« 2020年4月 | トップページ

A4劇場「帰郷」

     男がもくもくと家業の仕事をしているところへ、元クラスメートの女が来る。

女      久しぶりだね。

男      ああ。

女      何年ぶり?

男      3年・・・か。

女      どうだった?

男      何が?

女      東京・・・どこ住んでたの?

男      錦糸町。

女      どんなとこ?

男      別に・・・スカイツリーのそば。

女      へえー! へえー・・・すごいねえ。ねえ、のぼった?

男      うん。

女      誰と? ええー、一人でぇ?

男      ・・・

女      あ、ごめん。

男      ・・・いや。 お前は? 今。

女      え? 私? 私は別に・・・信金、駅前の。

男      へえ・・・ちゃんととやってんだ。偉いな。ヨシキは?

女      別れたよ、とっくに。1年も付き合わなかった。今農協。

男      そうか・・・みんな、こっちで就職してんのか。

女      うん、だいたい。ねえ、クラス会する?

男      いいよ、別に。・・・会っても話ないし。

女      何やってたの?東京で。

男      何って・・・色々。

女      ・・・彼女とか、いたの?

男      ・・・なに聞いたんだよ。

女      いや、うん・・・騙されたって。

男      騙されてねえよ! だから嫌だよ、田舎もんは噂好きで。

女      そんな言い方ないじゃん。心配してるんだよ。

男      みんな、何て言ってんだよ。

女      その・・・いいよ、いい。うん。元気出せよ。

男      うるせえな・・・元気だよ、バカ。

 

A41枚に収まるA4劇場。

今回はちょっと「北の国から」的というか……笑。

別作品の脚本のディスカッションをしてて、アイディアに影響を受けて作った作品。

なんとなく、ここからドラマが始まるといいなあ的な感じです。

| | コメント (0)

A4劇場「アメ子」

その子はまるで……猫みたいな女の子で……

雨の日で、俺がバイトから帰ってきたら、うちのマンションの階段のところにびしょ濡れで座っていた。
そりゃびっくりするよね。「どうしたんですか?」って聞いたら「鍵がない」って……

どうしようもないから、「ウチきますか?」って。いやナンパじゃないから、本当に。
俺は近所に友達住んでたから、そっちに行くからって鍵渡して、雨宿りしていいですよ、シャワーとか勝手に使ってもらっていいからって。

翌日もう帰ってるかと思ったら、まだいて、「お腹すいた」って。
はあ?って感じで。唖然としながら飯作ったら……全部食ってた。

「もっと」って。
嘘だろ……でも……美味そうに食べるんだ。
あんなに美味そうに食べる子、初めて見た。そ

れから時々訪ねてくるようになって、それが決まって雨の日で。「雨になるとお腹減るの」って。

俺、もともと料理は好きで。親父が食い物屋やってたし。
結構ガキの頃から自分で作ったりしてたから。そしたら毎回、本当に美味そうに俺の作るものを食べるんだ。

名前も言わないから勝手に「アメ子」って呼んでた。

ゲラゲラ笑いながら「単純。それでいい。なんか溶けて無くなりそうじゃない?」って。
なんだよそれ。アメ子は自分のこと聞くといなくなっちゃう、不機嫌になって。だから聞かなかった。
そのくせ、俺のことは聞きたがった。学校のこと、バイトのこと、実家のこと、付き合ってた女の子のこと。なんでも話した。

なんでだろう。

嫌な気がしなかったな。相談するとかじゃないんだ。ただ……ただ話すだけ。
アメ子は何でも興味深そうに聞いてた。ええと……何だか初めて聞いた外国の話を聞くみたいに。
ただ一生懸命聞いてた。だから俺も、ただ喋った。

話していると、不思議と色んなことが解決して行くんだ、悩んでいた事とか。決められなかった事とか。
別に彼女がなんか言うわけじゃないんだけど。俺一人っ子の割に暗くって、両親も共働きだったからあまり人に相談とかしなかったし、自分の事は自分で解決してきた。何でだろう、ほぐれていくんだ、何であんなに……

アメ子は突然いなくなった。

俺は何かまずい事を言ってしまったんだろうか。
わからないんだ。どんなに雨が降っても、ひと月過ぎてもふた月過ぎても。
最後は霧雨の夜に俺の布団に勝手に潜り込んでて、朝になったらいなくなってた。何にもしてないよ、嫌がる事は。
探してみたんだけど、結局住んでるのはどの部屋なのかわからなくて。
そもそも住んでいなかったのかも。

そもそも、いなかったのかも……なんて。

今も雨が降ると、必ず二人分、食事を作るんだ。ずっと。……ずっと待ってる。

アメ子、雨が降ると、腹が空くんだろ? 俺、話したい事があるんだよ……

※これは、A4一枚に収まる「A4劇場」
レッスン用に書き下ろしたモノローグ用の作品です。

| | コメント (0)

A4劇場「最後の正月」

ぼんやりと縁側に座って、庭を見ているA。

そこへやってくるB。

A      行くの?

B      うん。

A      仕方ないのかな・・・仕方ないか。

B      まあね、仕方ない。

A      それがいい。私(俺)はここに残るよ。

B      迷惑かけるね。

A      気にしなくていいよ。あの人は誰かいないとダメだし。

B      正月を一緒に過ごすの、最後になっちゃったね。

A      覚えてる?小さい頃凧上げ行ったこと。

B      覚えてる。お揃いの凧買ってもらってね。

A      上がらなくて。

B      自分だけ上がってずるい、交換しろって。

B      同じなのに。

A      おせち嫌いだったな。煮豆とか食べられなくて。

B      きんとんは好きだったよ。

A      独り占めして怒られて。

B      あの頃は父さんも元気だった。

A      二人並んで怒られてね。

B      そういうのってさ、ずっと続くって思ってた。

A      本当。そんなことないのに。

B      大丈夫?

A      気にしないで行きたいとこ行きなよ。

B      あのさ。子どもの頃、お父さんに買ってもらったお菓子、覚えてる?

A      え?

B      取ってあったの、こっそり食べた。ごめん。

A      はあ?忘れたよそんなの。

B      ごめん、ずっと気にしてた。

A      あ、アポロチョコだ。

B      アポロチョコ。

A      バカだね。

B      元気で。

A      そっちも。

 

※レッスン用の短い台本のA4劇場。

今回はダイアログ(会話)です。

ABは男女どちらでも、同性でも異性でも。

会話から見て取れるように兄弟設定。あとは自由に想像して下さい。

「何でもない会話」の裏で思いが交錯するようなことを想像しつつ作りました。

 

| | コメント (0)

札幌から思わぬメール!


札幌の吉田さんからメールが。

 「ときどき増澤さんのホームページを見て楽しんでいます。今回レッスン用作品を載せていたので、声を出して読んでみました。普段の生活にはない感覚を覚えて面白かったです。

いつかまたどこかの劇場でお会いしましょう。」

 そして朗読の音声データの添付が!

吉田さんは僕と同じくらいの歳の札幌の自動車ディーラー。

ふらっとWSにやってきて。「素人だけどやってもいいですか?」って。

そしたら朗々をセリフを言い始めて。その場にいた一同が絶句した人。

MAMの舞台「月ノツカイ」にも出てもらって、初めてとは思えない名演技を披露。
その後、再演にも参加。

 「吉田さんはなんで芝居をやりたいの?」

「緊張したいから。人生長く生きていると、緊張しなくなるじゃないですか」
名言です。

札幌で芝居をやると必ず観に来てくれた。

何て素敵なんだろう。

何よりのエールを頂きました。

ありがとう、吉田さん!
また、必ず板の上でお会いしましょう!

_o1a5403 _o1a5330


| | コメント (0)

A4劇場「桜トラック」

走るのが好きでした、子供の頃から。
俺はクラスの中で誰よりも走るのが早かった。
自慢でした、体育の時間、運動会。中学校も体育祭だけはヒーローでした。

正直、頭は悪いです。
教科書は表紙を消すのが趣味でした。知ってます?教科書の表紙って消しゴムで消せるんですよ。
表紙を消して自分で勝手なタイトルを書くんです。馬鹿ですよね。そんな子供でした。

中学ではサッカーをしていたんですけど、高校に入って陸上を始めました。
極めたかったんです。
チームでやるより、一人でとことんやってみたかった。

一人、好きです。

小さい頃、両親が離婚して、俺は親父が引き取りました。姉がいたんですけど、母が引き取って。
親父が働いている時、俺はずっと家で一人で遊んでいました。
寂しいとかはあまりなかったです。親父はいつも明るい男でしたから。
まあ、俺の親父ですから馬鹿ですけど。陸上も応援してくれていました。
競技会があると仕事休んで駆けつけるんです。
俺のフォームはきれいだって言っていました、カモシカみたいだって、何にもわかんないくせに。

だから、あんな事になって俺以上に悲しんだんじゃないかって思います。
2年で県大会のファイナリストだったんですけどね。

はじめは鈍痛というか、動きが鈍い感じがするんです。
走る時って身体のセンサーみたいなものが研ぎ澄まされるんで、ちょっとした違いに敏感なんです。「違和感」てやつです。
そしてタイムが落ちて、これは診てもらおうかと思っていたら、あっという間に膝が動かなくなりました。びっくりした。

骨肉腫ってなんか焼肉みたい名前だなって、医者の話を聞きながら思っていました。
なんか、スペアリブっぽくないですか?

大会が間近だったんで、大会だけ出て、手術しようかって話になって、まあ、記録なんかろくなもんじゃないけど、けじめって言うか。
そしたら病院の帰りに親父が「焼肉でも食うか」って。笑いました。
だけど現実って後から来るんですかね……家に帰って、風呂入って、布団入って……気がついたら部屋の中めちゃくちゃで、親父が俺のこと羽交い締めにしていました。

泣きましたね。ギャン泣きですよ。
最後は「泣くな」って殴られました。ひどい、ですね。しょうがない。

春期の予選会だったんで、桜の時期で満開でした。
親父来てるんだろうなと思ったら、母と姉がいたんです。

びっくりしました。
母は何となく顔覚えてましたけど、姉ちゃんは……恥ずかしかったですね。くそ親父何てことすんだと思いましたよ。

結果は、散々でしたね。ははは……予選からドン尻ですよ。でも走りました。400m、トラック1周。

気持ち良かった。

親父と、母と姉ちゃんと、母の声がすげえデカくて、うるさくて……桜がバカみたいに綺麗で。
本当に……あの桜は。

※これは、A4一枚に収まる「A4劇場」
レッスン用に書き下ろしたモノローグ用の作品です。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ