« 2017年12月 | トップページ

今年のテーマ

HPのトップの写真を変更いたしました。

今年のテーマは「神色自若」
去年はね、何度かかなり怒ることがあったのですよ。
もちろん、怒るなりの理由もあったのだけど。
でも、例年に比べて怒ったな…と。
だから、今年はじっくり腰を据えて、きちっと物事を見きわめて、少々のことでは動じない一年にしたいなと思っています。
そんなわけで「神色自若」
 
Img_1510
 
まだまだ浅いぞ、自分。
ただ、怒った理由は明快です。
僕は「演劇の神様」を裏切る行為が大嫌いです。
どんなレベルであれ、「その時にできる最善のクオリティ」を目指しているつもりです。
それを阻害する行為を絶対に許せないのです。
何があっても。誰であっても。
ちいさな作品でも大きな作品でも、それはずっと変わらない僕のルールなのです。
作品よりも自分が大切になってしまったら、それはやめる時だと思っています。
 
さて、そんなわけで「お目出たい人」の稽古は順調です。
ひとつひとつ、作品のひだを見つけていく作業はまるで宝探し。
徐々に空気が動き始めました。
きっと、面白い作品になります。
 
#だるま座
Img_1571

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「お目出たい人」稽古日記

稽古が進んでいます。

「お目出たい人」
いやあ、実に面白いホンです!
さすが水谷龍二氏。
稽古を進めると、なんでもない会話が実はなんでもなかったことに気づきます。
言葉の言い方ひとつでシーンの色がガラリと変わる。
微妙に思いと感情が交錯して、奇妙なバランスの上にシーンが成り立っています。
ヒントに満ちた、演者に挑戦してくるホンです。
 
こういうホンは随分減ったように思います。…っていうとおじいちゃんみたい。笑
でもそう思うのです。
僕も書く人間だから。
今は、よりわかりやすく。より決定的に。
そんな物語が数多くコンビニエントに作られている時代にこんなホンに出会うと、
「やばいやばい、油断していたぜっ」となります。
演者として身が引き締まる、とても幸せな瞬間。
そして、役者・増澤ノゾムは、演出家・剣持直明と初仕事。
最近ずっと芝居してるのに初仕事!笑
とても新鮮です。
役者として自分の仕事を見直してリセットする、すごくいい時間を過ごしています。
 
_180114_0014
 
男6人の稽古現場は、とてもだらしなくてとてもシアワセ。笑
 
_180114_0019
 
そして、僕は果たして最後まで笑わずに稽古できるか、とても不安。
だっておかしいんですよ、本当に全てが。笑
人間て、バカで善良で愚かで、とっても素敵。
いやいや、やばいわ・・・
_180114_0015
果たしてマスザワは吹かずに最後まで演じきれるのか?!
乞うご期待です。
チケットお申込みは下記へ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017のMAMってさ・・・

あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申しげます。

さて、正月に入り、少し余裕ができたので、2017MAMを写真で振り返ってみようかと。(去年全部やっとけ!ですね)

・・・うーん、 髪結橋その3でやめようかと思ったけど、今回の3連続公演は思い入れが強くて。
我ながら無茶したなあ、と。笑
出発点は初秋。3本目「髪結橋」から本読みスタート。
最初はこんな純和風で本読み稽古開始。
 
Img_0736
 
そして2本目「父くら」東京チームを稽古スタート。
 
Img_0727
 
・・・ん?
そう、同じ部屋です。笑
ほぼ同日に稽古スタートでした。
スケジュールをやりくりしながら、歌稽古開始。
まだ半袖だったね・・・
 
20171003__180102_0007  
 
みんなまだ別の舞台についていたりするから、その時できるメンバーで代役しながら・・・
いつも誰かがいなかった。
あ、このシーン好き。笑
 
20171013_180102_0015  Img_0969
20171015__180102_0026
 
それを支えてくれたのが、「しあわせのタネ」の出演者、前田彩ちゃん。
男役から女役から、かえるさんもパックもみんな稽古代役をやってくれた。
彼女がいなかったら東京の稽古は厳しかった。
偉い子。本当に感謝です。
 
Dsc_0414
 
ちなみにこのシーン、最初はこうだった。笑
20170925__180101_0015 20170925__180101_0013
 
演出自ら乗ってみる。重たかろう、洗史。笑
 
 Img_0810
 
実寸で測ってみて、セットの広さ!に驚愕するメンバー。
Img_0780  Img_0939
 
「髪結橋」稽古を「父くら」と同時進行で稽古をすすめ、一旦10月中旬に東京はひと月お休み。
僕は単身札幌に入って・・・ぎゅーん・・・
743476daf5fe40d2808576367e079c7f
 
Img_1110 _171028_0108
 
夜は「月ノツカイ」
 
Img_1145
 
昼は「父くら」札幌チームの稽古を同時進行で開始。
さあ、この辺から僕の脳内が散らかっていきます・・・
 
_171106_0060  _171106_0006_3 _o1a5132
はて、僕は一体誰でなんの稽古をしているんでしょう…????状態の昼夜稽古の3週間。
そしていよいよMAM連続公演がスタート!
 
_o1a5572  _o1a5684 2017_180102_0013
 
_180102_0375  2017_180102_0028
 
怒涛の一週間二公演。
皆様本当にお疲れ様でした。
そして…
 
Dqrullqvwaa3g7h  Dquyaqxvqaa_r8x
 
TGR(札幌劇場祭)にて、「月ノツカイ」が特別賞、「父と暮せば」の高橋海妃が俳優賞を受賞!
嬉しいダブル受賞となりました・・・ありがとうございます!
・・・なんてゆーのもつかの間、千秋楽翌日には、
 
_180102_0033  _180102_0107
 
早速「髪結橋」札幌チームの稽古開始ー! 
休みいちんちもねー!
とにかく初めて挑むミュージカル。
東京合流までにみんなひたすら歌う、歌う・・・歌いまくる。
東京チーム合流までは「月ノツカイ」の高岡と黒石くらげが代役を務めてくれました。
本当にありがとう!
 
_180102_0061
 
ライサンダーとハーミアの代役をする遠藤となるみちゃん。
ドン引きしている佐藤の後ろ姿。笑
そして、12月に入り、いよいよ東京チーム合流。
 
_180102_0191  _180102_0194
 
人口密度かなり高いロバよ〜ぶひひん。 なんたって20人近く。
熱気で窓が曇るような稽古が続きます。
今回の舞台はかぶりもの天国。
かえるさん作成中。
 
_180102_0095   _180102_0180  
 
芝居間違ってるぞ、洗史。
 
_o1a7644  Img_1398
 
マスザワが夜なべした渾身の作品、「石垣」!!笑
経費節電です。いろいろ作りましたよー、頑張りましたよー。
そんなこんなで集中力全開の怒涛の10日間。
奇跡のパズルが組み上がりました。
 
_o1a7446  _o1a7607
 
いよいよ本番。
 
Dsc_0765  Dsc_0677
 
_180102_0001 _180102_0017
 
3日間6ステージが、それこそ夢のように過ぎて行きました。
4ヶ月かけて、輝くのは一瞬ですねえ・・・
今回の連続公演は今後のために学んだもの、得たもの、出会った人がたくさんあった無茶な旅。
ご覧になった皆様のちょっとしたバックステージ的なおまけになれば幸いです。
Dsc_0828
 
さあMAM、次は何をやろうかね・・・?
 
あ、おまけのおまけ。
20代のダブル長次郎。笑。
むかーしやった舞台のチラシを、写真を撮ってくれたTomoが持ってきてくれました。
感謝。
 
Img_1437
写真提供:種田基希 、Tomomi Takeda

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ