« 2019年8月 | トップページ

「i-新聞記者ドキュメント-」

i-新聞記者ドキュメント-」観てきました。

東京新聞の望月記者のドキュメンタリーです。

かっこいいなあ。

ほぼ手持ちカメラの2時間。酔った(笑)三半規管やられました。

朦朧とする頭で考えたのは「ドキュメンタリーって難しいなあ」って。

「主戦場」の時も思いましたが、全てを公平に見通すって難しいなと。

今の時代、ちょいと何か言うと「お前○○側の考えなのか」→「炎上」ってことになっちゃう。

僕の業界は言わずもがな。みんな何も言わなくなっちゃった。

仕事なくなっちゃうもんね。

でも表現する仕事って、「自分が世界とどう向き合っていくのか」って軸足がないと成り立たない。

だから作る人の「心の指標」は反映されていくわけで…

 

僕はどこの思想にも権力にも、寄りたくはない。

右でも左でもリベラルでも、カテゴライズされるのは嫌だ。

でも何かしらの「真実」や「事実」は目を背けたくない。

少なくとも、表現者としてみんなが考えるための材料は提案したい。

 

「ジャーナリズム」って…

「ドキュメンタリー」って…

「表現」って…

考えても明確な答えはまだ難しい。「不自由」だ。笑

でもせめて、「個人」とか「少数」が攻撃されない世界がいいよね。

Eb2e767515dd44ba83a1fda3974e3b45

 

| | コメント (0)

ヤパン・モカル

あらためて、ロストエンジェルス。

しばらく時間を置いて、しみじみ思い出します。

しあわせな舞台だったなと思うのです。

なんたって、坂口理子脚本、林海象演出ですもんね。

学生時代夢中で観た「夢みるように眠りたい」

まさかその監督の演出ですもんね。

理子さんは剣持オヤジのつないでくれたご縁。

剣持さんとも「父と暮せば」の旅がもう4年になります。

続けてみるもんですなあ。

人生わからんもんです、ハイ。

ミニマムな公演にもかかわらず、オーディションには沢山の人が参加してくれました。

関口まなと、楽駆、二人のタイプの違う息子。

短い時間で、手探りの稽古なのに本当に挑戦を惜しまず稽古してくれました。

きっとこれから活躍していくことでしょう。

 

スタッフ面でもスバラシキ出会いが沢山ありました。

何が財産て、出会いに勝る財産はありませんな。

いやいや、いいチームでし、本当に。

痛感した公演でした。

 

そして何よりお客様との出会い❗️

旗揚げ公演、満員御礼❗️

大感謝です。

 

さて、ヤパン・モカル、次なる旅はどうなりましょうか。

しばしお待ちを。。。。

D3f598840e8e4262b359ea412c661c56 B456585c964743abaa6e19dec3cbaea0 E31e5195b1b849d59513711738a288fd412d4c794cb54a6788d2685ecd6f22d2

| | コメント (0)

セイムタイム ネクストイヤー

11月は札幌で舞台のお稽古の日々です。

東京を離れて、お芝居漬けの状態です。

Cdce4da125574427a700bb68fd232031

ありがたやありがたや。

この度は演出のみですね。

この舞台は、1970年代にバーナード・スレイドという人が書いた戯曲です。

 

1951年2月、北カリフォルニアのとある海辺のコテージ。

ジョージ27歳、ドリス24歳。二人は情熱的な夜を過ごす。たった一つの問題は……二人とも既婚者だったこと!

しかし互いの魅力に心惹かれた二人は、ある取り決めをする。

「年に一回、ここで会おう!」

それから……年に一度の逢瀬と共に25年の歳月を重ねる二人。

お互いの人生の悩み、家庭、子供。様々な会話を重ねるうちに、互いに全てをさらけ出すことができる、かけがえのない存在になっていく…

 

舞台はホテルの1室のみ、非常によくできた脚本です。

映画にもなってアカデミーやらゴールデングローブやらにノミネートされまくった名作ですね。

翻訳の青井陽治氏は僕のお師匠とも言える人です。

その作品を演出…なんぞ、試されております。

師匠の目が天国から光っとります。

キンチョーするなあ。

 

会話が一本の糸のように紡がれていきます。

坂道を上り、谷底に落ち、絡み合ってはまた離れ、まるで音楽のように……

優れた戯曲って文字通り「曲」の如しですなあ。

飛世早哉香(彼女は今回のプロデューサーでもあります)と遠藤洋平が必死になって取り組んでおります。

C60767dd9e0a488b99e1c99c4b7073e1

二人はMAMでも出てもらっている、俳優たち。

気心も知れているので稽古はのっけからアクセル全開

Img_7898

遠藤は苦手なLoveシーンも必死で熱演。

この舞台が終わったら、彼はこう言われるでしょう。

札幌一のセクシー俳優。

間違いない。

飛世もキスするわ脱ぐわブラジャー振り回すわ子供は産むわ…

A91142df5217489a8f9c3de0cad10a6b

ただの会話劇ではない、まさにゆりかごから墓場まで!

僕たち生きてますっ!愛し合ってますっ!」って芝居です。

たぶん、観終わったら誰かと手を繋いで帰りたくなる舞台です。

公演HP
https://dtagmd.wixsite.com/orgofa

ご予約は下記より!
https://www.quartet-online.net/ticket/orgofsame?m=0bbjfhd

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ