« ゲージツをカンショーするということ。 | トップページ | 何が起こるか……心からのお詫び »

毎日おいしく生もの頂いております

さて、休演日を挟んで、長丁場の「1789」東京公演ラストスパート!

初めての帝劇、学ぶことも多くカンパニーも仲が良いので充実した日々。
 
今回僕は「ルイ16世」という役をやらせて頂いてますが、これがナカナカなハードル。
「良い人だけど、これならマリーは浮気しちゃうよね、でも最後は戻って来る気持ちもわかる、けど鍵オタク」というキャラ、どーすりゃーいーのー!ってな感じでしたが(笑)、稽古から本番ひと月あまりを経て、何となく自分の中での「ルイ」のピースがはまってきたように思います。
とはいえ、まだ探ってるんですけどね、最後まできっと・・・・
 
そして僕が何よりシアワセなのは、タイプの違うお二人の素晴らしいマリー・アントワネットのお相手をさせて頂いていること。
可憐でふわっとした花總さん、華やかで凛とした凰稀さん。
まさに好対照のアントワネット。
そしてお二人とも、毎日違うのです。毎回「その場」で心の中に何かが生まれます。
毎回ドキドキします。本当に毎回!
もちろんライヴですから芝居は「生もの」ですが、その「生もの」の鮮度レベルがまー半端ない!
演じ手としては、これほど贅沢で楽しい時間はない。
ああ、本当にシアワセ・・・
さすがにトップを極めたお二人、感謝です。
 
千秋楽に向かって、この時間が残り少なくなっていくのが、実はたまらなく寂しい。
大切に、最後まで「生もの」を堪能して参りたいと思います。
 
よろしければご観劇になったご感想などお聞かせください。
お待ちいたしております!
 
本日も無事幕を下ろせますように。ぱんぱん! 
20160512_11_32_58

|

« ゲージツをカンショーするということ。 | トップページ | 何が起こるか……心からのお詫び »

コメント

お久しぶりのコメント失礼します。
まぁ〜、私の中で色々とありまして…でも、いつもケログは読ませて頂いていましたよ〜🎵

初帝劇、ホント〜におめでとうございます✨
先日観劇しましたが、初帝劇観劇ドキドキしました。
ケログでルイの事を書いてくれていたので、豆知識を頭に入れつつ観る事ができたので良かったです。
ルイの人柄、優しさなどは、すごく伝わりました。
男としての魅力を考えたら、キラキラ、ギラギラしてなくて、残念な感じの人だったんですかねぇ?

二人のマリーをどうしても観たくなり、補助席抽選申し込んで落選、当日券予約の電話もしたけど、ダメでした。
タイプの違うお二人のマリー、両方観たかったなぁ〜…と!思っています。
大阪まで飛んで行けるものなら飛んで行きたい〜です!

いつになるかわかりませんが、近いうちに、いや、なるべく近いうちに感想メール送ります〜💕

舞台、無事に終えられますように…✨
ファイト!

投稿: あいり | 2016年5月12日 (木) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日おいしく生もの頂いております:

« ゲージツをカンショーするということ。 | トップページ | 何が起こるか……心からのお詫び »