« N43V その3 | トップページ | 「しあわせのタネ」を求めて »

N43V その4

さて、増澤的に実り多かった(笑)今回のワーニャですが・・・

最後に演出&主演のことに触れておこうと思います。
 
斎藤歩氏。
北海道の演劇界を牽引する存在です。
ていうと嫌がるだろうけど。笑
この人はもともと、僕が20代に札幌で芝居をしていた時に活躍していた劇団の座長さんでした。
その頃は全く接点はなかったけど、一昨年「PROOF」で札幌に帰った時に立ち話したところから今回の話に発展しました。
そういうのって、ちょっと面白いです。
話したことは「職業俳優について」
 
お仕事で俳優業をすること。
当然「やりたい仕事」と「やらなくてはいけない仕事」には乖離が生じます。
もちろん、「やらなくてはならない仕事」の中に「やりたい仕事」を盛り込むモチベーションを保つ方法は心得ています。
でもやっぱり、「やらなくてはいけない仕事」を繰り返すというのは心が痩せるのです。
(これは僕がモノ造り的な作業を好むからだと思うけど)
 
「やりたい舞台をやりましょう」
「俺、ワーニャやりたかったんだよね」
 
そんな言葉で始まったように思います。
そしてそんな思いが溢れるワーニャだった。
この人は脚本から演出から主演から、音楽までこなす多才人。
僕がMAMやる時もかなり何でも屋だけど、ずっと上を行っていると思います。
でも何より舞台の上で役者として彼と交流しているのが僕は楽しくて幸せでした。
エネルギーがほとばしるような人です。
板の上で、交わしたり探ったり壊したりって、すごく楽しい作業でした。
 
でも、かなりの自由人です。
本番中平気で素ネタをぶっこみます。
「千秋楽なんだからさ、もっとちゃんと登場しろよ」とか平気で言います。
迷惑です。
あ、それから稽古中にラブシーンの女役を情感たっぷりに実演するのも迷惑です。
上手いから。目が潤んでいるから。それで迫ってくるから結構怖いから。
 
そんな子供のようなおっさんの斎藤氏はこれからも札幌の第一人者として活躍するでしょう。
それを祈りつつ、彼を脅かす地元の逸材の登場も期待しつつ、再度の共演も何より期待します。
 
一番の感謝は、僕が足を折っても降板させるという選択肢が彼になかったこと。
「アーストロフが松葉杖でも面白いよなあ」
っていう言葉が、実はどんなに救いになっていたか。
 
あ、でもね。
観に来てくれた看護師さんに「アナタが増澤くんに座薬さした人?」って大声で聞くの、やめてもらっていい?
 
Img_8877

|

« N43V その3 | トップページ | 「しあわせのタネ」を求めて »

コメント

その1から4 まで、ありがとうございました。
観たかったのに、観れなかったけれど、沢山の想いと舞台と舞台裏を感じられました。お疲れ様でした。
それにしても、骨折とは!ギヨギョツ!大変でしたね〜〜。ほーんと、大変でしたね!それしか、言葉が見つかりません。よーく、頑張りました。勿論、ご自分を褒めてさしあげましたよね。
昨今の不寛容には、全く同感。自分への戒めにもさせていただきます。

投稿: Emiko | 2017年2月26日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139607/64919066

この記事へのトラックバック一覧です: N43V その4:

« N43V その3 | トップページ | 「しあわせのタネ」を求めて »