« 2018年10月 | トップページ | 2019年7月 »

浅草放浪

今日は朝から浅草放浪である。

観光じゃないよ。「父と暮せば」の小道具の買い出しです。

和物バッグを作るんですよ。

 

これね↓

Dscf6415

問屋が浅草橋に集中しているので、浅草橋から浅草にかけてウーロウーロでございます。

 

しかしない

全くもって木の持ち手どこにもない

 

今どきハンドメイドでこんなバッグ作る人いないのかねえ…

持ち手はないかいなー、持ち手ー…

 

あ、屋形船💓

Img_5896

いいねえ。記念写真とっとこー…

Img_5897

いえーい。

いやいやいや、こんな事やってるバヤイじゃない。持ち手ね、持ち手。

 

あ、すごいレアな本屋発見!

Img_5894

ぶっ壊れそうだよ!ナナメってるよ!

でもそれ以上に置いてある本がレア!

明治大正のものまである!

大正9年の演劇雑誌だって。

うをー、小山内薫が観劇日記書いてる!

買おうか、どうしようか。うーむうーむ…

 

違う違う!持ち手持ち手!

というわけで行く店行く店で「ないねえ」と言われ、そのつど「そんな問屋に心当たりはありませんかねえ?」と聞き込みを繰り返し...

聞き込み得意なんですよ、刑事歴長いんで。笑

Img_3350

てなわけで、情報の連鎖を頼りに3時間、ついに見つけました!

 

じゃーん!

神田屋さんです!

Img_5901

売り場に並ぶ木製の持ち手。

やったー!あったー!

Img_5898 Img_5899

無事目的の持ち手をゲット。

583296755215908

ざまーみやがれ!

 

美津江、おとったんはやったよ

 

この問屋さんにたどり着くまで、たぶん10キロは歩いたよ。

体重も10キロ減ってくれるといいんだけど。

そうは問屋が卸さない

 

うまいぞ、おれ

 

というわけでクタクタだけど達成感もりもりの浅草放浪でございました。

最後に神谷バー

Img_5904

懐かしの電気ブラン。好きだったんだよね、「ビニールの城」。

 

こんだけ頑張ってるので、ぜっぴ観に来てくんちゃい

H31_0123

https://www.quartet-online.net/ticket/chichitokuraseba2019?m=0hdjhea

 

| | コメント (0)

2019年夏、怒涛の夏、2連続公演じゃ!

ブログはかなりご無沙汰になってしまいました。

さて、今年は夏に剣持直明氏率いる「だるま座」さんとタッグを組んで2週連続公演に挑戦することに相成りました。

一つは毎年のようにやっている井上ひさし氏の名作「父と暮せば」

今までは演出で参加していました、、今年は父親「竹造」役で出演です!

オーディションを経て選ばれた三名の新しい「美津江」とまた新しい「父と暮せば」を作り上げたいと思っています。

Flier_omote2Flier_ura2

8月15日より!

なんせガチの二人芝居です。

是非とも観に来て頂きたい!

こちらから、お申し込み頂くことができます!
https://www.quartet-online.net/ticket/chichitokuraseba2019?m=0hdjhea

 

そしてもう一本がその一週間後、「月ノツカイ」

こちらは作/演出での参加です。

この作品、上演団体を変えたりして東京で3回、札幌で2回上演されています。

なんというか書き手の手を離れて勝手に成長しておる作品。(笑)

Timeline_20190613_180159 Timeline_20190613_180200

この度だるま座さんから「是非やりたい」とお話を頂き、自分としては4度目の演出、うーむ・・・「それならば!」と、だるま座バージョンに書き直しました!

この「だるま座スペシャル版」、こちらも是非観て頂きたい!

https://www.quartet-online.net/ticket/tsukinotsukai2019?m=0hdjhea

詳細まで入れちゃうと長文になっちゃうから、それはまた改めて・・・

ともかくこの夏の二本、ちょいと荻窪まで2週連続で納涼ついでにいらしては?

稽古の様子も含めて、ちょいとブログ再開でございます。

ひとつよろしゅう。

 

| | コメント (2)

« 2018年10月 | トップページ | 2019年7月 »