« ゲージツな夏 | トップページ | 熱弁 »

フーヒョーって奴は・・・・

今朝新聞を見ていたら、やりきれない記事が。

【東日本大震災で津波になぎ倒された岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」の松で作った薪(まき)を、京都の伝統行事「五山送り火」の大文字で燃やす計画が中止になった。放射能汚染を心配する声が京都市などに寄せられたためという。主催する地元保存会は「世論をみて難しいと判断した」。400本の薪に書かれた鎮魂の思いは、広がり続ける放射能不安にかき消された。】

Osk201108060145
※記事より転載

【薪は市内の避難所や旅館などに置き、被災者がメッセージを書き込めるようにした。話を聞きつけた人たちが市外からも訪れ、400本ほど集まったという。「いつまでも空の上から家族を見守って下さい」「お袋殿 オヤジと仲良くやってくれよ」。1本1本に、亡くなった家族の元へ届けたい思いがフェルトペンでつづられている。遠くからわざわざ来て『天国に伝えて欲しい』という人もいた】

・・・・ひどい話だよ。
全てが流された街で、景勝地の松として大切に育てていた松に、鎮魂や希望を込めて書いた薪を、送り火として燃やそうという企画・・・なんで中止になるのか全く理解できない。

【企画が報道されると、「放射性物質は大丈夫か」「灰が飛んで琵琶湖の水が汚染される」などと不安がる声が、保存会や京都市に電話やメールで数十件寄せられた。市と保存会は7月下旬、すべての薪を検査し、放射性物質が検出されないことを確かめた。保存会では「これで大丈夫」との意見が出る一方、牛肉などの放射能汚染が問題になる中で、「放射能への不安を完全に取り除くことは、世論をみると難しい」という慎重論が消えず、苦渋の決断をしたという。】

福島第一原発から陸前高田なんて200キロは軽くありますよ。
そもそも全ての薪を検査して「問題なし」なのに「不安を取り除く事は不可能」だったら何で検査するの?
灰が飛んで琵琶湖の水が汚染されるなんて、風評被害も甚だしい。
こんな無知な意見が中止要因になったのかと思うと、本当に腹が立つ。

【代わって保存会は、鎮魂と復興への思いを受け継ぐため、薪に書かれた被災者全員のメッセージを護摩木に書き写して、16日に大文字で焚(た)くことにした。陸前高田市にある薪は、保存会の会員らが8日に現地で「迎え火」として燃やすという。】

何とも残念な感じ・・・・
皆それぞれに最善の策を色々と考えていらっしゃるのだと思うけど。
イメージだけで発した意見や判断が、どれだけの人々の気持ちを踏みにじり、傷つけることになるのか、風評は文字通り風のように広がり、罪悪感のない差別を生む。
そのうち「福島の奴との結婚は許さん」なんて平気で言う人が出てくるんだろうか。
激しい怒りと同時に、僕も一つ間違うと「加害者」になり得るんだという、怖さを感じた。

ああ、ネガな事書いちまった。
だってすごく腹立ったんだもん。
※記事を読みやすいように抜粋、編集してますが、内容は変えておりません。

◎今月札幌にてワークショップやります!
札幌、および近郊の皆さん、よかったらぜひご参加下さい。
ためしに1回やってみて、面白かったら残りも受けてみたい、というのもアリですよ。 
◎増沢望ワークショップin札幌

|

« ゲージツな夏 | トップページ | 熱弁 »

コメント

ほんとに残念な話です。全国あちこちで起きてる差別と全く同じ問題だと思います。

投稿: | 2011年8月 7日 (日) 17時48分

私は、あるスーパーで勤めています。
震災以来、お客様に「この牛肉は大丈夫なの?どこの産地なの?」と聞かれます
その度に、その牛肉が何県産かを調べて答えています。
「地産地消」が低いと言われている日本なのに
この風評被害は、あまりにもヒドイと思います。

人間に食べられるように育てられた牛や豚達が、いつものように
与えられた餌を食べただけで処分されている現実・・・・。
「いただきます」という言葉は、食べられる食物に対して
「命をいただきます。ありがとうございます」という気持ちを込めて
言う言葉だと教えられました。なのに、どうしてこんな事に
なっているのでしょう?

話は変わりますが、BS放送見ました。私は大阪公演を一度観劇させて頂いたのですが、あの感動が蘇って来ました。
辛い事があると、「後ろを振り向かずに・・・」という歌詞を思い出して頑張っています。長々とすみません

投稿: ぺんぎん | 2011年8月 7日 (日) 18時34分

一概に風評被害と切って捨てるのはいけません。
実際に、 政府から安全だと言われていた肉が、後になって汚染されていたという事実をご存知ですよね?
直ちに健康に影響はないと言われていた地域の子供の尿から放射性物質が検出された事実をご存知ですね?

陸前高田側に立てば腹立たしいことでしょうが、京都側にとっては、万一にでも懸念が生じるものは受け入れられないのは当然でしょう。

投稿: | 2011年8月 8日 (月) 02時19分

おはようございます!

みんなどんな思いでメッセージを書いたのかと考えると非常に腹立たしいです(ー_ー)!!


ですが京都側にとってはちょっとでも問題でもあれば、ある種の人たちによって攻められてしまうのでこういう対応になったのでしょうね・・・

いろんな考えの方たちがいますからね。難しい問題だと思います。

投稿: yoo | 2011年8月 8日 (月) 06時24分

何度もすみません
「五山送り火」と食べ物の話を一緒にしてはいけませんね。
話を飛躍させてしまってすみませんでした。


投稿: ぺんぎん | 2011年8月 8日 (月) 08時31分

残念な話だと思います。そもそも何故陸前高田市の薪を京都の大文字で燃やす計画を立てたのでしょうか。
反対意見が出るとは思ってなかったのでしょうか?
そんな少数派の意見で中止にする位なら大文字の計画を立てるべきではなかったのでは?
そうすれば、こんな悲しい記事が出る事はなかったのに…。

投稿: ぎりぎり | 2011年8月 8日 (月) 13時43分

放射能が怖いのは分かりますけど、ちゃんと検査された、思いの込められた薪を、1度だけ、400本燃やす事が許されないのでしょうか・・・

被災地や福島原発から離れて暮らしている人の中には、そのくらいの思いやりや心の余裕を持てない人もいるんですね。

陸前高田より、ずっと福島原発に近い所で暮らしている私には、驚きのニュースでした。

投稿: みどり | 2011年8月 8日 (月) 17時44分

この件について、今日は朝からテレビでも取り上げていました。
夕方のニュースでは、今度は、なぜ高田松原の松を五山送り火で燃やす計画を中止したのかと抗議が来ていると、報じていました。
高田松原の松が薪として売られていることを知った美術家が発案したそうですが、福島の原発から遠い地の松を京都で燃やしたら、琵琶湖の水が汚染されるって…?!
しかも、検査して放射性物質は検出されなかったのなら、私もこれは行き過ぎた心配だと思います。根拠のないデマや噂に惑わされてはいけないと思いますが、そもそもこんな心配が出るのも、原発の事故後、本当に正しい情報が開示されたか?という不安感があるのも一因では? と思ってしまいます。
残念ですが、今となっては、せめて、書き写したメッセージが少しでも鎮魂の想いに届きますように…と祈りたいです。

投稿: リラ | 2011年8月 8日 (月) 18時47分

上でもコメント書いた者です。
結局、セシウムが出ました。
この日記こそ、京都に対する風評被害じゃないですか。

日記を公開する以上、きちんと反省してください。
放射能汚染問題は感情論では解決しないんです。

投稿: | 2011年8月12日 (金) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フーヒョーって奴は・・・・:

« ゲージツな夏 | トップページ | 熱弁 »