« 僕のお師匠様の話 | トップページ

「月ノツカイ/父と暮せば」終幕

MAM祭りの前半戦、「月ノツカイ/父と暮せば」が無事終幕致しました。

おかげさまで連日多くのお客様にお運び頂きました。
誠にありがとうございました。
「月ノツカイ」は新しくキャスティングしたメンバーが20〜21歳とかなり若手。
おかげで稽古だか部活だかわからない毎日でした。笑
みんな、よく知らない演出家にもかかわらず、信じて果敢に挑んでくれました。
本当にありがとう。
_171028_0087
演出しながら歩き回るクセ。笑
_o1a4801
おかげで忘れられない舞台になりました。
Img_1265
大好きだったラストシーン。
「現実は辛くても、演劇なら小さな奇跡を起こすことができる」そんなシーンが作りたくて書きました。
もっとも演じる方はタイミングを合わせるのに必死で、感傷に浸る暇なんかなかったと思うけど。笑
 
9cd7dc480e8744718bb12c21aeef728e
「父と暮せば」では東京組/札幌組ともに、なんと6、7回しか稽古していないでのぞんだ再演…驚愕!
にもかからず、役者陣はおそろしい完成度を見せてくれました。
きっと1年という時間の中で、役者の身体の中で何かが静かに熟成されて行くのでしょう。
前回見えなかった「感情のひだ」みたいなものや、言葉の意味がまた少しつかめてきました。
「井上ひさし」の言葉に近づきたいと毎回戦う舞台です。
「なぜ演劇をやるのか」この作品はその意味を教えてくれます。
素敵な四人の俳優陣に心から感謝。
_o1a6014
_o1a6014b
こうして前半戦は終了。
お客様に、本当に感謝。
Img_1260
さて、打ち上げの翌日からは後半戦「髪結橋のロビン・グッドフェロー」の稽古です。
こちらもお忘れなく!

|

« 僕のお師匠様の話 | トップページ

コメント

今年の大きな目標MAM祭り、前半戦お疲れ様でした。


若い人との関わりは刺激になりますね。いつ何が起こるかわからない。そのたびにハラハラし、あれこれ考えても時間は進んでいく。それは、ある意味挑戦者にもなり、新たな意欲が湧くのではないでしょうか。そんな事すべてが価値観や世界観につながっていくような気がします。
「父と暮らせば」の札幌キャスト、どういう世界を作りあげたのか観たいです。


これから冬の寒さも本番ですが、札幌は燃えて熱いですね。ポッキーに気をつけて、後半戦も走りきって下さいね。

投稿: 実家 | 2017年11月21日 (火) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139607/66057724

この記事へのトラックバック一覧です: 「月ノツカイ/父と暮せば」終幕:

« 僕のお師匠様の話 | トップページ