« セイムタイム ネクストイヤー | トップページ | 「i-新聞記者ドキュメント-」 »

ヤパン・モカル

あらためて、ロストエンジェルス。

しばらく時間を置いて、しみじみ思い出します。

しあわせな舞台だったなと思うのです。

なんたって、坂口理子脚本、林海象演出ですもんね。

学生時代夢中で観た「夢みるように眠りたい」

まさかその監督の演出ですもんね。

理子さんは剣持オヤジのつないでくれたご縁。

剣持さんとも「父と暮せば」の旅がもう4年になります。

続けてみるもんですなあ。

人生わからんもんです、ハイ。

ミニマムな公演にもかかわらず、オーディションには沢山の人が参加してくれました。

関口まなと、楽駆、二人のタイプの違う息子。

短い時間で、手探りの稽古なのに本当に挑戦を惜しまず稽古してくれました。

きっとこれから活躍していくことでしょう。

 

スタッフ面でもスバラシキ出会いが沢山ありました。

何が財産て、出会いに勝る財産はありませんな。

いやいや、いいチームでし、本当に。

痛感した公演でした。

 

そして何よりお客様との出会い❗️

旗揚げ公演、満員御礼❗️

大感謝です。

 

さて、ヤパン・モカル、次なる旅はどうなりましょうか。

しばしお待ちを。。。。

D3f598840e8e4262b359ea412c661c56 B456585c964743abaa6e19dec3cbaea0 E31e5195b1b849d59513711738a288fd412d4c794cb54a6788d2685ecd6f22d2

|

« セイムタイム ネクストイヤー | トップページ | 「i-新聞記者ドキュメント-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セイムタイム ネクストイヤー | トップページ | 「i-新聞記者ドキュメント-」 »