« 2020年1月 | トップページ

「かげぜん」終演

「かげぜん」全ての公演が無事終幕致しました。

初演から10年(ウソ、マジで?笑)、やっと実現した再演です。

今回、企画・運営してくれたオフィスRENには本当に感謝。

制作者として誰よりこの作品を愛して下さいました。

この作品を書いた時に、「何年も先まで、何度でも再演できる作品」が大切なテーマの一つでした。

果たして…

 

そして今回集まったメンバーはスタッフ・キャスト共に実に多彩!

その力もあって、とても彩りの濃い作品になったと思います。

主演の太洸くん、伊織ちゃんはもちろん、全キャスト書き手の描いたキャラクターを遥かに超える人物像になりました。発見と変貌に満ちた現場、書き手としては感謝しかありません。

そして、斉藤とも子さん!

若輩者の僕の言葉にも真摯に耳を傾けて頂いて、誰よりも真面目に役に向き合っている姿、セリフ一言が心に「響く」「響かない」を突き詰めている姿に感動しました。

今回、トリプルのカーテンコールでのスタンディングオベーションでとも子さんが見せた涙を僕は忘れることができません。

Ac81e018816e463f8ba7de63d5f1b137

 9ac9d52d34e74d63928876b8526f4e51 C64b7eb604c94087857477f06a147a5a

照明の大場さん、音響の高塩さん、衣裳の三原さん、美術の竹内夫妻、演出助手の竹本くん、そして音楽の奥田さん、僕にとって初めての人もお馴染みの人も、このスタッフ全員のクリエイションがなければ、この舞台は実現できなかったでしょう。

そして林海象監督!

「監督、演出やってもらえませんか?」「いいよ」「やった!」

飲んでいる時の、こんなやり取りでこの作品の演出を引き受けてくださいました。

誰よりも経験があるのに、誰よりも若い発想の監督。

たった一言で空気が変わったり、役の立ち上がり方が変わったり…

何回心の中で「へえ」を言ったかわかりません。

監督の演出はとても刺激的で、気がつくと僕の作品が「活劇」に変わっていました。感動!

Dc3f77d2e5634559aa6095ae99d156ad

袖からのぞいている姿が可愛い(笑)。

 

今回の「かげぜん」の旅は終わりました。

ご期待頂けたら、きっとまた新しい「かげぜん」が生まれて続いていきます。

そんなふうに作品が育って行けば、何よりの喜びです。

そんな願いも込めて……

 

そして僕は今回の公演から「また新しい物語」を早く作らなくては!というテーマを貰いました。

よっしゃよっしゃ!

ご観劇、応援、そしてこの作品を愛して頂いた皆様、本当にありがとうございました!

Ee45d59ee80f4bfba0e785156598701c

| | コメント (1)

« 2020年1月 | トップページ