« こくなん | トップページ | メッセージに・・・・ »

こんな時だから

地震被害・原発事故と、毎日心が締め付けられる報道が続いています。
心穏やかではない日が続きますが、それでも日がのぼり、時がいつものように刻まれます。

情報を得たいと、なんとなく一日中テレビをつけてしまいます。
否応無しに入ってくる、被害状況・原発不安。

「事態は深刻です」というプレッシャーに、浮かれたことはできないんだという空気が漂います。
バラエティーもなければ、ドラマもない。
CMだってほとんどがAC(いけないという事ではないですよ)
重苦しい報道番組が続きます。

でも、こんな時だから、日常を忘れてはいけないと思うのです。
五感を使って、ちゃんと笑い、ちゃんと泣き、おいしいラーメンを食べたいと思い、観たかった映画を観る。
今の世の中の流れで、様々な歌舞音曲が自粛する流れにあります。
それほどの事態だという事はもちろんわかります。
でも、日々を楽しむのは決して不謹慎なことではありません。

一時、浮き世を忘れて自分をリセットする。
そして、今の困難に立ち向かう力を得る。
よし、頑張ろうと思う・・・・・
(少なくとも、僕らの仕事はそのために存在すると思っています)

今、中止せずにあえてコンサートや舞台公演を行うということは、興行側のそんな思いも込められています。

僕はそれをお客様に提供する側の立場なので、思うのです。
楽しむことを考えて下さい。
それは決して悪い事ではない。

|

« こくなん | トップページ | メッセージに・・・・ »

コメント

パチンコ店店員です。
増沢さんのブログを見て少しほっとしました。職種は違いますが、増沢さんの言葉で気持ちを切り替える事ができました。ありがとうございます。私のお店ではおとといから節電の為に、外壁の照明やその他のネオンを消したり、店内の照明を少し落とすなどしてます。会社も考えてくれているんだと嬉しく思いました。

投稿: ぎりぎり | 2011年3月17日 (木) 14時34分

さすが増沢さん!
私も、「こんな時に」ではなく、「こんな時だから」派です。
たくさんの人が、日常とはまた違ったストレスを抱えて暮らしている中、「癒し」や「笑い」、日常の楽しみを取り戻す時間も必要だと思います。

現実も見なくてはいけないし、そういう気分になれない方もいると思いますが、可能な人から、立ち止まっていないで前に進んで行かないと、復興へ時間がかかるばかりだと思います。

私も、予定がどんどん中止になっているんですけど・・・

お蔭様で、昨夜から水が出ました。
そうしたら、今日は、計画停電、しっかり実施されました。
みんなで協力しあって、少しでも早く復興を目指したいですね。

投稿: みどり | 2011年3月17日 (木) 17時30分

被災した東北にいながら、沿岸と内陸の違いを報道を通じて実感しています。あんなにきれいな場所だったのに・・・。瓦礫の山が映し出されるたびに涙が出てきます。そして、報道されてない場所にも被災し、支援を受けられない人々がいるはずなんです。物資が届けられない状況にあるんです。

今、大変だけど、衣・食・住そしてもうひとつの医・職・習が整うまではつらい日々なのかもしれません。

出来ることを出来る限り・・・。
やってみたいと思います。
笑顔で楽しむことが出来るようになるまで。

投稿: hana | 2011年3月17日 (木) 17時45分

そうですね。望さんの考えに賛成です。

最近では被災地外の人たちが、楽しむことはいけないことだ、というムードになって心が病んでしまうケースがでているようです・・・

それは絶対にいけないことです!ただでさえお医者さんたちが不足している状態なのに、被災地外の人たちまで今回の地震のことで病気になるということは避けたいものです。

被災地外の人たちが一緒に気を沈めるのではなく、他にもっともっとできることがあると思うのでそれを自分なりに実行していけばいいと思います。

それぞれのことでみんな頑張りましょう!

投稿: yoo | 2011年3月17日 (木) 21時36分

こんばんは。
今日、地元の市民劇団の子どもたちと話しました。
自分たちに何ができるのか。
小学生にできることが、募金以外にあるのだろうか。それぞれが
考えていました。
結論なんてものはなくて、それぞれが、それぞれの胸に。

子どもたちは、(もちろん大人もですが)これから、被災した人と
きっと知り合いになっていくでしょう。
大きくなって、今被災した子と友達になったとき、何ができるのだろう。その時、何を伝えられるのだろうか。

「その時、恥ずかしくない生き方を今しとこうと思う。」

たくましく、生きていたと伝えたい。と言っておりました。
今の自分を精一杯。
歌、ダンスの稽古をしながら、大きな声をだしていました。
この子ども達を誇りに思います!

ジッとしてはいられません。
声だしていきますっ!!

投稿: 北のチビタレ | 2011年3月18日 (金) 00時15分

読んでいてなるほど!と思いました。

どうしても気分が沈みがちになっている自分がいました。

それぞれの立場で、今、出来る事をやって、この危機をみんなで乗り越えて行かないと!!ですね。。。

前向きに。
楽しむ事も大切に。

投稿: あいり | 2011年3月18日 (金) 01時22分

小学校では給食が中止になり、授業の切り上げ、行事のカットや前倒し等、ギリギリのところで、話し合いながら進めています。そんな中、今日は卒業式です。6年生にとって、一生心に残るものになるでしょう。被災地の方々は卒業生自体がいなくなってしまったところもあると聞いてます。想像力を目一杯働かせ、卒業式できることの有り難さを感じてほしいし、自分もしっかり感じとりたいと思います。自分たちのできる限りのことをしながら、自分にも優しくしてあげなきゃいけませんよね。そのために増沢さんが必要です

投稿: ゆみこ | 2011年3月18日 (金) 06時24分

増沢さんもご無事で何よりです。
被災地の割と中心にいますが、内陸は震度7とか6と言っても、場所によっては割と復旧してきました。
沿岸が津波に全部もっていかれ、山を越えてこちらにも避難してきた方々が沢山います。
寒い中、公民館や学校に避難している人がいるのに、自宅も無事でライフラインほぼ復旧していると「いいのかな?」と思い節制に努めてますが、電気復旧した日の夜、テレビは衛星しか入らず、ニュースを見ていてふと回したら、偶然「相棒」がかかって、しかも増沢さん出演の回で!節約しなきゃと思いながら見てしまいました。
で、何かホッとして、その後数日ぶりに変な夢も見ずぐっすり眠りました。
やっぱり、ストレスも溜まるし余裕もなくなるので、多少の楽しみが必要になってきます!
無事な地域は無理しない程度に応援してくれた方が、共倒れにならずに済むのでは…と計画停電の混乱をニュースで見て思いました。

ところで、確定申告間に合いました?被災地は期間延長してくれるみたいですが…。

投稿: るか@宮城 | 2011年3月18日 (金) 22時15分

こんばんは。

私もなるべく日々のリズムを崩さないように…と、心がけて子供たちのレッスンを続けています。
はっきり言ってピアノなんか弾いている場合ではないのです。
歌なんか唄っている場合でもないんです、一般的にはね。

でも、子供たちは求めて来ます。今まで通りの日常を。
来て、会って、顔を合わせて、笑ったり、泣いたり(地震や津波の事を話す時は、涙なしでは話せません)、怒ったり…。
(練習してこないところは今まで通りじゃなくて良いのですが…

増沢さんのおっしゃる通り、五感は大切です。
使わないとだめです。

最近、計画停電の事もあり、よく空を見上げます。
この空はつながっている…と、思うと私自身はちっぽけで非力でも、世界中の人々が応援して下さっている…と思えます。

…必ず復興できます。

信じて、希望を持ちましょう。

この場をお借りしてしまってすみません。

投稿: momo-chan~♪ | 2011年3月19日 (土) 01時15分

確かに楽しみは必要です。悪い事ではありません。でも電力の足りない時間は公演などを自粛してほしいと思います。
先日、急に電車が運休になったので3時間歩きました。私はその日だけですが、毎日ちゃんと帰って来られるか朝家を出る時心配しながら通勤している人が私の街にはたくさんいます。

投稿: れい | 2011年3月19日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな時だから:

« こくなん | トップページ | メッセージに・・・・ »