« 中日過ぎ | トップページ | あと4つ »

救援日

休演日ね。
絶対こう来ると思ったでしょ?
でも、ある意味では合ってるかも。
休演日でも他に仕事も入ってなく、今日はのんびり過ごしたらリフレッシュ。
この舞台の事、自分の仕事の事、色々考えました。
いい「一間」が置けたかな。

昨日は終演後、源とジュリアンと、ミツコ演出小池氏のトークショー。
あまりに自由な二人のトークが面白かった。
そして、小池さんは本当に人間観察が好きなんだなと実感。
(実は僕もそうなんだけどね)
途中、二人の口から僕の名前が。
内容は稽古中の僕のアドバイスやコメントが、ためになったというもの。
自分の名前を聞いてるだけでどきどきしたけど、後から考えると僕がその場にいる事を知ってての二人の謝意だったのかなと思うと、ちょっと胸が熱くなった。
(本当に大した事は言っていないのだけどね)
才能があって、吸収力のある二人。
これからの飛躍、そして再会が楽しみです。

そして、石巻の友人から荷物が届いた。
彼は僕の演出した芝居の役者で、俳優業を休んで親父さんの水産加工会社を手伝っていた。
本当に良い役者だった。
彼から届いた荷物は「サケのフィレ」しかもたくさん。
びっくりして連絡を取ると、「もうお客様に出せるものではないのですが、廃棄はあまりにもったいないので、知人に個人的な贈り物で送っています」という事だった。
届いたサケは、彼らの無念の思いが詰まったもの。
見ているだけで胸が詰まった。
無邪気に「おいしい!」と食べている子供達を見て、飽食の国にあって、その「もと」に対する思考が停止していた自分を恥じた。

じゃあ、「何ができるのか?」という大命題。
僕は演劇人。
演劇で何ができるのか。
具体的には何もできない。
お腹もふくれないし、産業も回復しない。
でも心の滋養にはなるかもしれない。
「明日も頑張ろう」って思ってもらえるかもしれない。
ひととき日常から解放されて、夢の中で遊んでもらえるかもしれない。

そんな事を信じながら、明日も舞台に立って、カーテンコールにあの歌を心を込めて歌うしかない。
だから絶対最後まで、演劇的探求を忘れない。

さらに、色んな方から、色んなご感想メールを頂いた。
それぞれに色んな見方、色んなご意見があった。
一つ一つがありがたく、耳が痛く、勉強になった。
そして共通することに気づいたのが、みなさん「MITSUKO」に、あるいは「演劇」に、非常に深い愛情を持っていらっしゃるということ。
昔、ある大監督が、映画評論家に対して「愛がないじゃないか!」と逆批判していた事を思い出します。
愛情があるから評価できる。
応援もするし批判もする。
そんな愛情あふれたメールを一つ一つ読み返しています。

そんな一日、とっても考えた一日。
だから長くなってしまいました。
読んで下さってる皆さん、すいません。

写メは子供達シリーズ。
マスケラーデに出たいらしいよ。(笑)
いちか(左)にいたっては、きんきらきんの衣裳まで用意してた。
ホントかわいいね。
そしてキョンちゃんとシン。
キョンちゃんは皇后様。
シンは中国人のバック転とカメラマンが必見です。

さあ、明日も頑張ろう。

3


|

« 中日過ぎ | トップページ | あと4つ »

コメント

良い救日をお過ごしだったんですね

投稿: ぽかぽか。 | 2011年6月22日 (水) 00時18分

いつも、拝読してます。
演劇への情熱、又、お人柄がダイレクトに、伝わって大好きなblogです。

石巻の方の件は、読んでいて泣いてしまいました。まだまだ、被災地域は、大変な状態ですもの。今回、政府が後手に動くなか、私は芸術に携わる方々の活動が1番印象に残ってます。ご自分の世界で、出来うる事を力一杯されていて何度感激した事か…。私も、舞台から、沢山の前向きな力を、流し込んで貰えました。頂いた力を、有効に使いたい希望の連鎖になりますものね。

これからも、応援させて下さい
素敵な舞台、ありがとうございました。

投稿: きみこ | 2011年6月22日 (水) 01時40分

いい休日 リフレッシュできて良かったですね 石巻の方の話し胸があつくなります 直接何もできなくても 仕事など一緒懸命する事でいいと思います 想いは伝わりますよね

投稿: りえ | 2011年6月22日 (水) 08時38分

誤変換なのに、むしろ意味は合っているのが面白いですね。
しばらく暑い日が続くらしく梅雨真っ最中なのに真夏日…体調には気を付けて下さいね。

地震直後の内陸では、スーパーで要冷蔵の物は全て廃棄されてました。
個人経営のところは従業員や近所などに(あくまで自己責任で)配ったりしたみたいですが、大手はそれすらできないらしく生ゴミの山。
欲しい人がいて今ならまだ食べられる物があるのに、企業ルールで捨てられる…後からクレームになると責任取り切れないのはわかるけど、もったいないですよね。
沿岸の避難所では三日前のおにぎりとかで食いつないでいたと聞くと、もっと何とかできなかったのかと思います。
難があってもそれを買う側が理解していれば安く売ってもらえる方がありがたいんですけどね。
後から難癖つける人もいるだろうし、難しいのかな…。
食べ物の大切さとか、麻痺してしまっている事が多すぎる気がしますよね。

投稿: るか@宮城 | 2011年6月22日 (水) 14時22分

もちろん、そうくると思ってましたよ

休演日は増沢さんの救援になったみたいですが、
増沢さんは、日頃からたくさんの人を救援していますよ

もうすぐ観に行きますから、期待が膨らみ過ぎちゃっている私にも、感動をくださいね

投稿: みどり | 2011年6月22日 (水) 22時09分

うん、うん、そうくると思いました

のんびり出来て色んなコト考えて、いい時間でしたね

それぞれ色んな思いがあると思いますが、読んでいたら私も今日も頑張ろ〜!って思いました

やっぱ望さんは、私のパワーの源なんだなぁ〜って改めて思いました

投稿: あいり | 2011年6月23日 (木) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救援日:

« 中日過ぎ | トップページ | あと4つ »