« 浅草放浪 | トップページ | 「表現の不自由展」の不自由さってどうなの? »

稽古日記@だるま座

毎日MAM×だるま座、2連続公演の熱い稽古が続いております。

「父と暮せば」も「月ノツカイ」も、一枚一枚薄い紙を重ねるように、丁寧に。

僕にとっては何度も上演している慣れ親しんだ作品だからこそ、改めて0から探るように。

その薄い一枚一枚がやがて、厚みのある舞台に成長していきますように。

C6e76cff043d47f083aafe4c76a4fce1 8d585dc1cd3e4f4ea7dd27ee5622b0dd

よく知っている言葉(台詞)が全く違う人によって語られる時に、新鮮な響きがあります。

「憑依」という言葉がありますが、まだまだ序盤の稽古の中で「ざわっ」とする瞬間がありました。

その「役」が匂い立つように突然「実在」として立ち上がって見える瞬間。

そこに「その人」がいる。そんな風に感じる瞬間…

ざわっ。

 

少しだけ奇跡に近づく瞬間です。

僕らはそんな瞬間を目指して日々稽古を重ねています。

今日は「父くら」明日は「月」、昼は「父くら」夜は「月」。

そんな毎日が続いています。

 

ん?

 

あれ?

…おれ、毎日稽古場にいるんじゃね?

618_190618_0007

みんな飛び飛びなんだよね。

…でもおれ、一日中稽古場にいるんじゃね?

Img_5997

今気がついた。

人の劇団なのに、まるであたしん家。

なんてこった、ぱんなこった

おじさんの悲しいギャグが空ぶる夏。

さらば海。元気でねBBQ。

そんなわけで、夏を捧げた渾身の2作品。

是非とも連続でご覧いただきたい!

Flier_ura

「父と暮せば」

https://www.quartet-online.net/ticket/chichitokuraseba2019?m=0hdjhea

38416

「月ノツカイ」

https://www.quartet-online.net/ticket/tsukinotsukai2019?m=0hdjhea

 

 

|

« 浅草放浪 | トップページ | 「表現の不自由展」の不自由さってどうなの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅草放浪 | トップページ | 「表現の不自由展」の不自由さってどうなの? »