« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

ルイ16世って・・・

僕の演じるルイ16世……どうやらいい人だったようです。

大雑把。(笑)
善王、悪王色々いるけど、この人はどうやら輪をかけて善人、というタイプのようです。
温厚で国民のことを思い、経済破綻しかけてるフランスの財政再建のために外国からスペシャリストを呼んだりと、色々やってます。(失敗しちゃったけどね)
歴史的にはお金の使い過ぎで堕落した貴族階級がフランス革命でやっつけられちゃったみたいな構図になっているけど、この人自身は特に贅沢するでもなく、地味〜に狩猟と錠前作りを趣味にして暮らしていたそうです。
錠前作りって・・・・オタクか?(笑)
無能な王として書かれたりもするけど、人柄は良く、実は民衆にも人気があったみたい。
ただ、王家に生まれ育ったことで、どうしても国民の目線には立てなかったということなのでしょう。結果的には革命が起き、その後に処刑されてしまいます。
 
愛する妻のマリー・アントワネットは浪費癖を指摘されてるけど、それは自由にさせていた。ベタ惚れだったのね。それに関して、ちょっと面白い話を聞きました。
今のフランスを支える大きな文化はファッションと食文化です。
どちらもルーツはこの時代の貴族階級が、お金をばんばん使って輸入したり研究したことからだそうです。この時代の民衆を苦しめた王家や貴族の無駄遣いが、実は現代のフランスを支えている。
ちょっと不思議な因果を感じる話です。
さて、稽古も大詰め。ラストスパートです。
20160326_21_01_03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ベルサイ湯ってお風呂屋があってもいい

舞台のお稽古も大詰めに向かって来ました。

毎日バスティーユやらベルサイユやらでモナムールな稽古が続いております。(笑)

文字通り朝から晩まで稽古している状態が続いているので、すっかり世の流れから外れた生活。
 気がつくと、「へー、こんな事件が起こってたの?!」と、都会のロビンソン・クルーソーです。
 
その「へー」はここ最近のショーンK氏学歴詐称疑惑。
何だかみんなで鬼の首を取った騒ぎになってるけど、そんな大騒ぎする問題なの?
僕は一時期彼のラジオ番組「プライム・ファクター」(だったかな?)のリスナーで、結構番組は好きだった。
経済でも社会でも、何か疑問がある問題にその筋の専門家を招いて、細かく噛み砕いていく、みたいなちょいカタめの番組で彼自身も「リスナーと学ぶ」的な姿勢の番組だったと思う。
しゃべり口はちょっと持って回ったものがあったけど、好感は持てたし、ラジオみたいに聴解力を使うメディアには向いていたと思う。
テレビのコメンテーターでは、確かにトゥーマッチ感はあったけど、少なくともコメント内容に「偽物だわこいつ」って感じた人は、そんなにいないんじゃないかな。
何か報道を斜め読みすると、みんな履歴だの整形だのでわーわー言ってるけど、彼の番組内容やコメントの内容で批判してる人はほとんどいない。それもおかしいよね。
もし学歴なくてあれくらいの番組やれてるとしたら、むしろ逆に努力家ってことじゃない?って思うんだけど。
だいたい彼の学歴詐称で一体誰が直接迷惑を被ったんだろう?
お金を騙し取られたわけでもないし。コンサルでもっと怪しい人なんていっぱいいるしね。
今回の騒動で、慌てて学歴修正してる安倍首相とかの方がよっぽどダメじゃね?(笑)
おそらく実力はある人だから、仕事は続けて欲しいなと思うけどな。
そりゃ確かに嘘はいけないけど、少なくとも今のバッシングは本質的ではないよね。
 
写真は稽古場でみんな勉強中の資料。
初めて「ベルばら」読んだけど、面白かった!
 
20160323180242

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »