« 2018年6月 | トップページ

子離れっていうのかね

昨年、札幌でも上演させて頂いた「月ノツカイ」

どうしても上演したいという団体があるので脚本提供しました。
演出はこの作品の初演時に出演した戸田悠太。
何年か前にも別な出演者でもある植田靖比呂が自分の企画で上演しました。
かつての出演者にとって「またやってみたい作品」になることは非常にありがたいことです。
 
稽古初日にご挨拶して、あとは先日一度稽古場訪問へ行ってきました。
植田の時は本番だけ観て、稽古場にも行かなかった。
行ったら言ってしまうから、という思いがありました。自分の思い入れで人の現場を荒らしたくなかったからです。彼らは彼らの作り方があるはず。
今回は少しだけ大人になったので(笑)、お稽古を見学してみました。
 
、、、、感動しました。
 
何が感動って、自分の言葉が「自分の想像をはるかに超えた語り方をされている」ことに感動したのです。
僕は書き手と同時に演者でもあるので、書く段階、まして演出する段階では、セリフに対するビジョンが明確です。
「明確」というのは逆に言うと自分のイメージで縛っていることなんだと痛感しました。
作品は僕の子供です。
いっぱい考えて、大切に生み出したものです。だから過保護になる。
人に語られる僕の言葉は生き生きして、僕のあずかり知らぬところで全く違う魅力を放っていました。
 
「書き手の楽しみ方」というのを、あらためて教わりました。
 
 一言一言を大切に語ってくれる演者のみなさん、本当にありがとう。
愛情を持って面倒をみてくれることに心から感謝いたします。
 
こういうの、子離れっているのかね。笑
 
さあ、また書かなくちゃ・・・
お時間のある方は是非。
 
Img_3533  Img_3534

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ