« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

ルイは幸せだ

本日は花總まりさん、1789ラストディ。

いつもの様にふわあっとした花さんが「陛下、今日も宜しくお願いします」「お願いします」と楽屋廊下で開演5分前にご挨拶して開演。
 
前にも書きましたが、今回はルイをやらせて頂いて本当に幸せでした。
花さんのアントワネットはふわっと包み込む空気感がとても心地よくて、いつの間にかその世界に引き込まれてしまう、不思議な魅力がありました。
最後の共演シーンがもう、もう・・・で。
「泣いちゃいけない!」って思いながら必死で我慢して演技したのなんて、本当にないことだったと思う。
またフェルゼン見ると、目が真っ赤だし。
お前もか、フェルゼン。笑
 
そのフェルゼンの広瀬くんの「陛下、今日最後サプライズしませんか?」という発案で、トークショーの最後にダブルでエスコート。
ジャンケンで勝ったほうがエスコートっていう案もあったけど、「たぶん両方選んでくれんじゃね?」ということで、ぶっつけ。
結果「えー、どうしよう。じゃ、両方!」とエスコートさせて頂きました。さすが!
出て行くまでの間、袖で待っている時に花さんの「今日はこうやってみた、違うのかな、次の日はこうやってみた、と色々探って…」という言葉が、胸に迫りました。
 
本当に毎ステージ素敵な体験をさせて頂きました。
花さん、ありがとうございました!
 
そして明日からラストまではカナトワネット!
凛と立つ姿がまさにベルサイユをまとっているような、かなめさん。
魅力のありようが全く違うのに、こちらもまさに「アントワネット」。
お二人を見ていると「魅力」というのは一言では言い尽くせないんだなあというのがわかります。
そんなかなめ王妃と、進化、深化を求めて千穐楽までベルサイユを生き抜いて行きたいと思います。
 
ああ、明日もきっとドキドキする。
 
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

何が起こるか……心からのお詫び

本日、本番中に舞台機構が故障し、舞台が一旦止まるというトラブルがありました。
客席、舞台共に不安な空気に包まれましたが、15分ほどでなんとか再開。
一部演出を変更して上演させて頂きました。

何が起こるかわからない。
でも何が起きても最善を尽くす、それが試された一日だったように思います。
出演者一同、最後まで「1789」の世界が途切れぬよう全力で努めさせて頂きました。
袖から見守りながら「みんなすげぇな…」と思わず声を漏らしました。

素晴らしいカンパニーです。

願わくば、本日のお客様が最後まで舞台を楽しんでご覧頂けたとしたら、それ以上の幸いはありません。

本日はご迷惑とご不安をおかけいたしました事、深くお詫び致しますと共に、最後までご覧頂いたお客様に、心より感謝申し上げます。
皆様の最後の拍手に、一同心から救われた思いです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

毎日おいしく生もの頂いております

さて、休演日を挟んで、長丁場の「1789」東京公演ラストスパート!

初めての帝劇、学ぶことも多くカンパニーも仲が良いので充実した日々。
 
今回僕は「ルイ16世」という役をやらせて頂いてますが、これがナカナカなハードル。
「良い人だけど、これならマリーは浮気しちゃうよね、でも最後は戻って来る気持ちもわかる、けど鍵オタク」というキャラ、どーすりゃーいーのー!ってな感じでしたが(笑)、稽古から本番ひと月あまりを経て、何となく自分の中での「ルイ」のピースがはまってきたように思います。
とはいえ、まだ探ってるんですけどね、最後まできっと・・・・
 
そして僕が何よりシアワセなのは、タイプの違うお二人の素晴らしいマリー・アントワネットのお相手をさせて頂いていること。
可憐でふわっとした花總さん、華やかで凛とした凰稀さん。
まさに好対照のアントワネット。
そしてお二人とも、毎日違うのです。毎回「その場」で心の中に何かが生まれます。
毎回ドキドキします。本当に毎回!
もちろんライヴですから芝居は「生もの」ですが、その「生もの」の鮮度レベルがまー半端ない!
演じ手としては、これほど贅沢で楽しい時間はない。
ああ、本当にシアワセ・・・
さすがにトップを極めたお二人、感謝です。
 
千秋楽に向かって、この時間が残り少なくなっていくのが、実はたまらなく寂しい。
大切に、最後まで「生もの」を堪能して参りたいと思います。
 
よろしければご観劇になったご感想などお聞かせください。
お待ちいたしております!
 
本日も無事幕を下ろせますように。ぱんぱん! 
20160512_11_32_58

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲージツをカンショーするということ。

一昨日はダントンこと上原理生くんの母校の芸術鑑賞で貸切公演。

1000人を超える制服が客席を覆い尽くす様は壮観である。
今までとは全く違うムードの客席、勝手の違いに演じ手としては少々戸惑いながらの本番となりました。
通常の演劇興行は、お客様は基本的に観たくて来ているわけだから、批評性も含めて「しっかり観届けよう」という意思が最初から客席にあります。
当たり前だけど、僕たちはお客様に観ると同時に助けて頂いているんですね。
 
中高生の、もしかしたら初めてお芝居を観る子もいたかもしれない。
幕開きは目の前で起こっている事への戸惑いの雰囲気の方が強かったように思います。
そりゃそうだ。僕も学生時代の芸術鑑賞は、わけもわからずまるっと連れてかれて鑑賞させられたもんね。
「ぽかーん」な感じの男子学生の顔が・・・わかるぞ、うん。(笑)
 
とっさに芝居を少し変えて、ちょっと人間関係をわかりやすく、説明的なセリフは少し立て気味にシフト。(したつもり、笑)
最初は歯車の合わない感じのあった空気感が徐々に温まっていく。
もともとエンタメ性の強い内容だから、食いつき始めるとどんどん集中度が増す。
さすが学生さん、頭柔らかい。
後半は静かなシーンでもしっかり観ている雰囲気が客席から伝わってきました。
 
ゼロからお客様との関係を作っていくという、当たり前の基本に立ち返った一日。
いい体験をさせてもらいました。
 
思えば芸術鑑賞って、もっといっぱいやってもいいよね。
演劇でもオペラでも歌舞伎でも、わけわかんなくても、ばんばん観せちゃえばいい。
きっと記憶の片隅に、何かしらは残っていくのだから。
ひと月一回でもいいくらいだと思うよ。(笑)
文科省頑張ってくれないかな。
 
後輩を前に最後の挨拶のしているリオくんが、超真面目顏で印象的だった。
「いろんな方のおかげで今の自分がある、『おかげ様の精神』を忘れないで下さい」
 
学生さんたちの心に何かしらの種が撒かれて、いつの日かそれが芽吹きますように。
 
今日は夏日!
20160504_13_44_32

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »