« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

1,000円で舞台を観せるということ

MAMは札幌の舞台は入場料を1,000円で観て頂き、観た後にその評価額をお客様それぞれに入れて頂く、『KIDOSEN』(木戸銭)というやり方を取っています。

実は1,000円で舞台を作ることは、不可能です。
なぜそんなことを始めたのか、少し書き記しておこうと思います。
 
去年から札幌で公演活動を始めるにあたって、「何か挑戦するべきテーマがないか」と考えました。
せっかく地元に帰って舞台作りをするのだから、新しいお客様を開拓して、役者たちもモチベーションを高められる何か……
そこで考えたのが、「お客様に芝居の値段をつけて頂く」というやり方です。
「映画より安い値段」で芝居を観て頂き、我々はお客様の心動かすために最善の努力を続ける。
もし評価額が集まらなければ、次への舞台につながりません。
常にギリギリのところで本当のクオリティを求めなくては、前進はない。
そんな挑戦をしようと思ったのです。
 
今回は東京の俳優も含めての2人芝居。
知り合いも知名度も少ない中での挑戦です。
正直今までのMAMの舞台の中でも、今回の「KIDOSEN」は圧倒的不利です。
でも、だからこそ観て頂きたいのです。
東京キャストは、きっと皆様の想像をはるかに超える芝居を見せます。
「名前」に頼らない、本物の芝居に挑む役者たちです。
札幌キャストは、ベテランに新人が挑みます。
今札幌でこんな芝居ができるんだという芝居をお見せします。
「きっとこの街はこれから面白くなるに違いない」という芝居を見せる役者たちです。
約束します。
 
「KIDOSEN」は上演側にリスクも伴いますが、観客は広がります。
そしてお客様は値つけの段階で、舞台の参加者です。
MAMの舞台は、それに関わる全ての人で作る舞台です。
観てください。
まずは、1,000円で劇場に足を運んでみて下さい。
ものは試しです。
そこから先は、「あなたの舞台」を楽しんで下さい。
 
きっと、ビール2杯分で一生忘れられない体験をします。
それが、MAMなのです。
 
Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

MAM札幌ワークショップ「6回で芝居作っちゃえ!」企画!

さて11月に入り、MAM札幌公演の稽古開始が近づいてまいりました。

今回は二人芝居。
MAMはダブルキャストで公演しますので、そりゃもう朝から晩まで稽古します。
いつも「なんでこんなに稽古する羽目に!」と後悔しつつ、朝から晩まで稽古しまくりです。
おまけに前回は独り芝居もあったので、ほぼ「稽古場が家」と言っても過言ではありませんでした。
 
今回は東京キャストと札幌キャストのダブル。なので、まず札幌キャストのみの稽古を行い、途中から東京キャストが合流です。
今回は稽古時間にもちょっと余裕が・・・
と、いうわけでワークショップ、開催します!!
shineMAMワークショップshine
「6回で芝居作っちゃえ!!」
 
◎日程
11月19日(土)  17時〜21時
11月20日(日)  17時〜21時
11月23日(水・祝)  15時〜19時
11月26日(土)  17時〜21時
11月27日(日)  17時〜21時
12月3日(土)  17時〜21時
 
◎内容
前回までに引き続き、
心と身体の回路をつなげるレッスン。
表現の幅(バリエーション)を広げるレッスン。
さらに・・・この6回で参加者で芝居を1本作ってしまいます!
最終日には発表!
※上記スケジュール以外の時間でも時間によっては増澤を交えて自主稽古なども可能!
(って、それ自主稽古じゃないじゃん!普通に稽古じゃん!)
◎参加人数/参加資格
今回は芝居も作るので人数に制限が出ます。
男女合わせて、16名上限とさせて頂きます!
年齢、経験は問いません。
全ての日程に参加できない場合はご相談下さい。
 
◎参加費用
上記スケジュールで参加費用、お一人10,000円とさせて頂きます。
もしお休みになる回があっても同様です。
ただし、自主稽古などで追加費用を頂くことはありません。
お休みぶんは自主稽古で挽回!
 
◎場所:あけぼのアート&コミュニティセンター(中央区南11条西9丁目4−1)
 
◎参加方法
下記メールアドレスにメール頂き、
タイトル「WS参加希望」
お名前
性別
年齢
ご住所
メールアドレス(PCメールをブロックしないもの)
経験
お申し込み理由
をお書き込みの上、お送りください。
後ほど、詳細を送らせて頂きます。
※人数が16人を超えてしまった場合、申込者のバランスを見た上で参加者を決めさせて頂きます。ご了承ください。
今後のMAMへの人材発掘もかねたこの企画!!
ご参加、お待ちしております! 
 
 
・・・・あれ、そしたらまさか、また稽古場に朝から晩まで・・・?
20150505_9_05_52

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »