計混乱するんですよ。
普通タイヤの応援車がスリップして輸送ルート止めたとかね。
それに、仙台の観光やイベント関係では中止で先の見通しも立たないからと解雇されたり、自宅待機で数ヶ月収入が無くなる人も出てきています。
自粛もいいけど、そういった悪影響もあると知って欲しいです。

特に東北人は、遠慮がちなんです(笑)
余裕のない相手に頼るのは悪いので、安心して頼れるように力をためてて下さいな。

投稿: るか@宮城 | 2011年3月20日 (日) 00時08分

こんばんは。
お返事ありがとうございます。

「あなたまでの6人」
ステキなお話ですね。観てみたかったです。
もしもそんな風に、国籍、年齢、性別、職業問わずで知り合いになれたら…
お互いに足りないものを補い合い、高め合って、支え、助け合って行けますかね…?
きっと今回の原発の処理&処置なども、もっと早く対応できていたのかな…?
なーんてね。

人と人が繋がってゆくのは、点と点が線になって、やがて何かが描き出されてゆくみたいで素敵です。


先程、フランス軍がリビア空爆を準備…とのニュース速報が入りました。
「リビア国民を守るため」らしいのですが、ちょっとショックです。
戦闘以外での道はないのだろうか…?

投稿: momo-chan~♪ | 2011年3月20日 (日) 02時56分

お返事ありがとうございました。増沢さんの思いがひしひしと伝わってきました。あたしは川崎の小学校に勤務している学校事務職員です。卒業式は行う側でした。保護者も子ども達も笑顔で巣立ちました。その時間帯には停電も地震もなくホッとしました。被災地で全国大会に出るはずだった合唱団が歌っていました。歌う側も聞く側もなんていい顔をしているのだろうと思いました。
節電や輸送で被災地に迷惑がかかるものを除いては、自粛することばかりがいいことではないと思っています。見に来ることができない人がたくさんいるかもしれないけど、いつか必ずいろんな形で披露できるはず。被災地の方々はむしろ自分たちのために取りやめになってしまうイベントの数々に心を痛めてはいないでしょうか?自分ならそう思います。被災していないあたしがそんなことを言っても、全く説得力はないとは思いますが、とにかく増沢さんは役者として、また舞台を創る人として出来る限りのことをやって下さい。いつもよりもっともっと気合い入れて。
被災した増沢ファンは増沢さんが元気で頑張っている姿を見たいと思っているはずです。皆さんも書いてますが、今大切なのは自分の立ち位置を守り、それぞれの持ち場で奮闘することなんだから…

投稿: ゆみこ | 2011年3月20日 (日) 08時29分

お返事有り難うございました。
ビックリすると共に、凄く嬉しかったです。

ケログを読んだ方たちは、増沢さんの言葉に、元気や勇気や喜びを頂いていると思います。

増沢さんは、素敵だし、演技もお上手だし、いろいろな才能もお持ちですが、ブログに見られる考え方や優しさに、凄く引かれるんです。

そして、今回の震災でも、真っ先に思い出したのは、増沢さんがお好きだというので、探して読んだ、レイモンド・カーヴァーの「ささやかだけれど、役にたつこと」でした。

どんな時でも、ちゃんと食べて頑張って生きていかなきゃならない・・・

せめて、被災地の方が、早く、温かいものを十分に食べられるようになりますように。

投稿: みどり | 2011年3月20日 (日) 20時45分

久しぶりにコメントさせて頂きます
ブログは欠かさず読ませていただいてました
いろんな事の中で人は生きています
私は増沢さんのブログで心を動かされてる一人です
そしてブログを書いている一人でもあります

増沢さんのブログを楽しみに温かく見守っていきたいです^^

投稿: とのこ | 2011年3月21日 (月) 07時51分

まずは,今回の震災で被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。
前々から楽しみにしていた舞台のチケットがとれ,振り込みを予定していた矢先に地震が発生しました。当然ながらそんな気持ちにはなれず,チケット代は義援金に変わりました。 楽しみごとなんて慎まなければならない・・・当分は舞台も好きな寄席もやめよう。そう思っていました。 でも増沢さんのブログを読んで少しずつ気持ちが変わってきました。
今元気でいる人たちがより元気でこの国を引っ張っていかなければならないのですよね。 そのために必要なことだってあるのです。
ある落語家さんも高座に上がるのをとてもためらい悩んでおられました。 台本通りの芝居とはまた異なり,本題の演目に入る前に枕の部分で時事的な話題を取り入れたりして笑いを誘う場面があるから尚更悩むところなんだろうと思います。
でもその方もお仲間と話し合う中で自分たちの存在意義を再確認し頑張っていく気持ちになったようです。
毎日行われる計画停電・・・夜間の時間帯はできることも限られ,気が滅入りがちですが,好きな音楽を聞いていると心が安らいだり元気になったりします。音楽の力ってすごいですね♪ 増沢さんがおっしゃっていることもこれに似たことなんだなと思います。
今回の震災で私達はこの先考えていかなければならない課題が沢山与えられました。
支援の心も一過性であってはならない。 食べたいもの,ほしいものが夜中でも簡単に手に入るような便利すぎる生活を見直す時なのです。 節電も今だけの話にしてはいけません。
これからの日本に活気をもたらして立ち直っていくためには,心が元気じゃなくちゃ! それにはほんのいっときお芝居やミュージカルを見て自分の中でオン・オフを上手にすることも大切かなと思い初めています。
まとまりのない文を長々とすみません。
このブログを読んでいる皆さん,長い目で被災地のことを考え細く長く協力できることをしていきましょう。

投稿: NEKO | 2011年3月21日 (月) 15時30分

レスありがとうございました。
支えられていることを日々かんじています。
立ち止まっていても、容赦なく、朝は来て夜になる。やっぱりできることをやるしかないとも思っています。誰かが背中を押してくれる。疲れたときに、手を握ってくれる。肩の力が入りすぎているときに、笑わせてくれる。
一人で意固地にならず、受け入れることも大事なんですよね。
このブログに立ち寄って時々、深呼吸をしたいと思います。ありがとうございました。

投稿: hana | 2011年3月23日 (水) 16時59分

誰か私を助けてください

投稿: 志津子 | 2011年8月21日 (日) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メッセージに・・・・:

« こんな時だから | トップページ | 春雨 »