« ボランティア報告その3(13日ボランティア編) | トップページ | ナツ、台風。 »

ボランティア報告その4(13日ミニコンサート編)

合流して、すぐにばたばたと打ち合わせ。
車の中で移動しながらリハーサル。
二人とも時間のない中で、やりくりして来てくれました。

Dscf0052

6時からのステージの前に、どうしても二人に被災場所を見て欲しかったので連れて行きました。
前の日の僕らと同じように、声を失う二人。
マテは何度も「Jesus・・・」と呟いていた。

Dscf0054

そして、本日の会場である、紫神社に隣接する「紫会館」へ。
商店街の寄り合いをするような大きさの場所に、30人ほどの方が暮らしてらっしゃいました。
震災当初は、130人の方がいらしたそうです。
(なんと一枚のお布団をお二人で使っていた!)
6時の段階では20名ほど。
ところが、始めたあたりからあれよあれよ人が増え、40人ほどに。
ここもいっぱいになりました。

「西と東」を歌うマテ。
衣裳も持って来て、冷房もない中で汗だくになりながら歌っている彼の姿に、深い誠意を感じた。

346150871

ゴンちゃんはさすがに芝居気たっぷり。
歌はもちろん、語りでもお客さんを引っ張ります。
きょんちゃんは相変わらず女性を一手に引き受けて大活躍。
きょんちゃんのミツコに、僕と源が子役で参加。
(あまりに無茶なシチュエーション、許して下さい)
源も2回目はより芸達者な一面を発揮します。
時に切なく、時に強く、歌い上げます。
・・・残念ながら、司会の僕がとっちらかってぐだぐだでした。
しかし、そんな僕のダメさをカバーして有り余る皆のパフォーマンス。
お客様がどんどん歌に引き込まれて行くのがわかりました。

最後、「後ろを振り向かずに」を皆で練習。

これも当初、僕は不安でした。
被災していない僕らが、被災した方々に「後ろを振り向かずに」を一緒に歌いましょうと誘う。
ともすれば、傲慢な事なんじゃないか・・・・
尻込みする僕に、マテが「気持ちはわかるけど、大丈夫、やるべきだと思う」

やってみると、皆さんで一緒に大合唱!
そして、両日ともに、MITSUKOの世界が楽しんで頂けた・・・と、思う。
自分が臆病になっていた事が愚かに思えた。
ミュージカルの力をあらためて痛感した2ステージだった。

そして何度も記念写真。

346159865

自治会長さんが、最後にコメント。
「こうして生の歌が聴けたのは、震災から4ヶ月元気に生きて来たご褒美だと思います。
私たちは、これからこの地で生きて行きます。
皆さんも東京で頑張って活動されて下さい。
一緒に頑張りましょう!」

はい、本当に。
こちらが元気を頂いてしまった・・・・

その後、しばしお話を聞くことができた。
流された自宅の屋根で19時間漂流した話。
避難所での暖房と食料の確保の話。
どれも貴重で、決して忘れられない話だった。

皆さんに見送られて、そのまま一路東京へ帰る強行軍。
夜9時過ぎに出発して、東北道に入り、ひた走る。
途中の車内はミツコのカラオケをかけっぱなし。
(だって、それ以外のCD持って来なかったんだもん)
何ステージ皆で歌ったか分からない。(笑)
オールでカラオケのハイ状態。
ある時は合唱し、ある時が物まねで歌い・・・・
最後に源が「拷問だあ・・・・」
皆、僕が眠たくならないように気を遣っていてくれたんだと思います。
ありがたい限り。

おかげさまで無事朝に東京に着。
全員の家を回って、最後に自宅についたのは5時すぎ。
ちょうど48時間。
のべ、1200キロの旅でした。
皆さん、本当にお疲れ様でした。

きょんちゃんのツイッターにも写真がいくつかUPされています。
そちらも是非ご覧下さい。

◎銀河英雄伝説Mas-Net先行予約

◎増沢望ワークショップin札幌


|

« ボランティア報告その3(13日ボランティア編) | トップページ | ナツ、台風。 »

コメント

本当に本当にお疲れ様でしたm(__)m
被災地の方々も思いがけず【MITSUKO】のミュージカルもどきを観れたので感動したでしょうねぇ~~~
それぞれ一人で何役も・・・さすがです(^^♪
きっとその一生懸命の気持ちは伝わりましたね!
お疲れ様でした
マテはもう帰っちゃうのですか?
トウコさんの【歌姫コンサート】には来て欲しいです\(^o^)/

投稿: | 2011年7月15日 (金) 21時12分

まる2日間、本当にお疲れ様でした

貴重な「MITSUKO」の公演になりましたね。
被災地の方々にとっても、素晴らしい出来事だったでしょうし、増沢さんたちにとっても、また、素晴らしい体験だったみたいですね

5人の皆さん、きっと役者さんとしても、人間としても、また一回りも二回りも成長されたんでしょうね。

何だか自分の無力感を感じてしまいます・・・

夜、なかなか携帯では見られないくらい、アクセスが集中していたみたいですよ

たくさんの人が読ませていただいて、いろんな事を考えている事と思います

本当にお疲れ様でした

投稿: みどり | 2011年7月16日 (土) 02時30分

いつでも、どこでも、どんなときでも、本物は伝わるんですネ。素晴らしいステージだったことでしょう。子役の増沢さん見たかった。歌も皆さん嬉しかったのではないかと思います。実行してきた増沢さんはすごいです!しばらくゆっくり休んで下さいね。

投稿: もぐゆみ | 2011年7月16日 (土) 06時41分

素晴らしいです。これは、増沢さん達でなければ出来ない事ですね。震災後、私は被災地からは、離れてましたが、『後ろを振り向かずに』で俯きがちだった自分を励まされ、背中を押して貰えたから、ご覧になられた方々も感慨無量だったと思います。
次回は、全員で回れたら素敵ですね

投稿: KIMIKO | 2011年7月16日 (土) 19時00分

被災地を一目見て帰りたい。の一言から始まり、ボランティア、ミニコンサートと、増沢さん方々の行動力、連携プレーに驚かされました。マイペースな私なので、仕事でそんな力が発揮できたらなぁ。としばらく考えてしまいました。
今回のミュージカルで、どれだけメンバーとの絆が深まっていたのかが凄くわかりました。
コンサートも被災地の方々に喜んで頂けて本当に良かったですね。
ボランティア活動の話も勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿: ぎりぎり | 2011年7月17日 (日) 19時49分

お疲れ様でした

とても貴重な体験でしたね。
実際に目の当たりにしないとわからない事がたくさんあるんだろうなぁ〜と。
皆さんのお心は、充分に伝わったと思います
素晴らしい活動だったと思います

投稿: あいり | 2011年7月17日 (日) 23時25分

舞台を終えたばかりでゆっくり休みたいところを,被災地に向かわれた行動力を尊敬します。
自分は一体何をしているのだろうと恥ずかしくなります。
今でも被災地のニュースや話を聞くと胸が痛くなり重い気持ちになって,バカ笑いしたり楽しい時間を過ごしていることに罪悪感を感じることがあります。。 でも元気な日本を築いていくためには私達が健康な心で前向きに過ごしていくことが大事と思い,そのバランスのむずかしさを折りにふれ感じています。
来週から私の娘もボランティアで被災地に出向きます。彼女にも精一杯頑張ってきてほしいと思っています。
増沢さん,しばしゆっくり休んで下さいね☆

投稿: NEKO | 2011年7月18日 (月) 22時51分

往復とも一人で運転手したんですか?お疲れさまでした。

そんなに直前に決まったとは!それで、これだけの事ができるって、流石、プロはすごいですね。
即、許可を出してくれた関係者さんもすごいです!

混乱するからボランティアは団体を通して…と言われてますが、通しても混乱す
るものはするんですねぇ…。

投稿: るか@宮城 | 2011年7月19日 (火) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア報告その4(13日ミニコンサート編):

« ボランティア報告その3(13日ボランティア編) | トップページ | ナツ、台風。 »