« 初日から二日目通信 | トップページ | 祝って頂ける事のありがたさよ、って一日。 »

闘わない勇気を持ちたいと思うのよね、8月

記録的な猛暑が続く中、「巴御前」の公演も進んでおります。

我々は暑くても劇場に入ってしまえば平気ですが、お運び頂くお客様は炎天下の中、行き帰りするのですから大変です。

くれぐれも熱中症などにお気をつけ下さい。

さて、8月と言えば、日本にとっては「終戦」が切っても切れない記憶ですが、そんな終戦記念日が近づく中、憲法改正の動きが活発になっているようです。

ここ最近の日本はアジア諸国、特に中韓に対してあまり健全ではない関係になってしまっていますが、火に油を注ぐように進んでいる気がしてなりません。

集団的自衛権という言葉のもとに、憲法のリミッターを全部外してしまったら、早晩、戦争行為を合法的に行えるようになってしまうのではないか。

国際貢献とか、アメリカとの協調性とか、なんだかんだと理由はあれ、一度ささやかでも合法性を示してしまったら、そこからダムが決壊するように憲法の持つ「戦争行為の排除」という壁は、ばらばらになってしまうのではないか。

そんな懸念を抱く人も少なくないでしょう。

もう一つはそれでもいいやと思っている人が、結構いるということに驚くのです。

最近過激になってるヘイトスピーチを例にとっても、「だってあいつらが悪いんだもん,嘘つきなんだもん」的なやみくもな批判が正論としてまかり通って、しかもその支持者がここ最近増えているようにも感じます。

向こうも言っているんだから、こちらもというのはいかにも子供じみた論理に思えるのだけどね。

不景気になると、ナショナリズムが加速するのは傾向としてあるけれど、戦前逆行への道を辿っているような気がしてなりません。

戦争を知らない世代の子供がさらに子供を産んでいる今の時代、戦闘行為という物に対して想像が湧かないのかもしれません。

でも被害に遭うのは軍人よりもむしろ一般の弱い人々です。

世界的に戦闘地域、紛争地域を見ても、過去の戦争を見ても。

集団的自衛権の名の下に、日本の自衛隊の銃弾が他の国の子供に向くかもしれないのです。

今回はちょっと政治的な話を書いちゃった。

でもね、日本人が人に対して銃口を向けることがあってはならないと思うのです。

それが、あの戦争の過去を持ち、憲法9条を作った日本という国のアイデンティティーだと思うのです。

さて、再び話は変わって、「八犬伝」のDVDが発売されました!

ご注文はこちらから!

http://www.morisk.com/

20130809_14_23_42

|

« 初日から二日目通信 | トップページ | 祝って頂ける事のありがたさよ、って一日。 »

コメント

本当のことを知ってる人はいるのでしょう。
でもあたしはメディアから情報をえるしかないから、何が真実なのか、最近はわからない。
メディアに嘘をつかれたらそれまでだし。
嘘ではなくても、みんなそれぞれの都合のわるいことは流さなくて、自分にとっていいように作られちゃったら何を信じていいのかわけがわからないです。

投稿: ぽかぽか。 | 2013年8月13日 (火) 21時50分

はじめてコメントさせていただきます。
舞台よく観るし、増沢さんのブログ楽しいから覗かせて頂いてますけど、今日は背筋しゃんと延ばして読みました。
心から、「その通りだ!」と思います。

「武力で問題を解決する国になる」ということは、そういう論理を認めること。世界中がそういう論理で動くことを認めること。
他国の子供も殺すし、うちの子供が殺されることも起きるということ。

いま日本は危険な方向へ向かっていると思います。みんなでしっかり考えましょう。NO!と言いましょう!

投稿: MER | 2013年8月13日 (火) 22時10分

暑い中、お疲れ様です!!

戦争について、この時期になるとテレビで見たり、考えたりはするけれど、普段は全然考えずに、どこか遠くの事の様に思っている気がします。
大人がちゃんと伝えていかなくてはいけないのでしょうけど・・・。
人の親なのにしっかりしてないなぁ〜私・・・とつくづく思います。

投稿: あいり | 2013年8月16日 (金) 14時52分

 一介の主婦ですが、戦争を知らない世代ですが・・・。第9条が改正になった時の恐ろしさを思うと身がすくみます。わが子を戦争にとられる事など考えたくもありません。
 戦争になって犠牲になるのは戦争を起こしたお偉いさん達ではなく、常に庶民達です。
 憲法改正の先にあるのがどういうことか、安易なナショナリズムに流されること無くしっかり今の平和を守ることを考えたいと思います。
 と増沢さんのブログを拝見して襟を正しました。
 舞台頑張ってください。中々舞台には足を運べませんが、テレビドラマ等拝見して長くファンを続けさせていただいております。

投稿: 朝顔 | 2013年8月18日 (日) 17時22分

四万十川の気温より熱いメッセージですね!

終戦記念日が来ると、いつも戦没者に手を合わせ、平和を願います。
日本は、日米同盟と軍事力に守られてきましたが、現在、東アジア諸国との関係が深刻になっていて防衛力強化の意見が増加しています。

集団的自衛権は憲法九条では、行使ではないとされ、憲法の改正は、国会と国民の判断とされていますが、国は日本の現状を見直し議論することを期待します。
例えば
  ①日米同盟の強化。日本のできる範囲で国際協力をする。
  ②東アジア諸国との関係を大切にする。
  ③外交力を発揮。
  ④日本経済の復活。
  ⑤戦争を総括した歴史認識。

残りの舞台    クールな頭とホットな心で……    ⑥  

投稿: 実家 | 2013年8月22日 (木) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘わない勇気を持ちたいと思うのよね、8月:

« 初日から二日目通信 | トップページ | 祝って頂ける事のありがたさよ、って一日。 »