« 紅葉坂はきついから筋肉痛になるのよ | トップページ | 夢座終了 »

語りたいこと、語れないこと

毎日夢座の稽古が続いております。

昨日は「問天会」の方が稽古を見に来てくれました。
僕の演じる戦犯たちの収監されていたモンテンルパ刑務所から名前を取った留守家族会です。
お父様が助かった元死刑囚で、帰国後に誕生されたそうです。
稽古後お話を伺いました。
そこでわかったのは、戦争に行った方たちは決して全てを語っているわけではないということ。
 
考えてみればそうですね。
本当は無罪の方も大勢いたけれど、基本的には民間人を殺した罪で捕まっているわけです。
収監中は日本の家族も「戦犯の家族」という目を向けられ、中には結婚や就職を断られた方もいたそうです。
ひどい話だよね。
帰ってきた本人も決して誰にも言うまいと決めたこともあるでしょう。
むしろそういう人の方が多いのではないかと思うんです。
自分への目、家族への影響、罪の意識、「なぜ自分が」という不条理・・・・
 
戦犯に限らず、戦争に行って人と殺しあった話なんて、僕だったら子供には語れません。
それでも語っているのは、「風化させてはいけない」という使命感でしょう。
僕らは今残っている話が戦争の全てと受け取りがちです。
加害者としての戦争体験を語っている方というのは、本当に極々一部の勇気ある方々で、その裏には語れない封印された記憶が山ほどあるのだろう。
そんな印象を受けました。
 
南京大虐殺だって従軍慰安婦だって、もし関わっていたら「関わってました」なんて僕だったら絶対言わないもんね。
「記録がないからそんな事実はなかった」と断定する前に、今残されたわずかな勇気ある言葉から、その裏にあるものをどれだけ想像できるか、そんな理性的探求心をちゃんと持たなくちゃいけない。
実際の語り部たちがもう残り少ない中、その言葉を受け継ぐ世代に課せられたものを感じた一日。
「問天会」とは「天に問う」という意味を込めたそうです。
 
これはモンテンルパの刑務所。
いまだ現役なんだって。
1306031612_3

|

« 紅葉坂はきついから筋肉痛になるのよ | トップページ | 夢座終了 »

コメント

寒~い雨ですね!

先日、某新聞の夕刊一面に「奇跡の歌姫 渡辺はま子」の関連記事があり、モンテンルパ刑務所、ああモンテンルパの夜は更けての歌詞、歌手渡辺はま子と戦犯の交流、収容された戦犯の家族の想いをこの記事で改めて知りました。

戦後70年、憲法に守られ平和でいる事がどんなに幸せで又、多くの犠牲をうんだ戦争がどんなに悲惨かを忘れてはいけないと思います。

風邪をひかないよう、栄養のあるものを食べてしっかり予防してくださ~い。    ② 

投稿: 実家 | 2015年1月22日 (木) 14時14分

奇跡の歌姫 渡辺はま子 初日おめでとうございます!
そしてチケットありがとうございました。
母といってきました。
なんとパワフルで愛らしい方だったんでしょう。はま子さん。
増澤さんは超好青年で!でもそれだけじゃない、感じがね、(多くは語れませんが、初日ですし、はい)すてきでしたー。
短い髪もオットコマエでした。
帰りに母の子供の頃の空襲の話を聞いたりしました。よい機会をいただきました。
皆様お体気をつけて。すべての公演を終えられますように。
ではまた。

投稿: め | 2015年1月24日 (土) 18時21分

今日初日の舞台を拝見しました。

渡辺はま子さん・・・名前は知っている,何となく顔も見たことある,「サンフランシスコのチャイナタウン~♪」と「しーなのよーる~♪」のフレーズは聞いたことがある。
私の認識はそんな程度でした。
 
驚くほど行動力と勇気のある方だったんですね。
帰ってからあらためて調べてみました。
ハンセン病患者の病院の慰問も長くされていたようですね。
当時その行動はとても勇気のいることだったのではないかと思います。

今日そんな素晴らしい人の存在を知ることができて幸せでした。
2幕では何度か目頭が熱くなりました。

終演までお体に気をつけて良いお芝居を届けて下さいね。


投稿: NEKO | 2015年1月24日 (土) 22時05分

昨日観させていただきました。
後半は、涙・涙。 止まらない!
周りの方々も涙・涙。
いい舞台でした。

五代さん演じる、はま子さんを初めとして、舞台からの台詞を通して戦争のむごさ、みにくさ、理不尽さ・・・戦争とは?戦争とは?

考えさせられました。

日本が二度再び、戦争に巻き込まれないように、関わらない国であるためには・・・。
国民一人、一人に責任がある!と感じた舞台でした。

素敵な増澤さん。
最後までお身体、お大切に。

投稿: emiko | 2015年1月27日 (火) 22時02分

昨日、舞台を観ました。


思わず胸にグッとくる場面や笑いありのストーリーで面白かったし、舞台と客席の距離間がとても良かったです。


夜来香のソロよかったですよ。最高!他の曲もじっくり聞きたかったですね。年末芸能大会、ドタバタ調のなつかしさもあり、思いだしても可笑しいです。


最終日まで楽しみながら突っ走って下さい。     ③ 

投稿: 実家 | 2015年1月29日 (木) 11時34分

慰安婦は朝日新聞の捏造みたいなのが最近の見方ですが?

投稿: | 2015年2月28日 (土) 13時34分

たった一人の元兵士の証言の「時間と場所」が「創作」だったからって、それだけで政府が騙されて河野談話に至れる訳が無いですよね。
元兵士がまだ沢山生きていた頃のこと。「捏造」なんてすぐにバレるし、暴動や訴訟が起きてもおかしくない。それが無いということは・・・。
常識で考えると自ずと答えは出ます。

投稿: kei | 2015年3月19日 (木) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語りたいこと、語れないこと:

« 紅葉坂はきついから筋肉痛になるのよ | トップページ | 夢座終了 »