« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

やっぱり北で食べる羊は美味いね

秋らしくなったとはいえ、まだ湿度の高い東京です。
その東京を脱出して、一瞬札幌に帰ってきました。
本当に一瞬が寂しいところ。笑
お稽古中だから仕方がないね。
メインの用事は来年の札幌での舞台「北緯43°のワーニャ」のフライヤー撮影です。
演出は斉藤歩氏。
昔から知っているけど、組んだのは初めて。
純粋に役者として参加する札幌の舞台、本当に楽しみです。
北海道演劇財団20周年記念事業

そして札幌で12月に公演するMAM「父と暮せば」札幌キャストの松橋勝巳氏にお会いして来ました。
なんと、僕の高校の2年先輩であります。笑
狸小路近くの喫茶店「ZAZI」でコーヒー片手に会談。(場所がZAZIというのが良いよね、僕ら世代には)
穏やかな雰囲気の中にも演劇に対する情熱を深く感じる、素敵な方でした。
井上作品の魅力をしばし語らいました。
「こういう芝居を札幌のお客様に観てもらいたいんです」と増澤力説。
東京キャストの剣持氏とはまた違った雰囲気のおとったん像ができそう。
がぜん秋の稽古が楽しみになって来ました。
札幌圏の皆さま、お待ち致しております!
乞うご期待、まじで。
MAM「父と暮せば」

そしてなぜか百次とジンギスカン。
なんでやねん。笑
丁度やっていた札幌座に出演していたのです。
彼は方言の魔術師。
舞台も不思議な魅力があります。
札幌でも今秋「珈琲法要」という舞台をやるので、こちらも是非。
シアターZOO「珈琲法要」

そんなこんなで、一瞬の割に濃ゆい一日でした。
さあ、東京の稽古に戻るぞ!

20160926_16_24_58

「父と暮せば」東京公演。
チケットお申し込みはこちら。オススメは土曜日の夜!
「父と暮せば」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「父と暮せば」稽古が始まりました

なんだか舞台が終わったらブログ更新みたいになってる。

いけませんね。
さて、「ルーマーズ」も終わり、その翌日から次の舞台の稽古に入っています。
「父と暮せば」
言わずと知れた、井上ひさし氏の名作です。
最近「母と暮せば」という映画がありましたので、「母じゃないの?」という人もいるかと思います。
 
乳です。
 
違った。
父です。
すませんね、おじさんで。
 
戦争や原爆、これらをテーマに扱った作品は数多くあります。
もちろん忘れてはならない大切なテーマですが、時として重く、足が遠のくテーマでもあるでしょう。
でもこれは、人間ドラマです。
純粋に「人が生きていくとは」ということを描いています。
純粋に微笑み、笑い、そして泣きます。
その裏に「忘れてはならない歴史」が隠れています。
稽古で台本を開くたびに「井上ひさし、天才だ」と感嘆します。
 
「言葉」を使う仕事をしている者として感じますが、こんなに「言葉」の力を信じて、愛している人はいません。
愛は力です。表現者としての金字塔です。
それを信じさせてくれます。
それを、本当に大好きな役者さんたちが演じてくれます。
剣持直明と松村沙瑛子。
観たら、きっと彼らのファンになります。絶対です。
僕がおそらく一生付き合いたい役者たちです。
 
実はこの舞台、昨年の初演大好評を受けての再演です。
まだちゃんとご案内もしていなかったのにもかかわらず、現在えらい売れ行きとなっております。
ご予定など、おわかりの方はなるべくお早めのご予約をお願い致します。
1ステージ50席限定です。
今回の劇場、「アトリエだるま座」は出演者剣持氏の劇団「だるま座」の劇場。
小さな、そして素敵な劇場です。「演劇が生まれるってこういうところだね」って劇場です。
ぜっぴ(絶対)愛に溢れた、すんばらしい小屋になりよってじゃ。(広島弁)
 
僕はこの芝居に向き合う時、ある言葉を思い出します。
俳優座を辞める時に大先輩、岩崎加根子さんがかけてくれた言葉。
「どんなに辛くても、苦しくても、演劇があなたを救ってくれるからね」
この芝居の稽古に向き合う時、僕はいつも癒され、救われ、そして表現者としての使命を感じるのです。
このために演劇をしているのだと気づかされます。
 
是非観て下さい。
本当に、本当にいい芝居をします。
たぶん、忘れられない芝居をします。
あ、そうそうHPのアドレスも変わりました。
今後とも、Man-Netをよろしくお願いします!
 
20160917_20_10_59

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »