« そこかしこからクリスマスソングが聞こえるよ | トップページ | イブはぶいぶい言わせたいね »

今月は挨拶は「シワース!」で

いないね、そんな挨拶するヤツは。

シワース!
なんだかあっという間に年末ですわ。
今年もあと20日ないんですわ。
びっくりだね。
 
さて、そんな師走の最中、「奇跡の歌姫」の稽古が始まりました。
今回はフィリピンで戦犯として何年も収監されていた日本兵の役。
シベリア抑留の方は有名だけどね。
死刑や無期を宣告されて、ずっと戦場だったところに留め置かれるというのは想像を絶する辛さでしょうね。
ましてや、中には無実な人も大勢いたわけだからたまらないね。
 
その僕ら演じる戦犯たちが最後どうなるのか、そこに今の日本の進むべき道のキーワードがあると思います。
そのためにもこの物語は今やる意味があるのでしょう。
理不尽の塊のような史実が戦争の現実。
人が人の命を奪うことに積極的も消極的もないんですね。
20141209_18_50_39
 
そんな事を考えながらの稽古帰り、新宿で歩いていたら急に腕をつかまれた。
「!」
見ると東南アジア系の青年。
差し出した紙にはコピーを張り合わせた写真と「フィリピンに学校を」の文字。
「ボキン、ボキン、プリーズ」
正直言うと、「本物」かどうかわかりません。
でも募金しちゃった。
本当に学校建設に使われるなら良し。
フィリピン人青年のお小遣いになっちゃうなら、それもいいかって。
なんとなくそんな気持ちになっちゃいました。
多分、真偽のほどは重要じゃなく、フィリピンの戦犯を演じている僕とフィリピン青年の彼が新宿で出会うという偶然が面白かったんです。
 
不思議というほどでもなけど、少しだけ運命のいたずらエピソード。
 
というわけで、Mas-net予約始めました!
ホームページの「最新情報」のページからお求め頂けます。
年明けはぜひ横浜へ!
お申し込み頂いたお客様には、もれなく崎陽軒のシュウマイが付いてきます。
うそです。
でも舞台は面白いです。
これは本当。
 でも横浜って来るたびに美味しそうなものがいっぱいありすぎて、困るんだよなあ・・・ 

|

« そこかしこからクリスマスソングが聞こえるよ | トップページ | イブはぶいぶい言わせたいね »

コメント

駅で募金活動をよく見かけますが、実体がわからないのでいつも素通りしてます。

戦争による日本人捕虜を自国内に連行し、強制労働に従事された事は知っていますが、残念ながら暑い夏が来ないと思い出さないですね。

崎陽軒のシュウマイ弁当は大好物です。少し硬めで子ぶりのシュマイは、昔と変わらない味で、中に入っているあんずもおいしいですよ。       ⑲

投稿: 実家 | 2014年12月25日 (木) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月は挨拶は「シワース!」で:

« そこかしこからクリスマスソングが聞こえるよ | トップページ | イブはぶいぶい言わせたいね »