« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

メッカ

稽古前に、近くの商店街を散策。
そう、ここは聖地。
高齢者社会のメッカと言われるところです。

Sbsh0517

初めて来たぜ。
しかし、商店街は平日にも関わらず、大賑わい。
結構若い人もいっぱいいたりして。
ものすごく活気に溢れたところで、そのエネルギーに「おおっ!」となりました。
皆さんも一度いらしてみるとよろしい。

ふんふんと散策していると、いかにもご当地らしいお店発見。

Sbsh0519

日本一の赤パンツって・・・・・
店の中もまっ赤っか。

Sbsh0520

ご当地ならではですね。
さすがに店の中まで入る勇気はなかったけれど。(笑)
機会があったらまた来よう。
海産物系の美味しそうな食材屋さんもあって、ちょっとうきうきしちゃった。
しかし、それももう終わり。
ラスト通しをして、いよいよ劇場入りです。
気合い入るぜっ!
待ってろよ、国際フォーラムとその周辺の飲み屋!

Sbsh0534


| | コメント (5) | トラックバック (0)

昨日、京都おけ合わせだね

昨日、今日とオケ合わせです。
相変わらず、だだずべりの変換ですね。
つまり、稽古場にオーケストラの方が入って、芝居や歌と合わせて稽古するわけです。
そりゃもう、一気に「本番近し!」ムードが盛り上がります。

Sbsh0522

マイクなんぞも装着。
芝居で自分の声がいきなりスピーカーから聞こえると、びっくりして声が小さくなったりして。

素人かっ!

テクニカルな要素の多いミュージカルの現場。
まだまだ慣れない事にどきどきもありつつ、わくわくとしております。
しかし、芝居場もきっちり決めないとね。
まだまだ、自分の中ではシーンに「追いかけられてる」感覚があります。
これはまだ、芝居がちゃんと積み上がってない証拠なんですな。
それがシーンを「つかまえた」感覚に変わると、何となく決まってくるんですね。
なーんて、すごく個人的感覚のお話でした。
ちょっと自分へのハッパも込めて書いてみました。
ぎゃんばろう。

さて、オーケストラが入る前にはどうやって歌とか稽古したの?って思うでしょ?
この方々がいらっしゃるのです。
稽古ピアノのヒロコズです。
ヒロコさんとヒロコさん。
なんと同じお名前。(笑)

Photo

このお二人が稽古中、歌の伴奏も劇中音楽も踊りの音楽も全て弾いて下さるのです。
セリフを忘れた時は、音楽でセリフも突っ込んでくれます。

うそです。

そんなことは無理ですね。
僕らは自分の出てないシーンはお休みだけど、彼女たちはぶっ続けです。
本当に頭が下がります。
いつもニコニコと音楽を合わせ続けてくれるお二人。
本番になると仕事がおしまいという、文字通り縁の下の力持ち。
いつもありがとうございます。
もう少し、付き合って下さいまし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

寒くても稽古さ

稽古も徐々に中身を濃ゆくする作業に入って来ました。
それにしてもミュージカルはテクニカルな要素が強いので、詰めるのが大変です。
演出家の小池氏の頭の中はどうなっているのだろう?
常に全方位に神経を張りつめてなければならないのは、本当にすごいですね。
勉強勉強。
しかし今回は役者。
ともあれ、僕は自分の与えられたパートを深めるのみです。
ぎゃんばろう。

キャストの皆さんを見ていると、ホントに歌える、踊れることの素晴らしさを感じます。
表現の幅が広いって,素晴らしいことだね。
僕の一番の、というか唯一の武器は芝居しかないので、ここから存在感を増して行こう。
このカンパニーの中ででどうやって生きて行けばいいのか。
どうバランスを取ろうか。
徐々に物差しができて来てる感じ。
こういうのが楽しいね。

写真はおっさんネタにも付き合ってくれる優しい面々。
右からヨウスケ・まな・あべこ・みりい・ジュード・ロウ。

Photo


| | コメント (5) | トラックバック (0)

脂肪燃やすならトマトジュース!

というニュースを受け、今日さっそくトマジュー1Lを一気飲み、具合が悪くなったかえるくんです。

Sbsh0512

皆様、インフルが大活躍中ですが、いかがお過ごしでしょうか?
一日3杯のトマトジュースで、脂肪燃焼が促進されるそうです。
ニュースでやってました。
1L飲んだぜ。
脂肪、燃えまくりだぜー・・・・・
ああ、ぐええわりい。

いいですか皆さん。
過ぎたるは及ばざるがごとし。

そんなこんなで、寒さにも負けず、脂肪にも負けず稽古は進んでおります。
だいぶ皆様とも打ち解け始め、「増沢さん、こんな残念な方だとは思いませんでした」というお褒めの言葉を数多くいただいております。
わかって来たね、ワタクシという人間が。

稽古場をさらに大きいところに移し、これからは実寸のセットの中で稽古です。
思った以上に大きい。
これからが勝負。
どこまで詰められるか。
どこまで高められるか。
ストイックに頑張りつつ、おっさんパワー全開で皆をきゃーきゃー言わしたる。
うひひひひひ。
しょうがないでしょ。
それもそれで原動力なんだからさっ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

バレンタインはブラックコーヒーで過ごしたい

今日はバレンタインデーでございます。
チョコでうきうき。
ココロはウハウハ。
義理でも何でもいいから、愛をくださ〜い!
なんていう愛の日でも、こちとらお仕事でございます。

Photo

しかし、さすがキャバレー女優陣。
ちゃんとチョコお菓子がお茶場に並んでおりました。
中でも凄いのが・・・・・
チョコ・シャンパン!by紀香嬢!

Sbsh0508

ビンまでぜーんぶチョコでできています。
ラベルはセクスィー紀香嬢!

Sbsh0509

中を割ってみると、これまたチョコがぞろぞろ出てくるという、シロモノ。
しかも、超美味し!

Sbsh0510

あれも美味し!
これも美味ーし!

明日への活力とカロリーをしっかり蓄えた一日でした。
明日から燃やすぞ、俺!


| | コメント (7) | トラックバック (0)

電話をかける時は落ち着こう

先日、実家の母に突然かかって来た電話。

「あなた、私の亭主と浮気したでしょう!」
「はい?」

電話の向こうでヒートアップしている「サトウ」さんを名乗る女性によれば、彼女のご主人の浮気が発覚。
問いつめたところ、我が家の電話番号を口走ったらしい。
おそらく苦し紛れに適当に言った電話番号が、たまたま実家に当たったらしい。
何となく状況が飲み込めた母が彼女を落ち着かせようとするが、冷静な母の態度が「サトウ」さんには、浮気相手がクールに対応しているように感じるらしく、火に油。

「大体ワタシ、80に手が届こうとしているんですよ」(正確には77歳ね)
「嘘つかないでよ!声が若いわよ!」

いえいえ、本当ですから。

先日、長寿の祝いしましたから。
77歳でしたんなら、それはそれでアグレッシブで大したもんだけどね。
いずれにせよ声が若いと言われたのはいいことですね。

「うちの主人とつぼ八行って、モーテル行ったんでしょ!」

大学生かっ!

しかも「モーテル」かっ!

大体モーテルってmotorとhotelの造語で、車で行くホテルでしょ。
つぼ八の後、運転しちゃダメでしょ
「そのご主人は、何という方と浮気なさったんですか?」
「長澤まさみ」

笑うしかない。

そのご主人も、もはや狙ってるとしか思えない。
俺の母ちゃん、長澤まさみだった。
奥さんも気づこう、そこらへんで。
しかしヒートアップしている奥さんは結局、何回か電話をかけて来た後、最後まで母の言葉を信じず電話を切ったらしい。
向こうの番号も聞いたので、今度かかって来たら、東京から僕がかけることになった。
しかしまあ、何とか落ち着いて解決してほしいですね。

「えーと、すいません。長澤まさみの息子なんですが・・・」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

寒くても稽古するのさ

ちまたではインフルエンザが流行っております。
みなさま、十分お気をつけて。
稽古場では加湿器を大量稼働、湯気が立ちのぼる席を前に、杜さんが「熱帯雨林ね」(笑)

稽古は前半部分を固めつつ進行中です。
我が演出家は細かく演出しだすと、シーンを5分進めるのにも1〜2時間平気でかかるお方です。
こだわりの魔術師、小池修一郎大明神。
おかげで待ちの時間が続く中、僕と杜さんと稽古ピアノの太田さんで、バランスボール・ストレッチ。
「インナーマッスルを鍛えなくちゃね」
役者の一番の仕事は「待つ」事なのです。
待ちの時間も無駄にしないぜ、チーム・キャバレー。

ぼちぼち現場もなれて来たし、現場の写真もUPして行きたいと思っています。

Photo_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

せっぷん

うそ。
「せつぶん」です。
今日は節分。
鬼は外、福は内ですね。
稽古場は全体稽古がまだ始まったばかりですが、カンパニーが一気に盛り上がるアイテムが。
これを用意して来たのは、杜けあき先輩です。
さすが、押さえどころをよくご存知。(笑)

Photo

さて、鬼になるのは誰か。
そこは新人、大貫勇輔君。
自分の稽古が終わってホッとしている所を、
「大貫君、鬼ね」
「は?」

1

そして鬼に皆で豆をぶつけるんですが、さすがダンサー。
よけ方が華麗。(笑)
豆が当たらない。
節分になんないじゃん。
最後は皆で「ふくはうち〜!」って叫んで終わりました。

3

ナイスな人たちが揃ってる、ホントに暖かいカンパニー。
いい芝居になります。
楽しみにしてて下さい。
皆様にも・・・・・
鬼は外!
福は内!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »