« 「表現の不自由展」の不自由さってどうなの? | トップページ | ヤパン・モカル »

セイムタイム ネクストイヤー

11月は札幌で舞台のお稽古の日々です。

東京を離れて、お芝居漬けの状態です。

Cdce4da125574427a700bb68fd232031

ありがたやありがたや。

この度は演出のみですね。

この舞台は、1970年代にバーナード・スレイドという人が書いた戯曲です。

 

1951年2月、北カリフォルニアのとある海辺のコテージ。

ジョージ27歳、ドリス24歳。二人は情熱的な夜を過ごす。たった一つの問題は……二人とも既婚者だったこと!

しかし互いの魅力に心惹かれた二人は、ある取り決めをする。

「年に一回、ここで会おう!」

それから……年に一度の逢瀬と共に25年の歳月を重ねる二人。

お互いの人生の悩み、家庭、子供。様々な会話を重ねるうちに、互いに全てをさらけ出すことができる、かけがえのない存在になっていく…

 

舞台はホテルの1室のみ、非常によくできた脚本です。

映画にもなってアカデミーやらゴールデングローブやらにノミネートされまくった名作ですね。

翻訳の青井陽治氏は僕のお師匠とも言える人です。

その作品を演出…なんぞ、試されております。

師匠の目が天国から光っとります。

キンチョーするなあ。

 

会話が一本の糸のように紡がれていきます。

坂道を上り、谷底に落ち、絡み合ってはまた離れ、まるで音楽のように……

優れた戯曲って文字通り「曲」の如しですなあ。

飛世早哉香(彼女は今回のプロデューサーでもあります)と遠藤洋平が必死になって取り組んでおります。

C60767dd9e0a488b99e1c99c4b7073e1

二人はMAMでも出てもらっている、俳優たち。

気心も知れているので稽古はのっけからアクセル全開

Img_7898

遠藤は苦手なLoveシーンも必死で熱演。

この舞台が終わったら、彼はこう言われるでしょう。

札幌一のセクシー俳優。

間違いない。

飛世もキスするわ脱ぐわブラジャー振り回すわ子供は産むわ…

A91142df5217489a8f9c3de0cad10a6b

ただの会話劇ではない、まさにゆりかごから墓場まで!

僕たち生きてますっ!愛し合ってますっ!」って芝居です。

たぶん、観終わったら誰かと手を繋いで帰りたくなる舞台です。

公演HP
https://dtagmd.wixsite.com/orgofa

ご予約は下記より!
https://www.quartet-online.net/ticket/orgofsame?m=0bbjfhd

 

 

 

 

 

 

|

« 「表現の不自由展」の不自由さってどうなの? | トップページ | ヤパン・モカル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「表現の不自由展」の不自由さってどうなの? | トップページ | ヤパン・モカル »